夜寝つきの悪い人必見!眠りの質を良くする方法

夜寝つきの悪い人必見!眠りの質を良くする方法

(温まる編)。

 

睡眠は皆必ずすること。

なのに寝つきのいい人と、悪い人がいますよね?
のび太くんみたいに、

お布団に入って10秒で眠れる人もいれば、

せっかく早くお布団に入ってるのに

1,2時間ゴロゴロしてなかなか眠れない人など・・・。

私自身、なかなか寝つきが悪く、とても悩んでいました。

寝る / asobitsuchiya

睡眠が上手くいっていないと、

いろんなところに悪い影響が出てきます。

お肌の調子が悪くなったり、

仕事や勉強に集中出来なかったり。

心にゆとりが持てず、

些細なことでイライラしてしまったり、

朝起きても何だか寝た気がせずに、

変な時間に眠気が来るなど。。。

健康のためには、

一日6~8時間の睡眠が理想です。

(中にはわずかな睡眠時間でも

平気なショートスリーパーと呼ばれる方々も居るそう!)

毎日眠りにつくわけだから、

質の良い睡眠をとって気持ちいい朝を迎えたい!

そこで今回は、

温めることで眠りの質を良くする方法をご紹介します。


お風呂の時計 / yto

★お風呂にゆっくり浸かる

昔仕事が忙しく、

シャワーでお風呂を済ませることが多かった私ですが、

母から「シャワーだけじゃ、

体の疲れが取れないよ!」と

言われた記憶があります。

それにはちゃんと理由があったんですね。

体を温めると、

リラックスの自律神経である副交感神経が高まります。

副交感神経は私たちが自ら意識しなくても、

呼吸や温度調節を行ってくれる神経です。
副交感神経が働くと、

血管が広がり、

心拍数が減少、

筋肉が緩みます。

眠りの質の良くする為にはこの神経がとても重要。


お風呂スケスケ / yoco**

体をお風呂でゆっくり温めて、

眠る時に体温が下がっていくと

眠気が生じるというわけです。

ずいぶん前にお風呂に入ってしまって、

眠る頃に体が冷え切ってしまわないよう、

タイミングが少し必要ですね。

 

どうしてもお風呂は・・・という人は、足湯でもいいでしょう!
足湯をするだけでも、シャワーだけで済ますより随分体が温まります^^

 

★目や首元を温める
温度のセンサーのある視床下部や延髄、

脊髄に近いところを温めると、

血管を広げてくれて、血の巡りが良くなります。

蒸しタオルやドラッグストアなどでも

販売している温熱シートもいいですね。
たまに美容院に行くと、頭を洗ってもらった

後温かいタオルを首筋に置いてくれることがあります。
すごく気持ちよくて、何だかホッとします。
目や首もとを温めながら、軽いストレッチをするのもオススメ!
全身のコリをほぐし、リラックスして快適な眠りを・・・^^


ミルククラウン / myasxfc

★眠りの前に温かい牛乳!
カルシウムが交感神経の働きを抑えて、

興奮やストレスを鎮めます。

ビタミンB1とB2が生活のリズムも整えてくれます。

セロトニンという鎮静作用のある脳内物質を作り、

メラトニンというホルモンが分解されていき、質の良い眠りを促します。

更に!

牛乳は便秘解消にも効果があると言われているので。

便秘が解消されればダイエット効果も期待できます。

ただし、

牛乳は多くのタンパク質が含まれているので、

飲みすぎには注意!

ポイントは眠る1時間前に飲むこと。

そして冷えているものは眠気を飛ばしてしまうので、

温めましょうね。

牛乳の他にも、

カモミールティーやオレンジティーなどのハーブティーも

安眠効果があるので、お試し下さい!

私は牛乳を飲むようにしていますが

「これを飲むと眠れそう!」という効果もあるのかな??

なんて思っています。

睡眠で悩む方に、少しでもお力になれたら・・・と思います。

 

その他の記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ