風呂敷のオシャレな使い方

DPP_0086

近年、海外でも「和」「日本文化」のものが

注目を集めています。

今回、注目したのは「ふろしき」です。

少し前までは、渋めの色使いで

地味なイメージがありますが

最近はカラフルでとってもオシャレなものが

たくさん揃っています。

スポンサーリンク

 

風呂敷の歴史

 

奈良時代から布で物を包む習慣があり

「包み布」と呼ばれ、

貴重な品を保管するために

包む布として使われていた記録が

残っているそうです。

 

平安時代には「ころもづつみ」と呼び

鎌倉時代には「平包」と呼ぶ布が存在し

時代とともに呼び名を変えて

使われてきました。

 

いつから「風呂敷」と呼ばれるようになったのか?

 

平包みが風呂敷と名称を

変えるようになったのは

室町時代

町風呂といわれる銭湯ができたことが

きっかけだと考えられます。

 

当時の入浴は、蒸気による発汗を

目的とした蒸し風呂をさします。

入浴の際、他人の物と

取り違えないように

布で衣類を包んだり、入浴後はその布で

足をふいたり、その上で

見繕いしたことから

「風呂敷」と呼ばれるようになったそうです。

 

 

「風呂敷」= 荷物を包む布

今の風呂敷はとってもカラフルで

オシャレなので

少し違った使い方を紹介したいと思います

 

☆ お部屋のインテリアアイテムとして生活に取り入れる

 

風呂敷のデザインをいかして、

額にいれ壁や棚に立てかけてみる。

お部屋の印象を変えてくれますよ♪

 

☆ 洋服の収納に便利

 

服をまとめて包み、そのままタンスや

衣装ケースにしまいます。

こうすれば次のシーズンには、

風呂敷ごと取り出して

入れ替えるだけ!!

タンスもスッキリしますよ。

外も中も布同士だから

服が傷みにくいのも良いですね。

 

☆ ランチョンマット・テーブルクロスとして使用

 

小さめの風呂敷はランチョンマット、

大判の風呂敷はテーブルクロスとして使用。

和食・洋食に合わせて色や柄を変えるだけで

素敵な食卓になるのではないでしょうか?

 

 

いかがでしたか?

「風呂敷」は物を持ち運ぶためだけではなく

持つ人のアイデアで様々な

使い方ができるものなのですね。

自分好みの「風呂敷」を見つけて

お部屋の雰囲気を変えてみては

いかがでしょうか?

 

• 布ぞうりは足の冷えとりに効果的!

• 可愛い折り紙ネイルアートの方法

• 大掃除が上手になるコツを大紹介!一人暮らしの部屋を綺麗にしよう♪

• 日本の文房具を見た海外の反応について調べてみました。

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ