明日は遅刻できない時の絶対寝坊しない方法

寝坊してはいけないと思っている日でも

 

一度目が覚めても

 

「あと少しだけ」と思って、

 

そのままスヤスヤ眠ってしまった

 

なんて経験をしたことはありませんか?

 

目が覚めてから時計を見て

 

「ヤバイ!!」と焦ってももう手遅れだったり。

 

会社の上司に遅刻の理由をどう伝えるかを考えながら、

 

急いで用意したことあるのではないでしょうか。

 

そうならないためにも、

 

今回は寝過ごしたり、

 

二度寝を防止するための方法を

 

紹介していきたいと思います。

 

寝坊をする理由は?

 

そもそも、寝坊してしまう理由はなんでしょうか。

 

  • 夜かし
  • 二度寝
  • 熟睡できてない
  • 起きるときの気合が足りない
  • 前日にお酒を飲み過ぎた
  • 目覚ましのかけ忘れ

 

ということがあるのではないでしょうか。

 

この原因を見て、そう!となった人も多いんじゃないですか。

 

実は、この寝坊する原因のうち7割以上が

 

二度寝だったそうです。

 

これもだいたい予想がつきますよね。

 

つまり二度寝をしなかったら、

 

寝坊の多くは防ぐことができるというわけです。

 

スポンサーリンク

 

それでは、なぜ人は二度寝をしてしまうんでしょうか?

 

それは睡眠の質が悪く、

 

目覚めが悪いのが原因だそうです。

 

夜ぐっすり眠れて朝も

 

すっきり起きることができれば、

 

二度寝をせずに目をパッチリ

 

覚ますことができますよ。

 

寝坊する理由がわかったと思うので

 

今からは寝坊しないための

 

方法を紹介していきたいと思います。

 

睡眠時間を長くする

 

 

寝坊をする理由として、

 

二度寝することがあって

 

それで寝坊してしまうということが

 

大半の理由なようですが、

 

二度寝をしてしまうのは

 

睡眠の質が悪いから

 

目覚めが悪いということなので

 

スッキリ起きれないというのは

 

睡眠が足りてないということも

 

あると思うので

 

睡眠時間を増やすことが

 

1番大切なのではないでしょうか。

 

 

目覚まし時計をセットする

 

 

目覚まし時計で起きるという、

 

多くの人がよくしている方法ですね。

 

ですが一度は起きれても、

 

アラームを消して

 

二度寝をしてしまう人も多いと思います。

 

そのため出来る限り

 

ベッドから遠い場所に

 

目覚まし時計を置いて、

 

その場所の導線上に、

 

起きてから毎回必ず行う洗顔や歯磨きなどが

 

ある状態にしておくといいと思います。

 

そして、目覚まし時計を選ぶときは、

 

アラームのボリュームが

 

大きい時計を選ぶようにしましょう。

 

アラームのボリュームが大きいと

 

近所に迷惑をかけてしまうと思って、

 

早く消さないといけないと思って

 

しっかり起きるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

携帯のアラームをセットする

 

最近は携帯電話についている

 

アラームの機能を利用して

 

起きる人も増えているのではないでしょうか。

 

いつもより早起きしないといけない時だったり、

 

起きる自信がないときは

 

携帯電話のアラーム音を

 

いつも使用している音から変えて

 

セットしておくと

 

脳が刺激されて目が覚めやすいようですよ。

 

またスヌーズ機能が

 

基本装備されている携帯も多いので、

 

完全に起きるまでサポートしてくれますね。

 

 

テレビのタイマーをかける

 

 

定時がくればテレビの電源が入る機能です。

 

ポイントは普段朝起きてから

 

見ている番組にセットしておくことをオススメします。

 

興味のある番組や出演者の声に

 

反応して目が覚めるキッカケになりますよね。

 

携帯や目覚まし時計などのアラーム音と違って

 

リズムが不定期なので目が覚めるではないでしょうか。

 

テレビを目覚ましとして利用する場合は、

 

周りの住人に迷惑にならない程度に

 

音を大きめにしておくほうがいいですね。

 

同居してる人に起こしてもらう

 

一人で起きられない人には

 

この方法が1番ですね。

 

自分より早く起きる同居人に

 

起床時間を伝えておいて、

 

起こしてもらいましょう。

 

 

注意しないといけないのは、

 

寝起きが悪い人などは

 

起こしてもらう人に対して

 

怒ってはいけないということです。

 

善意で起こしてくれる訳なので

 

寝起きが悪いという理由でも、

 

発言には注意しなくてはいけませんね。

 

カーテンを開けて寝ておく

 

カーテンを開けておくことで、

 

朝方から部屋に光が差し込んで、

 

脳を徐々に起こしてくれます。

 

ぐっすり眠るために

 

遮光カーテンにしている人もいると思いますが、

 

暗闇の中では体のリズムが

 

整いにくいので、

 

仕事がある日はカーテンを

 

開けて寝ましょう。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

どれか寝坊しないための方法として

 

役立ちそうなものはありましたでしょうか。

 

絶対に寝坊出来ないときは

 

やっぱり早く寝て、アラームをしっかりかけて、

 

それでも不安なら友達や家族に起きるまで

 

起こしてもらうという方法に

 

なってしまうのではないでしょうか。

 

寝坊しないためには

 

最後は毎日の生活のリズムだったりすると思うので

 

生活を改善することも大切なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

新生活で便利!折りたたみ自転車は軽量なものを選べ!

夏はうめはんのビアガーデンはマルシェで決まり!

賞与の社会保険料の計算をシュミレーションしておこう!

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ