初夏の果物さくらんぼを堪能できるさくらんぼ日帰りツアーを紹介します。

これからもう少ししたら出てくるさくらんぼ。

 

甘酸っぱくて美味しいですよね。

 

さくらんぼといえば佐藤錦という方も多いはず!

 

今回は佐藤錦の他にも美味しいさくらんぼを

 

堪能できる日帰りツアーを紹介します!

 

fd401051

 

さくらんぼの人気品種

 

よく知られている佐藤錦があります。

 

その他にあったのは

スポンサーリンク

紅秀峰

 

紅さやか

 

高砂

 

ナポレオン

 

南陽

 

月山錦

 

他にもたくさんの品種がありました。

どんな特徴がある?

 

ここで少し先ほどあげた品種について説明しますと・・・

 

佐藤錦は、国内でもっとも多く作られている品種です。

 

この佐藤錦は、山形県東根町の佐藤栄作さんが

 

育成したことによってこの名前になりました。

スポンサーリンク

赤みが強く、甘さと果汁の多さが特徴です。

 

赤い宝石とも呼ばせていますね。

 

佐藤錦と同じくらい人気の高い紅秀峰は

 

1991年に品種登録されました。

 

紅秀峰は、佐藤錦と天香錦を交配したもので、

 

佐藤錦より大玉で赤みが強いのが特徴です。

酸味も少なくて、糖度が高いので

 

甘いさくらんぼとして人気だそうです。

スポンサーリンク

さくらんぼといえば、赤いイメージですが

 

最後にあげた月山錦ですが・・・

 

こちらは黄色のさくらんぼです。

栽培が難しいらしく、幻のさくらんぼとも呼ばれているそうです。

 

糖度が20から24もある!!

 

完熟のマンゴーでも糖度18前後なので

 

それを上回る甘さ。

 

さくらんぼ狩りができる日帰りツアーができるのはどこ??

 

やはり多いのが、佐藤錦が生まれた山形県が

 

さくらんぼ狩りができる日帰りツアーを組まれているようです。

 

山形県は、全国生産量の約7割を占めるさくらんぼ王国で、

 

県内には400ヶ所以上もさくらんぼかりができる農園があるそうです。

 

その他でツアーが組まれているのは

 

北海道、山梨県、福島県、群馬県、長野県です。

 

北海道は冷涼な土地であるため、本州で言われている旬よりも

 

少し遅めに果物のシーズンが始まるのです。

 

さくらんぼは7月の中旬頃にピークを迎え8月の上旬まで食べることができるので、

 

夏の涼しさを求めて北海道に旅行へ来た方が

 

「まださくらんぼ狩りができるの!?」

 

と驚かれることもあるそうです。

スポンサーリンク

山梨県はさくらんぼだけでなく、桃やぶどうの生産が多く

 

果物が美味しい場所として知られているので

 

ツアーも人気なようです。

 

福島県も全国でも有数の果物の産地であるため、

 

ツアーが人気なようです。

 

西日本方面ではさくらんぼ狩りツアーについては

 

ないわけではありませんが、

 

朝から日帰りツアーのバスに乗り、

 

旅行を楽しむように遠くまでいって

 

美味しいものを食べてリフレッシュするのも

 

いいのではないでしょうか。

 

その他の記事

春といえば連想する花は?

夜寝つきの悪い人必見!眠りの質を良くする方法

お茶の種類で効果が違う!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ