職業はやりがいよりもお金!男性の職業別年収ランキング後編

出典:stylesweetsuperwoman

出典:stylesweetsuperwoman

 

将来の夢ってありますか?

 

そう聞かれて堂々と答えられる方って

結構少ないです。

 

私もそうでしたが、

特別この仕事がしたいなんて

なかったですし、

 

面白い仕事がしたいくらい

しか考えてなかったですw

 

でも、そんな私が

小さい頃から持ち続けた思いは、

 

「お金持ちになりたい!」

 

この思いなら私だけではなく、

結構いらっしゃると思います。

 

この思いも

「立派な夢」であると

気づいてから

私の行動は変わっていきました。

 

現在は公認会計士として

働いている私がオススメしたい

 

職業別の平均年収ランキングを

紹介します。

 

あくまでも平均年収なので、

駆け出しの頃の年収が含まれて、

平均値を下げている感じです。

 

将来はこの1.5倍以上の収入は

得られると思いますw

 

やりたい仕事が見つからなくて

悩んでいる方や、

将来の夢が特に無いなんて方

はこの職業を目指してみては

いかがですか?

 

今回はいよいよ職業別年収ランキング

5位から1位の職業を

紹介していきます。

 

ランキング10位から6位まではこちら!

男性の職業別年収ランキング

 

◆第5位「記者」

平均年収880万円
出典:tanakaryusaku.jp

出典:tanakaryusaku.jp

 

男性の職業別年収ランキング

第5位は「記者」です。

 

この記者という職業は別名

「ジャーナリスト」です。

 

仕事の内容は取材から記事作成等

多種多様な内容で

一番求められる能力としては、

記事を書くことです。

 

しかも、限られた文字数で要点を

短く簡潔にまとめ、

専門用語を解りやすく書いたり等、

文章構成能力が必要です。

 

勤務体制もなかなかハードです。

 

事件や緊急な取材を要する

場合は夜間や休日でも

急行しなければいけないなんて

こともザラにあります。

 

強い興味やあこがれ、目標がないと

成功するのは大変難しい職業です。

 

能力が身につけば、

独立してフリーのジャーナリストとして

の明るい未来も見えますw

 

成功すれば収入は格段に上がるでしょう!

 

ちなみに記者を目指す方は

特別な資格はいりませんが、

学歴が重要と言われています。

 

大手新聞社や放送局への入社は

かなり困難であり、

学歴主義の非常に入り口が狭い職業なので、

私的にはおすすめ出来ません!

 

◆第4位「大学教授」

平均年収1087万円
出典:www.sapporokeisei.hokkaido-c.ed.jp

出典:www.sapporokeisei.hokkaido-c.ed.jp

 

男性の職業別年収ランキング

第4位は「大学教授」です。

 

第8位「大学講師」

第6位「大学准教授」

についでの登場です。

 

大学教授は各分野における大学教員のトップです。

専門分野の博士(はくし)

またはドクターとも呼ばれてます。

 

教授まで成り上がるには、

能力、実績だけでなく、

運も必要です。

 

特に国立大学の教授はポストが

限られていますので、

 

ポストが空かなければ、

どんなに優秀であっても

教授にはなれませんw

 

私立大学の方が

教授になれる可能性は少し高いです。

 

よほど探究心があり、

専門分野の研究に携わっていきたい

という方以外は、

目指すだけ無駄になってしまう

ことが多いのでおすすめできません!

 

◆第3位「医師」

平均年収1150万円
出典:doctor.naion.biz

出典:doctor.naion.biz

 

男性の職業別年収ランキング

第3位は「医師」です。

 

医師になるためには、

医師免許を取得しなければいけません。

 

医師免許は大学の医学部を卒業し、

医師国家試験に合格しなければなりません。

 

医学部はどの大学も入学困難な上、

学費も高額です。

 

医学部は他学部と違い

「6年制」です。

 

国立大学医学部に比べ、

入学しやすい私立大学ですが、

6年間の学費は

2000万円〜5000万円です。

 

一般的には国立大学にチャレンジするか

奨学金をもらえないと難しいです。

 

大学で6年間びっちり学び、

医師国家試験に合格し、

 

大学卒業後、2年間研修医を経て

ようやく医師として

働くようになります。

 

ちなみに医師国家試験の

合格率は9割で、

6年間ばっちり学んでいるので、

合格率は高いようです。

 

医師になりたい方は、

何しろ難関の医学部に入学し、

その学費を工面できる方でなければ

ならないですが、

 

決して現実味のない職業ではないので、

将来医師になりたいという思いが強い方は

私としてはチャレンジしてほしい

職業ですw

◆第2位「航空機操縦士」

平均年収1161万円
出典:www.nenshuu.net

出典:www.nenshuu.net

 

男性の職業別年収ランキング

第2位は「航空機操縦士」です。

 

飛行機のパイロットが第2位とは

驚きの方も多いのでは?

 

私も幼いころに憧れた職業ですw

 

航空機操縦士になるには、

定期運送用操縦士という

国家資格が必要です。

 

資格取得の方法は

一般的に2通りで、

 

1.大学卒業後、パイロット養成枠で訓練生として

採用され、資格取得を目指す。

 

2.短大卒または大学2年修了者は

航空大学に入学し、資格取得を目指す。

 

このどちらかの方法で

国家資格を取得し、

航空会社に就職するのです。

 

ちなみに国家試験の合格率は

約10%なので、

努力次第でなれる職業です。

 

一つ注意点は、

体調や健康面にものすごい

厳しいということ。

 

未治療の虫歯1本も

許されないシビアな職業なので、

少しでも身体に不備がある方は

残念ながら諦めましょう。

 

◆第1位「弁護士」

平均年収1181万円
出典:www.tc-ent.co.jp

出典:www.tc-ent.co.jp

 

男性の職業別年収ランキング

第1位は「弁護士」です。

 

昔から不動の年収1位職業ですw

 

弁護士になるには

日本最難関試験といわれる

「司法試験」に合格しなければなりません。

 

しかし、この資格は

第3位「医師」や

第2位「航空機操縦士」

のような技術がいらない資格であり、

 

本人の勉強努力次第で

可能性は十分にある職業です。

 

司法試験を受験するには

「司法試験予備試験に合格している」

または「法科大学院を修了している」

という受験資格が必要です。

 

司法試験予備試験の

合格率は約3%

 

超難関ですねw

 

更に司法試験の合格率は

約22%

 

道のりは険しく困難です。

しかし、もう一度言わせて下さい。

 

やる気と努力次第で

可能性は十分にあると思います。

 

お金持ちへの第一歩として

ぜひチャレンジしてみましょう!!

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

医師や弁護士はやはりという

感じですが、

 

「航空機操縦士」が2位というのは

未だに驚きですw

 

どの職業もなかなか難しい

職業ですが、

最後はあなたの熱い思いだと思います。

 

私も公認会計士を目指し、勉強してきましたが、

何度も挫けそうになりました。

というか挫けましたw

 

そんな時自分を踏ん張らせたのは

思いだけです!!

 

将来裕福な生活を送りたい。

この思いは誰よりも強いと

思っておりますw

 

まだまだ勉強中で、

やりたいこともたくさんありますが、

あの時勉強を続けて良かったと

心から思います。

 

現段階でも裕福な生活させていただいてる

と思っていますw

 

皆さんも、一度きりの人生

年収の多い職業を目指してみましょう!!

その他おすすめ記事はこちら

職業はやりがいよりもお金!男性の職業別年収ランキング前編

大村智教授ノーベル賞受賞!その経歴から見る受賞者の特徴とは?

ストレス社会で戦うあなたへ!仕事のストレスを解消する方法

効果絶大!仕事のモチベーションを爆発的に上げる4つの方法

One Response to “職業はやりがいよりもお金!男性の職業別年収ランキング後編”

  1. 桃太郎 より:

    夢があっていい、そうでないと何を目標にして生きていくのか。
    年収1000万円が夢か、仕事が夢なのか。
    列挙されているのは確かにやりがいのある仕事ばかりだと思う。
    しかし、どの職業にも共通することだけど、思った通りに収入がなかった、食べていけないという事態にならないよう、
    気を付けたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ