ラグビー日本代表!いよいよスコットランド戦!確認しておきたい事は?

 

Unknown

 

本日9月23日(水)には

スポーツ界の人々が

待ちわびている試合が行われます!

 

そう、ラグビー日本代表と

スコットランド代表の試合です!!

 

先日スポーツ史に残る奇跡の勝利!!と

言われた南アフリカ戦・・・

 

偶発的な勝利がほとんどないと言われる

ラグビーの世界で「ありえない」勝利を

もたらしたラグビー日本代表・・・

 

「あれはすごい奇跡だった・・・」

と言われる試合をするのか、

「奇跡じゃない、これが日本の実力だ!」

と世界に言わしめるのか!

 

今日のスコットランド戦がとても楽しみですね!!

 

では今日の試合前に

確認できる情報は確認しておきましょう!!!

ラグビー日本代表!いよいよスコットランド戦!確認しておきたい事は?

まずはラグビーのルールをおさらい!!

 

今回のラグビー日本代表の勝利で

ラグビーに興味を持った人も多いのではないでしょうか?

 

実は私もその一人です。笑

 

なのでまずは簡単にラグビーのルールをおさらいしましょう。

 

 

ラグビーは陣取りゲーム??

 

ラグビーはボールを持って点数を

取りに行くのでサッカーなどと

同じように考えられますが、

実は違います。

 

ボールを手で持って相手の陣地に攻め込み

点数を狙っていく競技です。

 

いわゆる陣取りゲームですね!

 

ラグビーの大きなルールとして

ボールを前に投げたり、

落としたりする事はできません。

 

パスをする場合は

横か後ろだけになります。

 

敵がいなさそうな場所にいる人に

ボールを渡し、走りながら徐々に

相手陣地に攻めていくのです。

 

最終的に体と触れているボールが

相手のインゴールと言われる

スペースに入ることができれば

点数を獲得できます。

 

このことを「トライ」といいます。

 

トライできた場合の点数は5点です。

 

ちなみに、前にボールを蹴ることは

認められております。

 

キックをすると自分の陣地を

一気に戻すことができるので

ラグビーの試合では結構用いられていますね。

 

キックすることで得られる点数もあります。

 

ある場面で真ん中に立っている2本のポールの中を

通ることができれば得点です。

 

ただし、キックでの点数は3点となっており、

トライした時よりは低い点数になっています。

 

なので勝ちに行く時は

積極的に相手陣地に直接ボールを

持っていくことになりますね。

 

ラグビーのポジションは?

 

ラグビーは1チーム15人です。

 

15人は「フォワード」に8人

「バックス」に7人と

大きく分けられます。

 

フォワードはスクラムを組んで

敵の陣地への侵入を防いだりする

肉弾戦が多いポジションです。

 

なので、屈強な体格が要求されます。

 

バックスはフォワードから

渡されたボールを持って点数を

取りに行くポジションです。

 

走ることやパス回しを

行うことが多いので

「足が速い」「パス回しの正確さ」

といった能力が求められます。

 

簡単にまとめるとこんな感じですね!!

 

文字だけ読んでもわからないと思うので、

実際にテレビを見ながらルールを確認してみましょう!

 

では次から各チームについて確認していきます!

 

 

IMG_2767

 

 

ラグビー日本代表!いよいよスコットランド戦!確認しておきたい事は?

ラグビー日本代表の先発は??

 

日本の先発メンバーは下記の通りです。

 

▽FW

稲垣啓太、堀江翔太(以上パナソニック)

山下裕史(神戸製鋼)トンプソン・ルーク(近鉄)

アイブス・ジャスティン(キヤノン)リーチ・マイケル(東芝)

マイケル・ブロードハースト(リコー)

アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)

 

▽HB

田中史朗(パナソニック)立川理道(クボタ)

 

▽TB

福岡堅樹(筑波大)田村優(NEC)マレ・サウ(ヤマハ発動機)

松島幸太朗(サントリー)

 

▽FB

五郎丸歩(ヤマハ発動機)

 

今回のスコットランド戦は

予選突破のための重要な試合となります。

 

なので登録メンバー31人に大きな変更はありません。

 

先発メンバーは南アフリカ戦での

体力の消耗などから6人が変更となっております。

 

今回先発で出場する選手で

特に注目なのが唯一大学生で

代表登録されている「福岡堅樹」選手です。

 

現在筑波大学の3年生で

大学卒業後は医者になると明言しています。

 

大学生でラグビー日本代表に選出されるだけでも

すごいのに、卒業後は医者になるなんて

もう超人過ぎますね。

 

彼の持ち足は50mを5秒台で

駆け抜ける世界レベルのスピードです。

 

このスピードでドンドントライを

決めて行って欲しいですね!

 

南アフリカ戦から準備期間は

短いですが、今回も南アフリカ戦のような

エキセントリックな試合展開を見せて欲しいです!

ラグビー日本代表!いよいよスコットランド戦!確認しておきたい事は?

スコットランド代表の先発は??

 

1アラスデア・ディキンソン、2ロス・フォード、

3ウィレム・ネル、4グラント・ギルクリスト、

5ジョニー・グレイ、6ライアン・ウィルソン、

7ジョン・ハーディー、8デイヴィッド・デントン、

9グレイグ・レイドロー(キャプテン)、10フィン・ラッセル、

11ショーン・ラモント、12マット・スコット、

13マーク・ベネット、14トミー・シーモア、

15スチュアート・ホッグ/16フレーザー・ブラウン、

17ライアン・グラント、18ジョン・ウェルシュ、

19リッチー・グレイ、20ジョシュ・ストラウス、

21ヘンリー・ピアゴス、22ピーター・ホーン、

23ショーン・マイトランド

 

スコットランドの選手は

かなりの強敵揃いで先発を

固めてきました。

 

今まで対日本戦は

ある程度のメンバーでしたが、

今回はそうとも行かないようです。

 

スコットランド代表の選手は

各ポジションに世界レベルの選手が

存在しており、個々の能力は

上だと言われています。

 

このメンバーに日本がどれだけ

対応できるかが鍵ですね!

 

images

出典 http://blog.livedoor.jp/keitacsr-new/archives/2013-04.html

 

ラグビー日本代表!いよいよスコットランド戦!確認しておきたい事は?

ラグビー日本代表VSスコットランド代表はどうなる??

 

日本対スコットランド戦はどうなるのか?

 

こんな事を予想する事自体が

今までは考えられなかったですね。

 

なんていったって日本は大体「必敗」予想を

されてましたので。

 

それが今回はどっちがどうやって勝つか?

という予想に変わっています。

 

それだけ南アフリカ戦の勝利は大きかったですね。

 

過去の対スコットランド戦はどうなのでしょうか?

 

日本VSスコットランドの戦績は?

 

過去の対戦成績は1勝7敗と大きく負け越しています。

 

直近の試合では

17-42と大きな点差で敗れていますね。

 

また今回は日本が中3日であるのに対し

スコットランドは初戦で万全の体調で

試合に臨みます。

 

この辺りがどのように試合に影響するかも

勝敗に関係してきますね。

 

世界の分析は?

 

スコットランドは世界ランキングで見ると12位ですが

ヨーロッパでは強豪とされています。

 

日本の予選グループの中では

南アフリカの次に強いとも

言われていますね。

 

南アフリカで歴史的な勝利を

もたらした日本ですが、

今回の試合予想もスコットランドが勝つ

という人が圧倒的です。

 

世界のスポーツを賭けの対象にしている

ブックメーカーもスコットランドの勝利の

倍率は1.1倍にしています。

 

これでもかなりましになった方ですね。笑

 

まとめ

 

やはりいろいろな要素を加味すると

スコットランド勝利の予想が

多いですね。

 

正直私もスコットランドが

勝つのではと思っています。

 

しかし!!!!

誰もが負けると思っていた南アフリカ戦を

勝利で納めた日本です!

 

今回もそんな奇跡があっても

良いのではないかと思います。

 

日本選手は世界から注目されることになります。

 

この初めての重圧にどれだけ

メンタルがついていけるのか。

 

とにかく!!

 

今日の22時半からの試合で

全てがわかります!!

 

南アフリカの勝利が奇跡だったのか・・・

それともこれが日本の実力だと知らしめるのか・・

 

今日のスコットランド戦を楽しみにしておきましょう!!

おすすめ記事はこちら!!!

日本代表の凄さを改めて確認!!

南アフリカ戦をもう一度振り返りましょう!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ