2015年ボジョレーヌーボーがいよいよ解禁!これまでの出来栄えはどのように評価されていた?

_38-4293

 

11月と言えば紅葉や食など

楽しみな行事が多いかと思います。

 

その中でワイン通の人が楽しみにしている行事は

ボジョレーヌーボーの解禁ではないでしょうか?

 

最近ではその年の恒例行事として

マスメディアでも大きく取り上げられていますね。

 

ワインの味はもちろんですが、

私が注目するのはワインの味よりも

毎年発表されるボジョレーヌーボーの

キャッチコピーですね。

 

今年はどんなキャッチコピーが生まれるのでしょうか?

 

今回はボジョレーヌーボーの基本的な情報と共に

これまでのキャッチコピーなどを見ていきましょう!

2015年ボジョレーヌーボーがいよいよ解禁!これまでの出来栄えはどのように評価されていた?

ボジョレーヌーボーはどんなお酒?

 

ボジョレーヌーボはその年のぶどうの出来栄えを試す為に

新酒として作られているワインです。

 

急速にブドウを発行させる方法を用いる為に、

醸造期間は数ヶ月と比較的早いと言われています。

 

この作り方はゆっくりとぶどうを

発酵させる方法とは違った独特な製法になっており、

その為か微量の炭酸を含有することがあります。

 

この微量の炭酸がフレッシュさを

感じさせるワインでもありますね。

 

通常のワインと比べて口当たりが良く、

渋みも少ないものが多いので飲みやすいかと思います。

 

ボージョレーヌーボーはテレビでも良く取り上げられるので、

名前だけを知っている人も多いのではないでしょうか。

 

だいたいこの時期に名前が出てきますね。

 

では実際の解禁日はいつになるのでしょうか?

 

次の項目で見ていきましょう!

 

yun_8156x

 

2015年ボジョレーヌーボーがいよいよ解禁!これまでの出来栄えはどのように評価されていた?

ボジョレーヌーボの解禁日は?

 

ボジョレーヌーボーは毎年11月の第3木曜日が

解禁日として決められています。

 

なので2015年は11月19日(木)が解禁される日ですね。

 

実はどの国も解禁されるタイミングが一緒なのです。

 

それぞれの国の現地時間で、

11月の第三木曜日の午前0時に解禁されます。

 

日本は時差の関係で先進国の中では

一番早く解禁を迎えることができるのです。

 

少し得した気分ですね。笑

 

ボジョレーヌーボーの解禁日に

イベントを設けている場所もあるみたいです。

 

それだけ多くの人が注目しているのでしょう。

 

さて、

ボジョレーヌーボと言えば

毎年発表されている「キャッチコピー」が

有名ではないでしょうか?

 

ではこれまでどんなキャッチコピーが生まれたのか?

 

次の項目で見ていきましょう!

2015年ボジョレーヌーボーがいよいよ解禁!これまでの出来栄えはどのように評価されていた?

ボジョレーヌーボーのキャッチコピー一覧!

 

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは

非常に興味を惹かれるような書き方になっています。

 

最近のですと下記の通りです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2005年 「ここ数年で最高」

2006年 「昨年同様良い出来栄え」

2007年 「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

2008年 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

2009年  「50年に1度の出来栄え」

2010年  「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」

2011年 「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」

2012年 「ボジョレー史上最悪の不作」

2013年 「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

2014年 「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いかがでしょうか?

 

ほとんどのキャッチコピーが

べた褒めしているような内容ですね。笑

 

史上最高のボジョレーヌーボーが

何度か誕生している様な気もします。笑

 

ただ2012年にはきちんと悪い評価も付けられているので

良い評価だけをつけている訳ではないですね。

 

この評価は一体誰がつけているかはご存じでしょうか?

 

次の項目で確認しましょう!

 

lgf01a201408011800

 

2015年ボジョレーヌーボーがいよいよ解禁!これまでの出来栄えはどのように評価されていた?

ボジョレーヌーボーの評価の付け方は?

 

日本で発表されるボジョレーヌーボーのキャッチコピーは

フランスのボジョレーヌーボ委員会が

リリースした評価を訳しています。

 

しかし、、、、

 

実は現地の評価と日本で発表される評価には

大きく違っていると言われています。

 

日本のキャッチコピーは

「100年に一度・・・」や「50年に一度・・・」

という表現が使われていますが、

現地の委員会の発表ではそのような表現は

使われていないのです。

 

「えっ、じゃあ日本では誰が訳しているの??」

 

実は日本では正式に訳して発表している

団体はありません。笑

 

各メーカーが現地の委員会のリリースを元に

キャッチコピーを製作していると言われています。

 

メーカーとしては大々的に取り上げたいので

上記のような大げさな表現になっているのですね。

 

少し意外でしたね。

 

まぁ誰がつけたかわからないキャッチコピーが

まとめて残っている事は

日本人の関心の高さが伺えるでしょう。

 

今年はどんなキャッチコピーになるのか?

 

今から楽しみですね!!

 

 

まとめ

 

ボジョレーヌーボーはライトなワインとして

幅広い層に飲まれています。

 

今年も解禁日まで残りわずかです!

 

世界各国で年に一回のお祭りみたいに

話題になりますね。

 

ワインが苦手だという人も

一度ボジョレーヌーボに挑戦してみては

いかがでしょうか?

おすすめ記事はこちら!!

千原ジュニアすべらない結婚?本人出演でロンハーが真相に迫る!

プラネタリウムで愛を深める!神奈川のおすすめデートスポット

冷え性改善!手軽で効果的な飲み物&食べ物 厳選5品《飲み物編》

新型プリウスの燃費40km/L!市街地での運転テクニックは?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ