冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

普段生活していると電化製品は

何だかんだ使用しますね。

 

よく使うと言えば携帯の携帯の充電やテレビでしょうか?

 

あとは冷蔵庫や照明も日常的に使いますね。

 

冬場になると特に暖房代なども

掛かってくると思います。

 

暖房代って意外と高いイメージがありますよね・・・

 

「自分の所の電気代ってどれくらいなのだろう・・?」

「電気代を安くする方法は無いのかな・・・」

 

今回は上のような疑問を解決する為に

一人暮らしの電気代の平均と

冬場における節約術を紹介していきます!

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

冬場の一人暮らしにおける電気代の平均は?

 

一人暮らしをしていると

電気代がいつの間にか高額に

なっていたという事がありますね。

 

私も冬場調子に乗ってエアコンとか使っていると

2万円越えした事があります・・・

 

結構衝撃的でしたね・・・笑

 

実際の電気代の平均はどれくらいなのでしょうか?

 

2014年の総務所の発表によると

冬場の電気代の平均は約4000円〜8500円と

言われています。

 

夏場は約2500円〜5000円ですので、

冬場の方が電気代は高い傾向になりますね。

 

夏場も冷房を使ったりと

電気代が高くなるイメージがありますが、

なぜ冬の方が電気代が高くなるのでしょうか?

 

次の項目で見ていきましょう!

 

lgi01a201402161000

 

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

夏よりも冬の方が電気代が高くなる理由

 

夏よりも冬の方が電気代が高い理由は以下の通りです。

 

① 家に居る時間が長くなる。

 

冬はどうしても活動時間が短くなりがちです。

 

家に居てる時間が長くなると必然と

電気を使う機会は増えてしまいますね。

 

② 日照時間が短いので、電化製品を使う時間が長くなる

 

上記の理由と若干重なりますが、

日照時間が短いと照明を使う時間が長くなります。

 

また日が出ていないと気温も下がってしまうので

どうしても暖房器具を使いがちになりますね。

 

③ 冷房よりも暖房の方が消費電力が大きい

 

そもそもなのですが、エアコンは冷房よりも

暖房の方が消費電力は大きいと言われています。

 

冬の方が室内気温と設定温度の差が

大きいから暖房の方が消費電力が

大きくなるからですね。

 

 

以上の事から冬はどうしても電気代が

高くなりがちだと言われています。

 

家に居てる時間も長いですし、

そこで使う暖房器具も電気代が

高くなるともうどうしようもありませんね。

 

 

そこで次の項目からは

ちょっとした節約術を紹介していきます。

 

節約するのとしないのとでは

後々大きな差が開いてくるので、

この機会にしっかりチェックしてみてください!

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

ホットカーペットとこたつを使う

 

山善(YAMAZEN) ミニマット(40角)ホットカーペット YMM-K404
山善(YAMAZEN) ミニマット(40角)ホットカーペット YMM-K404

 

ホットカーペットは足元を温めてくれる電化製品です。

 

一人暮らしサイズの物も今では

販売されていますね。

 

ただし、ホットカーペットだけでは

体全体を温める事はできません。

 

こたつを合わせることで

十分な暖房効果を得る事ができますね。

 

 

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

電気毛布とこたつを合わせる

 

 

KOIZUMI 【水洗いOK】電気敷毛布 130×80cm KDS-4051
KOIZUMI 【水洗いOK】電気敷毛布 130×80cm KDS-4051

 

電気毛布はホットカーペットなどよりも

消費電力が小さいのでより節電になります。

 

ホットカーペットよりは温かくなる断面は小さいですが、

こたつと合わせるなり毛布を包みなり工夫をすれば

十分な暖をとる事はできますね。

 

より電気代を節電したいという方は

こちらも是非お試しください!

 

 

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

窓に防寒用のシートを貼る

 

東和産業 冷気遮断 窓際 冷気 ブロックパネル L
東和産業 冷気遮断 窓際 冷気 ブロックパネル L

 

暖房代を抑えるにはとにかく部屋の温度を

下げないようにする工夫が大切です。

 

そんな時役立つのが窓に貼るタイプの

防寒シートですね。

 

手軽ですがしっかりと冷気を遮断でき、

かつ手頃な値段で手に入りますので、

使わない手はないと思います。

 

 

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

湯たんぽを使う

 

ずっと昔から用いられている方法ですね。

 

歴史は古いですが、その効果はバカにはできません。

 

湯たんぽだけですと心もとないですが、

毛布の中に入れると暖房効果は抜群です。

 

 

繰り返し使える!【充電式エコ湯たんぽ(RE:HOT)カラー:ベージュ】REHOT コードレス湯たんぽ HOT湯 電気湯たんぽ 充電湯たんぽ 充電ゆたんぽ ...
繰り返し使える!【充電式エコ湯たんぽ(RE:HOT)カラー:ベージュ】REHOT コードレス湯たんぽ HOT湯 電気湯たんぽ 充電湯たんぽ 充電ゆたんぽ …

 

最近だとお湯を入れるだけでなく、

充電式の湯たんぽも発売されています。

 

もはやお湯ではないですが、

こういった物を使うことで

電気代の節約に繋がりますね。

 

冬の一人暮らしの電気代は平均○○○円?冬の電気代の節約法を紹介します!

待機電力をカットする

 

ほとんどの電化製品はコンセントに繋げていると

待機電力を使っている状態になります。

(待機電力・・・電化製品の電源が切れている状態でも電力を消費している事。)

 

この待機電力ですが、

実は月の電気代の5%〜10%ほどを占めていると言われ

あながちバカにはできない物なのです。

 

月の電気代を5000円とすると

250円〜500円かかっている事になるのですね。

 

待機電力の消費が大きい家電は以下の通りです。

5位 温水洗浄便座

4位 HDD・DVDレコーダー/プレーヤー

3位 電話機

2位 エアコン

1位 ガス給湯器

 

ガス給湯器が一番待機電力を消費してますね。

 

これらはコンセントを抜く、

もしくは電源をキチッとOFFに

することを心がけましょう。

 

最近だと電源タップを使うことも

良いかもしれませんね。

 

ELECOM 電源タップ color style 雷ガード 省エネ 個別スイッチ 6個口 1m ブラウン T-BR04-2610BR
ELECOM 電源タップ color style 雷ガード 省エネ 個別スイッチ 6個口 1m ブラウン T-BR04-2610BR

 

 

まとめ

 

ちょっとした意識で

電気代の節約はできるようになります。

 

月単位で見ると大したことのない金額でも

年間単位で見ると大きく差が開いてくる物です。

 

たまにの贅沢を楽しむ為に

電気代の節約を行ってみるのも

良いかもしれませんね。

おすすめ記事はこちら!!

新型AppleTVでできることは?tvOS搭載でゲーム機化?

風邪の引き始めには「卵酒」がオススメ?バカにはできないその効果とは!

恋愛ドラマ名作視聴率ランキング前篇★胸キュン&ドロドロ鉄板作品

冷え性改善!手軽で効果的な飲み物&食べ物 厳選5品《飲み物編》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ