寝起きが悪い原因は?原因と対策を紹介します

目覚ましに気が付かない、

 

起きようと思っているのに

 

また寝してしまった、

 

朝から機嫌が悪い・・・

 

なんていう寝起きが悪いことに

 

悩んではいませんか?

 

寝起きが悪いと、

 

時間ぎりぎりになって

 

メイクや服装だったりが適当になったり、

 

朝御飯をしっかり食べれなかったり、

 

遅刻しそうで駅まで

 

ダッシュして疲れてしまったりして、

 

その日1日色んなことのやる気がなくなりますよね。

 

そこで今回は、

 

そんな寝起きの悪さを改善したい!と

 

いう人に、対策や原因をご紹介していきたいと思います。

 

寝起きが悪い原因は?

 

そもそも、どうして寝起きが

 

悪くなってしまうのでしょうか。

 

寝起きが悪くなる原因には、

 

主に生活習慣、嗜好品そして

 

病気の3つが関係しているのではないかと

 

考えられているようです。

 

スポンサーリンク

 

生活習慣

 

先程述べた、寝起きが悪い原因の1つと

 

考えられている生活習慣について

 

紹介していきましょう。

 

生活習慣は睡眠と

 

深く関わりがあるとされているようです。

 

寝起きが悪い原因としては、

 

主に入眠前の行動と運動不足、

 

ストレスがあるようです。

 

寝る前にパソコンやスマートフォンを

 

使用すると、頭がさえてしまって、

 

眠りが妨げられてしまうと言われています。

 

なので、

 

寝る前に習慣的に

 

ベッドの中でスマートフォンで

 

ゲームをしたりSNSをする人は、

 

寝る直前は使用を控えるようにしてみると

 

いいかもしれませんね。

 

 

また、寝る直前まで飲食をすると、

 

寝ている間に胃腸が

 

消化活動をすることになります。

 

睡眠時の消化は、

 

起床時の消化よりも胃腸に

 

負担がかかるので、

 

そうなると身体が休まらないで、

 

寝起きの悪さに

 

つながってしまうこともあるようです。

 

よく言われているとは思いますが、

 

胃腸をしっかり休ませるためにも

 

食事は寝る3時間前までに

 

終わらせるようにしたほうがいいですね。

 

特に脂っこいものは消化に

 

時間がかかるので

 

意識するようにしてくださいね。

 

 

運動不足になると

 

筋力が衰えるなどして、

 

血行不良になりやすくなります。

 

血行が悪くなると、

 

眠りが浅くなったり

 

疲れが取れなかったりして、

 

寝起きが悪くなってしまうと

 

言われています。

 

また、運動不足により

 

体重が増えて身体がだるく感じるのも、

 

寝起きが悪くなる原因になってしまうようです。

 

運動はストレス発散にもなるので、

 

ぜひ日常的に取り入れるようにしてみてくださいね。

 

仕事や人間関係などで

 

ストレスや悩みを抱えていると、

 

考えこんだりして寝つきが悪くなったり、

 

熟睡できなくなったりすることが

 

あると言われているようです。

 

すごく悩んでいると、

 

なかなか眠れない、

 

逆に目が覚めてくるといった経験が

 

ある人もいるのではないでしょうか。

 

また、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」という言葉を

 

聞いたことがある人も多いと思いますが、

 

脳や体を休め回復してくれるとされる

 

「ノンレム睡眠」は入眠後に得られやすくて、

 

朝方に近づくほど「レム睡眠」が

 

得られやすいとされています。

 

ストレスや悩みによって

 

寝つきが悪くなってしまうと、

 

ノンレム睡眠を得にくくなり、

 

体の疲れが取れず寝起きが

 

悪くなってしまうかもしれませんね。

 

遅くなったとしても、

 

0時頃までに眠るのが、

 

大切だと思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

嗜好品

 

お酒やたばこは自分の楽しみの時間でもあると思いますが、

 

寝起きが悪い原因となっていることがありようです。

 

飲酒した直後は眠たくなるという人もいると思うのですが、

 

アルコールが分解されるに従って

 

睡眠が浅くなって質の良い睡眠が得られないで、

 

結果として寝起きが悪い原因に

 

なってしまうことがあると言われています。

 

 

アルコールの利尿作用によって、

 

寝ている間にトイレに行きたくなって

 

起きてしまうことも

 

熟睡を妨げる要因になるではないでしょうか。

 

また、アルコールに慣れてしまうと、

 

少し飲むだけでは

 

眠くならなくなってしまい、

 

アルコールの量がどんどん増えてしまうかもしれませんね。

 

「飲んでからの方が良く眠れる」というのは一時的なもので、

 

睡眠前の飲酒は睡眠の質を

 

下げることにつながると考えられているので、

 

気をつけたほうがいいですね。

 

たばこには覚醒作用があると言われています。

 

「寝る前の一服」と思って吸ってしまうと、

 

身体が覚醒した状態になってしまって、

 

寝つきが悪くなったり

 

熟睡できなくなったりするとされています。

 

たばこを多く吸うヘビースモーカーの方ほど

 

寝起きが悪い状態になりやすいと言えるかもしれませんね。

 

病気

 

生活習慣や嗜好品に思い当たるものがないという人は、

 

「睡眠時無呼吸症候群」や「過眠症(ナルコレプシー)」などといった、

 

睡眠に関連する病気が原因で

 

寝起きが悪い状態に

 

なってしまっていることも考えられますね。

 

先に挙げた内容に心当たりがないという人は、

 

病院で専門医に相談してみるほうがいいかもしれませんね。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

寝起きの悪い方で当てはまるものありましたでしょうか。

 

この記事を読んで少しでも

 

寝起きが悪いのがよくなればと思います。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

コレステロールが高い原因はなにがあるのか?

夏にはこれ!自作シロップのネイルのやり方

密かに人気沸騰!warang wayanのストローかごバッグ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ