可愛い!ズパゲッティで作るクラッチバックを紹介

ズパゲッティと言われて

 

私も最初はスパゲッティ?

 

となりましたが、

 

Instagramなどで流行っているものと判明!

 

このズパゲッティを使った鞄やポーチが

 

載せられており、

 

とっても可愛い形で

 

クラフトをやる人の間では人気!

スポンサーリンク

この人気のズパゲッティについて

 

流行っているクラッチバックの

 

作り方について調べてみました。

 

ズパゲッティってそもそも何??

 

名前を見た時、食べ物?と思いましたが

 

違っていてびっくりしました。

 

ズパゲッティとは

 

オランダ生まれのユニークな超極太手編み糸です。

 

Tシャツやカットソーなどの裁断余分を

 

再利用したエコな糸なんです。

その時によって生地の風合い、色、柄が変わります。

 

マットなどのインテリア雑貨やバッグなどの

 

ファッション雑貨まで様々な作品が作れます。

 

コットン素材でできていて、

 

柔らかく伸縮性があります。

 

糸次第で雰囲気が変わり、

 

毛糸感覚で作る楽しさも味わえるので

 

人気です。

 

ズパゲッティは糸が太いので、

 

作品を作る時はかなり太い

 

かぎ針が必要です。

スポンサーリンク

ズパゲッティでクラッチバッグを作ってみよう

 

使用するもの

ズパゲッティの糸半玉

ジャンボかぎ針

留め具(パールやボタンなど)

 

まずは

①作り目を作ります。

 

そして

②鎖編みを18目作ります。

 

カーブ用に1目余分に鎖編みを作ります。

 

③こま編みを18目作ります。

 

④ 角部分を作ります。

 

同じ穴に2目こま編みをします。

 

⑤②で余分に編んだ部分のみ引き抜き編みし、

 

あとの目はこま編みをします。

 

そうすると、バッグの底が完成します。

 

⑥編み始めの1目だけ鎖編みして立ち上げ、

 

あとの目は筋編みをしていきます。

 

⑦⑥と同じ編み方で9段編んでいきます。

 

⑧留め紐用のズパゲッティを用意して、ねじります。

 

さらにフリンジ用ズパゲッティを用意して、

 

好みの長さの輪っかを8周ほど作ります。

 

別の紐で、留め紐とフリンジを固定します。

 

フリンジを束ね、フリンジの下部分を切りそろえます。

 

⑨好みの留め具をつけて、バッグの内側に縫い付けます。

 

これで完成です!!

初めて作る人は、柄のあるズパゲッティを使うと

 

編み目がわかりにくいので、単色ですることを

 

お薦めします。

 

筋編みという編み方で編むと

 

さほど重たくならないと思います。

 

ズパゲッティで作るバッグは

 

とても可愛いのですが、編み方によっては

 

かなり重たくなってしまいます。

 

少しでも編み方で重さが変わるようなら

 

そのほうがいいと思います。

スポンサーリンク

まだ、どこでも簡単に手に入らない

 

ズパゲッティですが、

 

これからもっと人気が出てくれば

 

色んなところで買えるようになると思います。

 

気になった方はぜひ作ってみてください。

 

その他の記事

今年流行のサンダル2016

アイコスのケースを自分でデコレーションする簡単な方法!デコパージュ編

風呂敷のオシャレな使い方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ