インフルエンザ対策!感染経路の把握と食生活の改善が予防の鍵!

allergy-18656_640

 

冬は空気が乾燥する時期。

風邪のウイルスが蔓延するピークがやってきます。

毎年特に注意したいのがインフルエンザですよね。

 

高熱をだし高齢者や体の弱い方にとっては、

命にも関わる深刻な症状に悪化する場合があります。

 

インフルエンザはかからないように対策をすることが大切です。

そこで、どのような方法でインフルエンザ対策ができるのか

早速ご紹介いたしましょう。

インフルエンザ対策!感染経路の把握と食生活の改善が予防の鍵!
インフルエンザに感染する経路をチェック

crowd-533376_640

 

インフルエンザのピーク時期になると

人ごみを避けたり、マスクをして生活する事が

推奨されますが、そもそもインフルエンザには

どのようにかかってしまうのか。

 

インフルエンザに感染してしまわない為にも

感染の原因となる「経路」について

理解しておく必要があります。

 

感染経路は主に3つありますので

1つづつ説明していきましょう。

 

 

感染経路《1》 飛沫感染

インフルエンザは色々な感染経路があり、

一番多いのが飛沫感染といわれています。

 

感染者のくしゃみの飛沫により

体内にウイルスが入ることが原因です。

 

感染者の1.5メール範囲の距離内では

感染する確率が高い為に注意しないといけません。

 

 

感染経路《2》 接触感染

接触感染は飛沫汚染されたドアノブやものをさわり、

その手にウイルスが付着したまま、

自分の目や鼻を触って感染してしまいます。

 

 

感染経路《3》 空気感染

空気感染は飛沫感染とほぼ同様ですが、

感染者のいる空間で飛沫を吸収してしまい、

ウイルスが体内に侵入してしまうのです。

 

 

 

 

インフルエンザ対策!感染経路の把握と食生活の改善が予防の鍵!
インフルエンザにならない為気をつける事

pool-778207_640

 

インフルエンザにならない為には、

空気が乾燥しはじめる時期になったら人ごみをさけるか、

もしくはマスクをつけて外出する事がオススメです。

 

さらに家に戻った時はすぐにうがいと

手洗いをすることも習慣にしましょう。

 

簡単な事ではありますが、とても予防効果が高い為に

インフルエンザピークの時期は徹底した健康管理が大切です。

 

特に高齢者や赤ちゃん、妊婦さんなどがいる家庭では

家族全員が予防に対しての意識を高めないといけません。

 

インフルエンザは38度以上の高熱が出ることが特徴ですが、

体にはとてもダメージがあり、

回復するまでに時間もかかります。

 

そして日頃からの健康管理を強化して、

免疫機能を高める事も大切ですね。

 

疲労が溜まっているときや栄養バランスが悪い場合にも

ウイルスに感染しやすくなっています。

インフルエンザ対策!感染経路の把握と食生活の改善が予防の鍵!
インフルエンザにならない食生活

fruit-419623_640

 

インフルエンザにならない為には

日頃の食生活が大変重要です。

 

偏食をしたりダイエットをして栄養のバランスが

悪いときはインフルエンザにもかかりやすくなっています。

 

そこでおすすめなのが、ウイルスの入り口となる

喉や鼻の粘膜を強化する事です。

 

この粘膜部分を強化するために必要なのが、

ネバネバの成分で構成されている

「ムチン」というものです。

 

これがウィルス撃退に大変効果的なのです。

 

納豆や山芋に多く含まれているので

積極的に食べるようにしましょう。

 

納豆は大豆のたんぱく質も豊富で、

さらに食物繊維が多い点も特徴です。

 

胃腸の働きを活発にしますので免疫機能を

活性化するためにもメリットになります。

 

そしてインフルエンザの予防には

ビタミン類が欠かせません。

 

ビタミンA.E.Cは、体の抵抗力を

高める免疫機能を活発にする為、

インフルエンザの予防に効果がありますので、

果物や野菜類を多く食べるようにしましょう。

 

 

 

インフルエンザ対策!感染経路の把握と食生活の改善が予防の鍵!
インフルエンザの予防接種を受けましょう

syringe-957260_640

 

毎日の生活のなかで注意する点は色々ありますが、

やはり一番予防効果があるのは、

インフルエンザの予防接種をうけることです。

 

毎年10月頃になると各市町村で予防接種が始まりますので、

近くの医療機関をチェックしてみましょう。

 

ピークが始まる12月中までには予防接種を

受けておきたいですね。

 

インフルエンザのワクチンの効果がでるまでに

約4週間前後かかります。

 

一度接種をしたら効果は3ヶ月前後続くといわれていますので、

春先のピーク時期までワクチンが効果が出るよう

に予定をたてて接種をしましょう。

 

インフルエンザワクチンの料金は各医療機関によって異なります。

お近くの病院で確認してください。

 

ワクチンの接種が開始するのはだいたい10月前後からですが、

子供の場合は2度接種が必要になりますのでご注意くださいね。

 

 

まとめ

 

インフルエンザの症状は高熱がでるほか、

関節痛や咳、鼻水、嘔吐など辛い症状が続きます。

 

感染力がとても強いウイルスの為に、

日頃からの予防対策が重要になりますね。

生活習慣を規則正しく、そして十分な睡眠をとり、

健康な生活を送ることが予防の為にも大切です。

この記事がお役に立てたなら、こちらの記事もおすすめです。

「ホンマでっかTV」心理学で全ての人間を5つにタイプ分け 前編

「ホンマでっかTV」心理学で全ての人間を5つにタイプ分け 後編

「図書館戦争」なぜ人気?公開目前の映画続編あらすじチェック!

図書館戦争ドラマが放送!映画版を見逃した人にネタバレであらすじを紹介!

将来離婚しやすい夫妻は?ホンマでっかTVが暴く!《前編》

将来離婚しやすい夫妻は?ホンマでっかTVが暴く!《後編》

ホンマでっかTV 水族館100倍楽しむ子供に尊敬される知識 前編

ホンマでっかTV 水族館100倍楽しむ子供に尊敬される知識 後編

iPhoneにおすすめ!無料カーナビアプリで秋の行楽ドライブ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ