インフルエンザの予防接種を受けたのに感染ワクチンは効果なし?

e56497ac1be052d3dbd0183e5ee30888_s

秋から冬にかけて、

インフルエンザの予防接種を受けることは、

常識になりつつあります。

 

一方で、あなたの身の周りの人で、

インフルエンザの予防接種を毎年受けているが、

 

インフルエンザに感染してしまう人は

少なくないと思います。

 

私の友人は毎年インフルエンザのワクチンを

接種しているにもかかわらず、

 

毎年、インフルエンザに感染して

会社を休んでいます(笑)

 

彼の体が弱いということもありますが、

 

インフルエンザの予防接種をしたにもかかわらず、

インフルエンザに感染してしまうと、

 

予防接種って本当に効果があるのかな?

 

と疑ってしまいますが、

 

勘違いしがちなインフルエンザの

予防接種の効果と

 

予防接種の効果を最大限に高める

予防接種の受け方を

 

叔父が医者である私が、

解説していきたいと思います。

何故、予防接種を受けたのにインフルエンザに感染してしまうのか?

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s

予防接種をしたのにインフルエンザに

感染してしまう理由をお話しする前に、

 

そもそも、何故予防接種を受けると、

そのウイルスに感染しなくなるのか?

 

ということをお話ししたいと思います。

 

私たちは赤ちゃんの時からすでに

ポリオ、3種混合、風疹、BCGなどの

予防接種を受けてきているわけですが、

 

これらは、予防接種によって、

人工的に弱らせたウイルスが体内に

入ると、体内の免疫システムが、

 

そのウイルスを退治します。

 

退治することによって、

体内に抗体ができます。

 

抗体とは、

そのウイルスを死滅させるための

最強の”武器”のようなもので、

 

再び同じウイルスが体内に侵入した時に、

発症や重篤化を防ぐことができます。

 

これがワクチンの効果なのですが、

 

麻疹(はしか)などは、

予防接種を受けるか

 

自然に麻疹に感染することで、

 

抗体が出来てしまえば、

一生かかることはないと言われていますが、

 

ところが、インフルエンザの場合、

子供や高齢者の場合は特に、

 

抗体ができにくいことと、

インフルエンザウイルスは

毎年少しずつ形を変えるため、

 

予防接種を受けたにもかかわらず

インフルエンザに感染してしまうという

 

事例がたくさん発生しております。

勘違いしがちなインフルエンザの予防接種の効果

41882ba9cecb866cc29a2a651f8b86e3_s

上記の通り、インフルエンザは

抗体ができにくいことと

 

インフルエンザウイルスの変化の速度が早いため、

 

他のワクチンの予防接種と異なり、

予防接種してもインフルエンザに感染してしまいます。

 

それでは、インフルエンザの予防接種を

受ける意味はないのか?

 

という疑問が出てくると思います。

 

 

インフルエンザの予防接種には、

”感染”を予防する効果はありません

 

!?

 

と思った方がほとんどかと思いますが、

インフルエンザの”感染”とは、

 

ウイルスが鼻や口の粘膜に付着し、

増殖することです。

 

ところが、通常、

注射によって接種したワクチンでは、

抗体は、”血液中”にできます。

 

しかし、鼻や口の粘膜には、

抗体はできないので、

 

粘膜に付着したインフルエンザウイルスは、

そこで増殖してしまうため、

 

インフルエンザの予防接種には、

”感染”を予防する効果はないのです。

 

では、受ける意味がないじゃないか!

 

と思ってしまいますが、

 

”感染”を防ぐ効果はないけれど、

 

そもそも、厚生労働省が発表している

 

インフルエンザの予防接種の効果は、

インフルエンザの症状を最小限に抑え、

重篤化を防ぐためのものです。

 

なので、予防接種の効果がない

訳では決してないので、

 

勘違いしないようにしてください ^ ^;

 

インフルエンザの予防接種の効果を高める予防接種の受け方

 

最後に、インフルエンザの予防接種の

効果を高める予防接種の受け方ですが、

 

予防接種を受けてから

体内に抗体ができるまでに

約2週間かかります。

 

そのため、予防接種は、

インフルエンザが流行りだす2週間前には

受けておく必要があります。

 

インフルエンザは、

毎年、12月から3月頃がピークになるので、

 

11月中旬に予防接種を

受けることをお勧めします。

 

予防接種を受ける時期について

より詳しいことは

 

↓↓ こちらの記事 ↓↓

インフルエンザの予防接種の時期 2015年はいつからが効果的?

 

で解説していますので、

併せて読むことをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

インフルエンザの予防接種には、

感染予防効果がないって衝撃的でしたよね。

 

しかし、インフルエンザは本当に怖い

ウイルスなので、

 

自分自身がインフルエンザを

重篤化させないためにも、

 

予防接種は積極的に受けましょう。

この記事が役に立つと感じたら、こちらの記事もオススメです。

インフルエンザの予防接種の時期 2015年はいつからが効果的?

薬の疑問を徹底解説!食後、食前など薬薬の疑問を徹底解説!食後、食前など薬を飲むタイミングって重要なの?を飲むタイミングって重要なの?

薬の疑問を徹底解説!病院でもらえる薬って使用期限はあるの?

薬の疑問を徹底解説!症状が治ったら自分で飲むのを止めても大丈夫??

薬の悩みを徹底解説!製薬会社員が教えるできれば避けたい飲み合わせとは??

薬の飲み方徹底解説!子どもが嫌がらずに薬を飲む方法とは??

薬の飲み方を徹底解説!お酒を飲んだ後は薬を飲んでも大丈夫??

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ