禁煙による禁断症状を抑えて禁煙を成功させる秘訣を教えます

01d5afde55c2a5f6383730944526f3d2_s

最近の健康志向が社会に浸透してから、

禁煙を考える喫煙者が増えてきました。

 

最近では、どの銘柄でも

害が少ないタール1mmのタバコが

増えてきましたね。

 

私は、喫煙歴20年で、

ショートピースやハイライト

わかば等の重めのタバコを

 

吸ってきたのですが、

タバコ増税による

 

タバコの値段の高騰や

健康志向による喫茶店やファミレスの

 

喫煙席の数の減少の影響を受けて

3年前に禁煙しました。

 

私の場合、健康の事情で禁煙した

わけではないのですが、

 

多くの方々は、おそらく健康を考慮して

禁煙をされると思います。

 

この記事では、

医師である叔父に協力してもらい、

私の禁煙体験を踏まえて、

 

禁煙による禁断症状を抑えて

 

禁煙を成功させる秘訣を

教えたいと思います。

禁煙による禁断症状の原因とその継続期間

5436e3f0f953a64aae1145fc7fb84e41_s

まず、禁煙を成功させるには、

 

なぜ、禁断症状が現れるのか?

その禁断症状にいつまで耐えればいいのか?

 

を知る必要があります。

 

禁断症状には個人差があるので、

私の体験談と医師である叔父に

協力してもらい、

 

禁煙による禁断症状の原因と継続期間について

書きました。

 

本来、人間の脳では、

精神をコントロールするために、

 

ドーパミンやノルアドレナリン

を分泌して気持ちを落ち着かせたり、

 

ストレスを緩和したり、

といったコントロールをしています。

 

しかし、喫煙者の場合は、

タバコに含まれる化学物質が

 

脳の代わりに

 

ドーパミンやノルアドレナリン

を放出しているため、

 

禁煙によってニコチンなどの

化学物質が摂取されなくなると、

 

自分の脳でドーパミンや

ノルアドレナリンなどの

 

神経物質を分泌できなくなるために、

精神のコントロールがうまくできず、

 

喫煙できない状態を

ストレスと感じてしまいます。

 

禁煙による禁断症状は、

喫煙していた期間に

 

ドーパミンやノルアドレナリンなどの

物質を脳内で分泌できなくなったために、

 

それらを喫煙によって

補おうとして、

 

タバコを吸いたくなってしまう

 

これが禁煙による禁断症状の原因です。

 

また、一時的に、脳内でドーパミンや

ノルアドレナリンなどを

 

分泌できなくなることで、

生活リズムが乱れて、

 

頭痛や眠気などの

症状を起こす人もいます。

 

私の場合、重めのタバコを

好んで吸っていたこともあり、

 

禁煙による禁断症状が

3ヶ月続いたのですが、

 

医師である叔父によると

禁煙による禁断症状の

 

平均的な継続期間は

約1ヶ月で1ヶ月経つと、

 

脳が正常な働きを取り戻して、

ドーパミンやノルアドレナリンなどの

物質を自分で分泌できるようになり、

 

禁断症状に悩まされなくなるそうです。

 

なので、禁煙を成功させる秘訣は、

最初の1ヶ月、

 

絶対にタバコを吸わないと心に決めて、

耐えることです。

 

禁煙を始めると体調が悪くなって、

タバコを吸ってしまっていた方は、

 

体調が悪くなるのは、

タバコがないと生活できないのではなく

 

身体が本来の機能を

取り戻そうとしているから

仕方ないことだ

 

ということを理解して

禁煙を頑張りましょう。

 

禁煙による頭痛やめまい、眠気を乗り越える秘訣

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

禁煙による禁断症状を緩和するための

「ニコチンパッチ」

 

などの製品が販売されていますが、

私は、それらの製品に頼ることは

推奨していません。

 

なぜなら、「ニコチンパッチ」などには、

タバコと同様にニコチンなどの

化学物質が含まれているため、

 

依存の対象がタバコから薬に

変わっただけに過ぎないからです。

 

もちろん、どうしても禁煙を

達成できない場合には、

 

タバコを吸わなかったという達成感を

容易に得ることができるので、

 

選択肢としてはアリです。

 

しかし、禁煙者が目指すべきゴールは、

脳内でドーパミンやノルアドレナリン

 

などの物質を自分で分泌

できるようになることです。

 

なので、この記事では、

薬に頼らずに禁断症状を克服する方法を

紹介します。

禁煙が成功した場合のメリットを考える

e99989e4974fac2eb5b65fed16a9da7d_s

一時的なタバコを吸いたい感情に

流されないように、

 

禁煙が成功した場合の

メリットを考えて禁煙に対する

 

モチベーションを強化しましょう。

 

禁煙に成功した場合のメリットは、

より具体的なほど、

 

今度のモチベーションを保ちやすくなります。

 

例えば、

 

健康面でしたら

 

・禁煙に成功して◯◯歳まで生きる

・美容のために禁煙する

 

という目標もいいですし、

 

趣味にお金を使うために

禁煙してタバコによる出費を

なくしたいのであれば、

 

・禁煙に成功して溜まったお金で

かっこいいバイクや車を買う

 

などの目標も有効です。

 

一番効果的なのは、

 

禁煙に成功しないと

誰かに迷惑をかける

 

というように思うことです。

 

例えば、

 

・子供や家族に受動喫煙をさせないように

禁煙を成し遂げる

 

のような目標設定をすると、

禁煙のモチベーションを

保ちやすくなります。

 

ここで大切なのは、

 

禁煙をしたいから禁煙をする

 

だけだと禁煙に失敗しても、

失うものが何もないので失敗しやすいです。

 

禁煙に成功すれば、

◯◯を得るが、

 

失敗すれば◯◯を失う

という状況に自分自身を追いやる

 

ことが禁煙を達成する一番の秘訣になります。

 

なので、面倒臭がらずに、

目標設定はよく考えて行いましょう。

 

吸いたい気持ちを抑えるために深呼吸やストレッチをこまめに行う

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s

上記のように、

脳でドーパミンやノルアドレナリンの

分泌が正常にできないために、

 

タバコを吸いたいという気分になってしまいます。

 

そんな時は、深呼吸やストレッチを行うことで、

タバコを吸いたい気持ちを忘れることができる

だけでなく、

 

ドーパミンやノルアドレナリンの

分泌を助けます。

 

禁煙による禁断症状を抑える秘訣 ガムを噛む

明治 キシリッシュガムミドルボトルクリスタルミント 94g
明治 キシリッシュガムミドルボトルクリスタルミント 94g

 

禁煙がうまくいかない理由の一つに、

喫煙をしていた頃は、

 

常にタバコを咥えていたので、

口の中に何かが入っていないと

 

落ち着かないから

タバコを吸ってしまうということもあります。

 

よく、禁煙をすると

体重が増える

 

ということを聞くと思いますが、

これは、タバコの代わりに

 

食べ物を食べたからです。

 

多くの喫煙者は

私を含めて、口の中に何かが入ってれば、

 

それがタバコでなくても

ストレスに感じないはずです。

 

タバコを吸う代わりに

ガムを噛むことで、

 

タバコを忘れるだけでなく、

無意識のうちに食べ過ぎて

太ってしまうことを予防できるので、

 

ガムを噛む習慣をつけることをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたも、禁煙を達成するために

禁煙による禁断症状の特性を理解して

 

禁煙を達成した時のメリットを

よく考えて

 

是非、禁煙を成功させて欲しい

と思います。

この記事が役に立つと感じたらこちらの記事もあなたの役に立ちます。

薬の疑問を徹底解説!食後、食前など薬を飲むタイミングって重要なの?

薬の疑問を徹底解説!病院でもらえる薬って使用期限はあるの?

薬の疑問を徹底解説!症状が治ったら自分で飲むのを止めても大丈夫??

薬の悩みを徹底解説!製薬会社員が教えるできれば避けたい飲み合わせとは??

薬の飲み方徹底解説!子どもが嫌がらずに薬を飲む方法とは??

薬の飲み方を徹底解説!お酒を飲んだ後は薬を飲んでも大丈夫??

インフルエンザの予防接種の時期 2015年はいつからが効果的?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ