熱中症になると頭が痛くなるのはなぜ?

最近は気温がぐんぐんあがってきて

 

梅雨入りして、ムシムシしてきてますね。

 

熱中症にもなりそうなほどの暑さにも

 

なってきましたね。

 

この熱中症になった時に起こる

 

症状である頭が痛くなることに

 

ついて調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症とは??

 

暑くなると

 

熱中症に気をつけてくださいと

 

注意があったりしますが、

 

熱中症とはいったいどんなものでしょうか。

 

熱中症とは、

 

高温、多湿の環境の下で大量に汗をかくことで、

 

体の水分や塩分(ナトリウム)のバランスがくずれたり、

 

体温の調節ができなくなることによって起きる

 

さまざまな症状のことです。

 

軽い熱中症は、めまいや立ちくらみなど、

 

比較的症状が軽いことがあるため、

 

自分でも気づかないこともあります。

natsubate_ol

しかしなにも処置しなかったり、

 

遅れてしまうと、意識障害などに

 

進行することもある危険な病気なので、

 

ときには死にいたることもあるので

 

気を付けなければなりません。

 

熱中症は気温が体温を超えるほど

 

高くなるほど起こりやすくです。

 

高温、多湿の環境での長時間の作業も、

 

熱中症を起こすリスクが高くなるのです。

 

熱中症は、真夏だけでなく、

 

急に気温や湿度が高くなる6月下旬から多くなります。

 

日差しが当たない屋内にいれば、

 

熱中症にならないというわけでありません。

 

屋内でも蒸し暑くて風通しが悪いと高温、多湿になって、

 

熱中症が起こりやすい環境になります。

スポンサーリンク

熱中症で頭が痛くなるのはなぜ??

 

熱中症で頭が痛くなる原因は、

 

脱水症状による熱疲労です。

 

人の体は、体温が上昇すると

 

それ察知した脳が体に汗をかかせるようになっており、

 

汗が蒸発したときに発散される熱で

 

体温を下げさせるというシステムになっています。

 

しかし、カンカンと太陽が照りつく

 

日差しの強い日本の夏では体内に熱がこもりやすくて、

 

梅雨明けのムシムシと湿度の高い空気では

 

なかなか汗も蒸発してくれないので、私たちの身体は

 

一生懸命に体温を下げようと汗をたくさんかきます。

 

全身に汗をたくさんかけば当然ですが、

 

体の中の水分はみるみる減っていきます。

 

それが長時間続くと

 

脱水症状を引き起こしてしまいます。

 

さらに脱水症状を起こすと体の血液中の水分が不足して、

 

血流が悪くなり、サラサラな血液からドロドロな血液になります。

 

この現象が熱中症から起きる頭痛の原因です。

 

熱中症で気分が悪くなったり、

 

吐き気やめまいを同時に起こすのも、

 

この血流が悪くなることで、

 

脳に必要な栄養が行き届かないことが理由です。

 

頭痛を治す方法は??

 

熱中症の頭痛の理由は、

 

体温の上昇と体内の水分不足から

 

起こっているので、

 

それらを解決すれば改善されますね。

スポンサーリンク

改善方法としては

①日陰に入り、休憩する。

 

②首筋、足先、脇の下など血液が

 

集中するところを重点的に冷やす。

 

③血液の成分に近く、

 

血液に吸収されやすいスポーツドリンク、

 

経口補水液を摂取するようにする。

 

④汗とともに体から放出される塩分、

 

ミネラルを補給するための梅干しや

 

塩飴を摂取するようにする。

 

⑤こまめに水分補給するようにする。

natsubate_necchusyou_yobou

これからもっと暑くなってくるので

 

水分補給をこまめにすることで

 

熱中症にならないように予防することが大切ですね。

 

くれぐれも無理しないようにすることが大切ですね。

 

その他の記事

今さら聞けない!暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

これからの時期のオシャレに!タトゥーシールの作り方 ~パソコンなしの場合~

うなぎの今年2016年の値段は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ