帯状疱疹はうつる?お風呂は大丈夫?

みなさんは、

 

帯状疱疹になったことありますでしょうか。

 

この時に気になるのが

 

誰かに移してしまうのか?

 

とか家族の中の一人がなったとき、

 

帯状疱疹の人がお風呂に入ったら

 

そこから他の人には移らないのだろうかと

 

思うと思います。

 

今回は帯状疱疹は移るのかと

 

お風呂に入っても大丈夫なのかについて

 

紹介していきたいと思います。

 

帯状疱疹とはそもそも何なのか?どのような症状が出るのか?

 

帯状疱疹とは、

 

水ぼうそうを起こすウイルスと

 

同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスが原因で起こる、

 

痛みをともなう皮膚湿疹なんです。

 

出典:maruho.co.jp

 

はじめて水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、

 

水ぼうそうとして発症します。

 

多くの人が子どもの頃に水ぼうそうにかかって、

 

発症して1週間程度で治ります。

 

ウイルスは、水ぼうそうが治った後も

 

体の神経節(神経の細胞が集まった部分)に潜んでいるんですが

 

健康で免疫力が強い間は活動が抑えられているんです。

 

でも、加齢やストレス、

 

過労、病気などによって

 

ウイルスに対する免疫力が

 

低下したときに再び活動を始めて、

 

神経を伝わって皮膚に到達して

 

帯状疱疹として発症するのです。 

 

スポンサーリンク

 

症状はどのようなものでしょうか。

 

赤い斑点があらわれる数日前から

 

体の一部の違和感やチクチクしたり、

 

またはピリピリした痛みを感じる

 

神経痛を伴うことがあるようです。

 

次に、痛みを感じた場所に

 

ブツブツとした赤い発疹(紅斑) ができます。

 

この症状は 帯状 に広がることが多く、

 

特に胸から背中、腹部などによくみられ、

 

顔や手足にも現れます。

 

同時に軽度の 発熱 と

 

リンパ節の腫れ などがみられることもあります。

 

続いて紅斑上に 水疱 ができて破れ、

 

は皮膚がただれ、かさぶたができます。

 

 

帯状疱疹は移るのか?

 

結論からいうと、

 

「帯状疱疹」が患者から他人に

 

「帯状疱疹」としてうつることはありません。

 

出典:maruho.co.jp

 

理由は、帯状疱疹は、

 

一度水ぼうそうにかかった経験のある人の

 

神経内に潜んだウイルスが

 

再び活動を始めて発症するものだからです。

 

したがって、帯状疱疹の患者さんと

 

接触した人が帯状疱疹に

 

かかることはありません。

 

しかし、帯状疱疹の原因となるウイルスと

 

水疱瘡のウイルスは同じ種類であるので、

 

帯状疱疹の患者が、

 

水疱瘡にかかったことのない乳幼児に接触してしまうと、

 

「水疱瘡」としてうつる場合があります。

 

大人に対しても同じように、

 

相手が水疱瘡にかかったことがなくて

 

抗体を持っていなければ、

 

水疱瘡としてうつる可能性があります。

 

日本の成人は、ほとんどが子供時代に

 

水疱瘡を経験して抗体を持っていますが、

 

中には水疱瘡の経験がない大人もいます。

 

水疱瘡は大人になってからかかると

 

重症化しやすくて、

 

ひどい場合は入院することもあるので

 

注意が必要です。

 

また、妊婦が水疱瘡にかかると、

 

胎児に影響が現れることがあります。

 

スポンサーリンク

 

帯状疱疹はお風呂でうつるのか

 

可能性としては低いですが、

 

他人に感染させる可能性は

 

ゼロではありません。

 

 

水疱瘡の経験のない人と一緒に

 

同じ湯船に入るのは控えて、

 

特に水疱がまだ乾いていない時期は、

 

患者はシャワーのみにしておきましょう。

 

 

帯状疱疹はうつることは

 

ほとんどありませんが、

 

患部に触れたり、

 

患者と同じタオルなどから

 

接触感染することがあるのです。

 

免疫力がまだ低い赤ちゃんや妊婦とは、

 

なるべく接触しないようにしましょう。

 

特に妊婦との接触は注意が必要です。

 

日本の成人女性の95~98%は

 

水疱瘡の抗体を持っているといわれていますが、

 

抗体を持っていない人が

 

全くいないわけではありません。

 

また、相手が水疱瘡の予防接種を受けていたとしても、

 

予防接種の効果は100%ではないのです。

 

妊娠時に水疱瘡にかかると、

 

肺炎を併発するなど

 

重症化しやすいことがわかっているほかに、

 

ごくまれに母体を通して胎児に感染し、

 

先天性水痘症候群を

 

引き起こすこともあるので注意してください。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

妊婦、小さな子供がいる家庭では

 

気を付けなくてはいけない病気ですね。

 

絶対に移らないとは言いきれないので

 

移らないように気を付けることは

 

とても大切です。

 

少し大変かもしれませんが、

 

大切な家族に移らないようにするためにも

 

お風呂や使用するタオルなどに

 

記を配って感染しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

お酒と相性の悪い食べ物

マダニに噛まれたらどうすれば、症状とは?

クラシックで睡眠良好のおすすめ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ