コレステロールが高い原因はなにがあるのか?

コレステロール―健康診断などで、

 

コレステロールの値が高いから気をつけてください、

 

なんていわれたことがある人も少なくないのではないでしょうか?

 

今回は、そんな方にわかりやすく、

 

コレステロールについて、

 

そしてコレステロールが高くなってしまう原因について

 

ご紹介していきたいとおもいます♪

 

難しい話なんじゃ?!と気構えずに、ぜひご覧ください♪

 

●コレステロールってそもそもなあに?

 

そもそも皆さん、コレステロールって何なのか、

 

その正体をご存知でしょうか?

 

コレステロールとは、簡単に説明すると、

 

実はあぶらのこと。

 

スポンサーリンク

 

あぶらなんて、身体に入らないじゃん!

 

と思った方は、ちょっと待って。

 

体内に存在するあぶらのコレステロールは、

 

実はとっても重要な役割を果たしているんですよ。

 

●コレステロールの役割は?

 

では実際に、その役割についてご紹介していきたいとおもいます。

 

まずは、私たちの体の中の細胞の膜を作ってくれています。

 

つまりは細胞の一部とも言えますので、とっても大切なんですね。

 

続いては、ホルモンの一部になってくれています。

 

ホルモンは私たちの健康維持には欠かせないもの。

 

これも又重要な役割を果たしてくれているとわかるかとおもいます。

 

そして最後に、消化液の一部になってくれています。

 

出典:kyouto-u.ac.jp

 

消化液はご存知の通り、脂肪の消化吸収を助けてくれますので、

 

これもまた、なくてはならないものですね。

 

●じゃあコレステロールが高くなりすぎるとどうしていけないのか?

 

重要な役割を果たしているとわかったコレステロール。

 

ではこれが高くなりすぎてしまうと、

 

何がいけないんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

その答えは、コレステロールが高くなりすぎてしまうと、

 

様々な健康被害が発生してしまうからなんです。

 

例えば、動脈硬化。動脈硬化を引き起こしてしまうと、

 

さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

 

動脈硬化は、心臓に大きな負担がかかります。

 

出典:ldl-cholesterol-o-sageru.com

 

そのことで、高血圧や心肥大、

 

心不全などの心疾患につながってしまうんです。

 

とっても恐ろしい病気なんですね。

 

ただ、ここでお伝えしておきたいのは、

 

コレステロール値には善玉コレストロール(HDL)と、

 

悪玉コレストロール(LDL)の2種類があります。

 

問題なのは、悪玉コレステロールの方。

 

健康診断での結果表などでは、LDLの方をチェックしてくださいね。
●コレステロールが高くなる原因を知っておくことが大切

 

上記のような病に倒れないためにも、

 

コレステロールが高くなる原因を

 

しっかり押さえておくことが重要です。

 

原因としては親からの遺伝や病気によるもの等もありますが、

 

未然に防げるものとしては何といっても食生活の改善です。

 

例えば、ご飯ものや甘いものばかりを食べ過ぎてはいませんか?

 

出典:volunteerparks.org

 

これらの炭水化物や糖質の摂り過ぎは、

 

肥満の原因にもなりまずが、

 

悪玉コレステロールを増やす原因ともなってしまいます。

 

野菜なども積極的に摂るようにして、

 

バランスの良い食生活を心がけてくださいね。

 

又、アルコールの取りすぎも注意が必要です。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、

 

この時同時に、中性脂肪を作り出します。

 

この中性脂肪はとっても厄介。

 

中性脂肪の増加は、悪玉コレステロールを増やしてしまうんですね。

 

規則正しい食生活が、何よりの予防方法です。

 

まずはそこから始めてみましょう♪

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

身体にいいのは知ってるが、オリーブオイルはどんな効果

オリーブオイルに美容効果!?飲むオリーブオイルとは?

睡眠のゴールデンタイムとは

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ