ヒットソングの法則があるんです・・・

 

バンッて売れる曲ってありませんか?
例えば、ゴールデンボンバーの女々しくてとか、AKB48のヘビーローテションなど、たくさんの曲がありますよね!?

 

しかし、それはある法則によって人気になるようになっているんです…。

 

スポンサー

 

 

 

まずはいきものがかり

image

http://laughy.jp/1416775342012139432
いきものがかりは日本を代表する3人音楽グループです!

 

いきものがかりは数多くのヒットソングのを生み出してきました!

 

いきものがかりが使っていると言われている法則は

 

サビ頭が ”あ” で始まるんです!

 

例えば、朝ドラの主題歌にもなった「ありがとう」

 

りがとうって伝えたくて あなたを見つめるけど…

また、デビュー作「sakura」

くら ひらひら舞い降りて落ちて…

saと、子音のaが入ってますよね

今でも人気なバラード曲「帰りたくなったよ」

えりたくなったよ 君が待つ街へ…

これもkaと、子音のaが入っています。

その他、うるわしき人や、yellなどほとんどの曲に子音のaがサビ頭にあるんです!

 


続いで、サザンオールスターズについて見てみましょう!

 

 

image

http://ro69.jp/feat/southernallstars_201503

 

 

サザンオールスターズは日本のロックバンドで、若者からお年寄りの人までの幅広い世代から人気を得ています。

 

 

サザンオールスターズが使っていると言われている法則は

 

アフタクトを効果的に使う です!

アフタクトとは、小節の最初からではなく、その前の小節の途中から開始することです。

 

例えば、バラード曲「TSUNAMI」
ウッ 見つめ合うと素直におしゃべりできない…。

 

この、ウッがアフタクトを表しています笑笑

 

アフタクトを入れることによって、歌にインパクトを与えることができます。

このように、ヒットソングの裏側にはたくさんの法則があったんですね✨✨✨
歌詞つくりするときは是非これらの法則を使ってみましょう!きっとあなたも国民的アーティストになれるかも…

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ