意外と迷う!友人の引越し祝いの相場は??

友人が進学や就職で引っ越ししたり、

 

友人や友達が結婚を機に

 

一戸建てやマンションを購入したら

 

引っ越しのお祝いを贈りたいですよね。

 

でも友人への引っ越しのお祝いの

 

相場っていったいいくらなんだろう?

 

と思われたことがある人もいるはず!

 

今回は友人の引っ越し祝いの

 

相場について紹介していきたいと思います。

 

友人の引っ越し祝い祝いの相場はいくらくらい?

 

友人の引っ越し祝いの相場は

 

一般的に5000円から一万円が

 

相場なようです。

 

友人との関係の深さなどで、

 

引っ越し祝いをすればいいと思います。

 

あまり高いお祝いをすると

 

相手に気を使わせてしまうので

 

高価な引っ越し祝いは

 

避けておいたほうが

 

いいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

引っ越し祝い?新築祝い?どちらになるの?

 

友人が結婚して、それを機に

 

家を購入した場合、

 

マンションでも新築を

 

購入した場合は新築祝いになります。

 

中古住宅ならば

 

引っ越し祝いになるそうです。

 

賃貸から賃貸への引っ越しは

 

引っ越し祝いではなく、

 

餞別などと呼び分けることもあるようです。

 

 

引っ越し祝いに喜ばれるものは?

 

友人への引っ越し祝い、何にするか

 

悩みますよね。

 

どれを贈れば喜ばれるのでしょうか。

 

友人に欲しいものを聞ける人は

 

聞いてほしいものを

 

あげるといいですね。

 

友人の引っ越し祝いで人気なのは

 

おしゃれなキッチン用品や

 

置時計や花瓶などの生活必需品なようです。

 

自分では買わない来客用の

 

食器だったりも人気なようです。

 

壁に穴をあける掛け時計や絵などは

 

よくないとされています。

 

観葉植物もいいとされています。

 

植木はそこに根付くようにという意味で

 

いいとされています。

ただ、植物の世話をするのが

 

嫌な人もいるので贈る際は

 

考えて贈るようにしないといけませんね。

 

洗剤やお風呂で使う入浴剤なども

 

人気なようです。

 

洗剤などは毎日使うので

 

たくさんあっても困らないですよね。

 

やはり生活で使えるものが

 

喜ばれるようですね。

 

でも、物入りな時期なので

 

親しい間柄であれば

 

お金や金券でもいいと思います。

 

ただ、贈る人が目上の場合は

 

現金や金券は失礼に当たるとされています。

 

スポンサーリンク

 

反対に引っ越し祝いに好まれないものは??

 

友人への引っ越し祝いで

 

贈ってはいけないものもあります!

 

注意しておいてくださいね。

 

火を連想させるものはいけません。

 

火を連想させる赤い色のものもよくないです。

 

キャンドルやお香などはいけません。

 

ストーブなどの家電もよくありません。

 

熨斗はどうしたらいいの?

 

贈っていいもの、悪いものはわかりましたが、

 

お祝いを贈る際には熨斗をつけますよね。

 

それはどれを選べばいいのでしょうか?

 

引っ越しは何度してもいいお祝いとされているので、

 

結婚式や快気祝いで使われる

 

結び切りではなく、

 

蝶結びの熨斗を用意して

 

お祝いに使うようにしましょう。

引っ越し祝いをいつ渡せばいい?

 

友人の引っ越し祝いはいつ

 

渡すのがいいのでしょうか?

 

引っ越しが完了してから

 

半月以内に贈りましょう。

 

引っ越しの直後は

 

引っ越しの後片付けや

 

引っ越ししたことによる

 

届けなど忙しいので

 

避けるようにしましょう。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

もう少しすれば新生活になる人が

 

多くなるので引っ越し祝いしたいなと

 

思っていた人も多いと思います。

 

新しいところで頑張る友達を

 

思って贈るお祝いは

 

相手を思いやって贈るので

 

本当に喜ばれると思います。

 

金額ではなく、お祝いは

 

気持ちだと思うので

 

贈る相手のことを考えて

 

お祝いを決めてみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事がみなさんのお役にたてれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

ホワイトデー義理渡し方。

バレンタイン友チョコレシピ❤🍫❤😍

社会人向け彼氏の作り方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ