浮気夫を懲らしめる方法

男は浮気をする生き物…

 

そう言われたって納得はできません。

 

浮気をしていたのがわかった瞬間!

 

いらー!っとすると思います。

 

悲しみもあるとは思いますが、

 

それよりも怒りが沸いてくるような。

 

黙ってると思われてたら腹が立ちますね。

 

黙ってみてると思ったら

 

大間違いであることを

 

わからせるためにも

 

一発懲らしめましょう!

 

今回は浮気をした夫を懲らしめる方法について

 

紹介していきたいと思います。

 

懲らしめるには?

 

夫の行動が怪しいな、

 

浮気してるなと思ったら

 

とりあえずちゃんと証拠を

 

残しましょう。

 

 

メールだったり、最近はラインでのやりといりなどを

 

転送するもしくは、スクリーンショットでとって

 

自分に送って、その送ったメールなどは消して起きましょう。

 

証拠がなければやってないと言われてしまうので

 

証拠があれば詰め寄ることが出来て、

 

夫を懲らしめることが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

離婚を考えたりする場合は

 

証拠をしっかりと

 

おさえておくほうがいいみたいです。

 

証拠を掴んで浮気していることが

 

しっかりとわかったとしても

 

感情的に夫に詰め寄ってはいけません。

 

ここは腹が立ちますが、

 

ぐっと堪えて、夫のボロを

 

見逃さないようにしておきましょう。

 

携帯などをいじっているときに

 

誰とメールしてるのー?

 

とか

 

誰とラインしてるのー?携帯見せてー。

 

とか言って遠回しに

 

浮気してるの知ってるのよと

 

気づかせてあげましょう。

 

こんなこと言われたら

 

浮気ばれたかなとビクビクするかも

 

しれませんよね。

 

証拠を掴んだら、

 

その相手に私は浮気していることを知っていると

 

夫の携帯から相手に伝えましょう。

 

奥さんが浮気しているのを

 

知っているのわかったら

 

怖くてもう夫には近付かないと思います。

 

もし浮気しているのを探偵を雇って

 

調査してもらっていて出てきた

 

資料や写真などを実家や会社に

 

送りつけるのも効果的です。

 

自分の夫に手を出すなんて

 

許せないことですよね。

 

世間の目に晒すことで、

 

浮気相手に制裁を加える人も

 

多いようです。

 

他には

 

浮気していることがわかっていて、

 

携帯などもチェックして確認して、

 

夫に聞いたけど曖昧な返事をしたりで

 

はっきりしないから

 

はっきり自分の目で確かめたいと思うなら

 

浮気現場に乗り込むと

 

夫も夫の浮気相手も震え上がること

 

間違いなしです!

 

浮気の証拠を確保できますね。

 

スポンサーリンク

 

浮気現場の特定は車のGPS機能や、

 

携帯のGPS機能を利用しましょう。

 

 

一人で乗り込むのが心細い場合もあると思うので、

 

複数の人でいくのがいいかもしれませんね。

 

そうすることで証人も増えるし、

 

いいですね。

 

あとは

 

金銭的な制裁ですね。

 

 

子供がいる家庭なら

 

子供のことを思って離婚することを

 

避けると思います。

 

そういう場合でも

 

離婚以前に浮気相手に

 

慰謝料を請求するのをオススメします。

 

夫に慰謝料を請求しても

 

夫婦間でお金が移動しただけなので、

 

一円の特にもならないと思って

 

行動してください。

 

今回は離婚は乗り越えられたけど、

 

次はどうなるかわからないんです。

 

夫の戒めとしても効果抜群です!

 

もしも残念ながら離婚することになった場合は

 

その時は改めて夫に慰謝料を

 

請求しましょう。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

夫の浮気は許せるものではなく、

 

心に傷をおって辛い経験になったと思います。

 

離婚しなかったなら、

 

話を蒸し返すのはよくないので

 

やめておきましょう。

 

夫の浮気で自分自身を

 

見直すことにもなるのではないでしょうか。

 

夫が浮気しないように

 

そして、夫が手放したくないと思うように

 

自分自身を磨くことも大切ですね。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

離婚?前兆?妻の疑う行動

離婚の理由がわからない…どうすれば?

自慢できる彼女の職業はこれだ!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ