こたつで寝ると風邪を引く理由について調べてみました。

寒くなると、こたつを出す家庭も多いですよね。

 

kagu_kotatsu

こたつがあると、なかなかこたつから出られなくなってしまって、

 

気持ちよくなってこたつでウトウト・・・

 

なんてこと多いと思うのですが、

 

こたつで寝ると風邪を引くから寝ちゃダメ!!と

 

言われたこともあるはずです。

 

そして、

 

寝てしまって風邪引いた経験があると思います。

 

どうしてこたつで寝ると

 

風邪を引くのでしょうか?

 

気になるので調べてみました。

 

スポンサーリンク

なぜこたつで寝ると風邪を引くのか??原因は??

 

人間には、本来体温を37℃前後に保つように

 

体温調節機能があります。

 

脳の視床下部という部分から指示がいき、

 

体温が高ければ発汗して体温を下げようとして、

 

体温が低ければ震えを起こして体温を上げようとするのです。

 

このことから、

 

こたつで寝ると風邪を引く原因として考えられるのは

 

こたつに入ると下半身はとても温かくなり、

 

上半身は冷たいので、

 

体温にギャップを生じてしまうので

 

そうなると脳が混乱を起こし、

 

体温調節がうまく出来なくて、

 

自律神経が乱れて、免疫力が低下するため。

 

風邪を引きやすくなるのです。

 

pyoko12_toshinose

その他の原因としては、

 

人間は眠りに入ると体温が下げて、身体を休めようとします。

 

ですが、こたつに入っていては体温が下がらず、

 

身体を休めることが出来ないため、

 

免疫力が低下して

 

風邪を引くのです。

 

そして、

 

こたつで寝ることで、

 

体温を下げるために、

 

汗をたくさんかいてしまって

 

脱水症状を起こしやすくなります。

 

スポンサーリンク

汗をたくさんかくことで、

 

身体が冷えて、

 

そして水分が奪われているので、

 

喉や鼻が乾燥して、

 

ウイルスを取り込みやすくなるので

 

風邪を引きやすくなるのです。

 

mask_kafun_woman

風邪を引くだけにとどまればいいですが、

 

脱水症状で便秘や

 

脳梗塞になる危険性もあるのです。

 

なので、こたつで寝ることはよくないのです。

 

もしも、こたつで寝ている家族がいて起きない場合は

 

こたつの電源を切ります。

 

そうすることによって、

 

体温調節機能がまともに働くようになり、

 

寒いと感じて起きるかもしれません。

 

こたつの電源を切っても起きない場合は、

 

上半身に毛布を掛けてあげましょう。

 

次第にこたつが冷えてきても、

 

上半身に毛布が掛かっているので、

 

冷えません。

 

みなさん、どうでしたか??

 

こたつでついつい寝てしまうことが

 

ある方はこの記事を読んで

 

こたつで寝ることで風邪を引きやすいという

 

リスクを知ってもらい、

 

今後のこたつの使い方を

 

少しでも考えてもらえれば

 

幸いです。

 

ついつい気持ちよくなって

 

寝てしまう気持ちはわかるんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

結婚式のグローブマナーについて調べてみました。

唇の乾燥にはリップは効かない?!

京都で見たい紅葉!高台寺の紅葉のライトアップについて調べてみました。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ