風邪の声枯れを治す方法のまとめ

寒いこの時期、風邪引きやすいですよね。

 

風邪を引いて、薬を飲んですぐに

 

治る場合はいいけど、

 

風邪のせいで声が枯れてくること

 

たまにありますよね!

 

そうなると本当に喋りにくいし、

 

周りも何を言ってるのかわからなくて

 

会社や学校で迷惑になるし、

 

風邪を引いて声枯れになってる本人はしんどいし。

 

いいことないですよね。

 

そんな風邪で声が枯れてしまって

 

困らないように

 

この声枯れを治す方法について

 

調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

なぜ風邪で声枯れが起こるのか??

 

さてさて、なぜ風邪で声枯れが

 

起きてしまうのでしょうか?

 

この声枯れの症状が出る原因は

 

喉の奥が風邪による

 

ウィルスや細菌で感染して、

 

声帯の部分が炎症を起こしているからだそうです。

 

主に急性声帯炎、急性咽頭炎と言われるものです。

 

声帯の炎症による

 

声枯れが起きる、声が出にくいなどは

 

風邪からくるものが多いそうです。

 

どれくらいで治る??

 

声帯の炎症による声枯れは

 

だいたい1週間で治るようです。

 

1週間以上経ってもあまり症状が変わらない、

 

余計にひどくなっているなど

 

症状がよくなっていない場合は違う病気かもしれないので、

 

もう一度病院を受診しましょう。

 

声をあまり出さずに

 

安静に過ごすことで早く治るのですが

 

なかなかそういう訳にもいかないですよね。

 

スポンサーリンク

 

声枯れになってしまったらこれで対処!!

 

対処法としては

 

まずは当たり前のことですが、

 

うがいをしましょう。

 

外でもらってきてしまった

 

ウィルスや細菌を

 

うがいで洗い落としましょう。

 

うがい薬でもいいですし、

 

ない場合は紅茶や緑茶で

 

うがいをすると効果があります。

 

塩水でうがいするのもいいですよ!

 

あとはマスクをつけること。

 

起きている間も寝ているときも

 

マスクをして喉にウィルスや細菌が

 

いかないようにしましょう。

 

マスクをすることで、

 

汚ない空気を吸わなくていいので、

 

喉への負担は減ります。

 

そしてマスクは

 

汚ない空気を吸わないようにするだけでなく、

 

喉を乾燥から守ってくれます。

 

喉の保湿をしてくれるんですね。

 

喉を乾燥から防ぐには

 

マスク以外でも

 

加湿器やのど飴を舐めることでもできます。

 

のど飴を舐めることで、

 

唾液の分泌量を増やして

 

乾燥を防いで喉の炎症を

 

抑えれます。

 

食べ物でも改善されることがあります。

 

はちみつは殺菌作用が高いとされているので、

 

スプーン1杯なめるだけでも

 

違うとされています。

 

あとは生姜やかりん、きんかんなども

 

いいとされていますよね。

 

飲みやすいのは紅茶に

 

はちみつと生姜汁をいれたものが

 

飲みやすいです。

 

あとはきんかんを砂糖につけてあるのを

 

お湯に溶かして飲むと飲みやすくて、

 

喉にもいいとされています。

 

最近では生姜湯や

 

きんかんが入った粉末でお湯を入れて

 

飲む飲み物などがあります。

 

みなさん、どうでしたでしょうか?

 

寒くなってくるとついつい引いてしまう風邪ですが、

 

すぐに治るものならいいのですが、

 

声枯れを伴う風邪だととてもしんどいですよね。

 

会社や学校で声が出しづらくて、

 

周りにも迷惑かけたり、

 

自分自身もしんどい思いをしてしまわないように

 

日頃からしっかり当たり前のことですが、

 

うがいをして、マスクをして

 

ウィルスや細菌をもらわないようにして、

 

風邪を引かないようにすることが

 

一番大切ですよね。

 

声を出さないことが

 

声枯れの一番早く治る近道ですが、

 

そうもいかないので、

 

こちらに書いてあることを

 

試してみてもらって

 

少しでも声枯れした際に

 

役立ってもらえると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

ノロウイルスに効く消毒スプレーの市販品はどれだ??

インフルエンザの予防接種で副作用で出る腫れやかゆみを抑える方法

乾燥からおさらば!シルク混おやすみウォーマーって?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ