MacとWindowsの違いを初心者にわかりやすくお伝えします

windows-7-mac-os-x

 

出典:http://applephonepad.blog.fc2.com/blog-category-1.html

 

僕は10年近くWindowsユーザーでしたが、

 

友達のWindows8を使用したときにとても使いづらかったので、

Windows7のサポートが終了したら、

 

Windows8以降のOSにしなければならないことが嫌だったので、

Macデビューしました。

 

おそらく、僕と同じようにWindows8以降のOSが使いづらそうと言う理由で、

Macデビューを検討している方は多いのではないでしょうか?

 

または、スマホはiPhoneを使っていて、同じApple製品である

Macにも興味があるけど、Macは、シェアが少ないから、

 

無難にWindowsにしようかななどと悩んでいる方もいらっしゃると思います。

 

MacとWindowsの違いをあらゆる角度から見て、

Macでできること、Windowsでないとできないこと、

 

それぞれのメリット、デメリットを初心者にわかりやすくお伝えしたいと思います。

Macは薄くて軽い?MacとWindowsの大きさと重量比較

2262866901_ca32bba774_b

やはり、Macといえば、
薄くて軽いというイメージがあります。

 

実際、パソコンを持ち運ぶことが多い方は、

軽さや薄さをMacのメリットの一つと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

では実際、Macはどのくらい軽くて薄いのか

比較してみました。
APPLE MacBook
APPLE MacBook

 

12インチ

高さ:0.35~1.31 cm

幅:28.05 cm

奥行き:19.65 cm

重量:0.92 kg

 

ASUS ノートブック X205TA
ASUS ノートブック X205TA

 

11.6インチ

高さ:1.75 cm

幅:28.6 cm

奥行き:19.3 cm

重量:0.98 kg

 

 

比較する上で、わかりやすくするために、

画面サイズはほぼ同じにして、

 

MacとWindowsそれぞれの一番軽いと思われるモデルで比較いたしました。

 

両者のスペックを比較してみると、

MacBookは12インチでASUSノートブックより大きいですが、

高さと幅はMacBookの方がコンパクトで、重量も軽いです。

 

奥行きはASUSノートブックの方が短いようです。

 

画面サイズを考慮すると、

MacBookの方がコンパクトで軽いという結論になります。

 

僕もよくパソコンを持ち歩くのですが、

今回比較対象として選んだMacBook (12インチ)よりも大きい

MacBook pro (13インチ)を持ち運んでも、

 

あまり重いと感じることはないので、

持ち運ぶ上で、大きな差はないように思えます。

 

ただ、MacBookはASUSノートブックと比べると高いですね。

 

Macはシステム終了(Windowsでいうシャットダウン)しないでスリープ?

10156853353_735d306bfd_h

僕もMacを使い始めた頃は、Windowsを使っていた時の習慣で

毎回システム終了をしていましたが、

 

Macユーザーの友人などから聞くと、

Macは使っていない時、持ち運ぶ時などは、

 

システム終了はせず、スリープ状態にしておくと聞いて

Windowsでは考えられないことだったので、最初は驚きました。

 

それからは、僕もスリープ状態にしていますが、

Macでは、なぜスリープにするのかまとめてみました。

 

Windowsのパソコンでは、

使用しているとメモリが蓄積してきて、

動作が重くなるなどの不具合が出てきます。

 

そのため、使用が終わったら、

シャットダウンをして蓄積されたメモリを解放する必要があります。

 

ところが、MacではOSの設計上、システム終了をしなくても、

スリープ状態になっている間に蓄積されたメモリを消費して、

トラブルを未然に防いでいます。

 

また、パソコンなどの精密機械が最も壊れやすい瞬間は、

電源を入れて起動する時なので、

電源のON/OFFの回数は少ない方がいいと思います。

 

MacはWindowsと比べて、

OSの起動にかかる時間が短い上、

 

使い終えたらスリープにするので、

使いたい時に開けて、使い終えたら閉じればいいだけなので、

簡単ですぐに仕事や遊びを続けることができます。

Macではできないこともある。やっぱりWindowsの方が良い?

bootcampicon500x500

多くのアプリがWindows向けに開発されており、

Mac対応のアプリが数ないから、

 

アプリを使う上で、Macでは色々と面倒であるということが、

よく言われていますが、

 

僕は、画像や音楽の編集でアプリをよく使う方だと思いますが、

僕が、Macを使っていて特に不便に感じたことはありません。

 

Mac用のOfficeも販売されているので、

ExcelやWordも使うことができ、Windowsと変わらず作業できます。

 

しかし、僕は、ゲームをしないのですが、

多くのオンラインゲームは、Windows向けに作られており、

Macには対応していないようです。

 

Mac向けのオンラインゲームも最近は増えていますが、

ゲームが大好きな方にとって、

お気に入りのゲームがMacのOSでは、できない可能性があります。

 

また、以前の記事でも書きましたが、

Macでは、オンラインバンキングが使えません。

 

でも、それらの問題もBootCamp

MacにWindowsをインストールすることで解決できるので、

問題はありませんが、

 

特にこだわりがなければ、

Windowsにしておいた方が無難だと思います。

 

仕事面ではMacよりWindowsの方が便利

035

社会人の方はお客さんや取引先に、

メールやファイルを送る機会が多いかと思います。

 

しかし、ほとんどの会社のパソコンは、

Windowsであるため、Macから送信したメールが

 

文字化けしていて読めないといった不具合を

経験された方も多いと思います。

 

当サイトでも、メールの文字化けの解決方法を紹介しておりますので、

少し設定を変更するだけで、

Mac一台で特に困ることはないのですが、

 

Windowsのパソコンを購入しておけば、

Macの良さを知ることはできませんが、

Macのパソコンにしておけばよかったと思うことはないでしょう。

 

 

ちなみに、Macでファイルを圧縮してWindowsに送信する場合、

Macの標準の圧縮方法では、

Windowsでファイルを開いた時に文字化けしてしまいます。

 

これは受信したWindows側で元に戻すことは難しいので、

Macでファイルを圧縮する段階で対策する必要があります。

 

対策としては、MacZip4Winなどのアプリを使ってZipファイルに

圧縮すれば、文字化けはしなくなります。

 

まとめ

 

Macはアルミの削り出しのボディーで、大変美しいデザインで、

OSの立ち上がりが早く、複数デスクトップなどの便利な機能がありますが、

 

オンラインゲームやオンラインバンキングを使ったり、

仕事のやり取りの都合を考えると、

 

ユーザーの数が多いWindowsの方が、

問題は起きにくく、楽なように思えます。

 

僕はスマホはiPhone6でMacも使っていますが、

昔から使っているWindowsもまだ現役で使っています。

 

Apple製品はインターフェイスに深くこだわっており、

ユニークさと機能性を兼ね備えた素晴らしいものだと思いますが、

僕は、Apple信者なわけではありません。

 

中立的な視点から、

 

Windowsに慣れていてApple製品を使ったことがないのであれば、

そのままWindowsを

 

Windowsを使ってきたけど、

iPhoneなどのApple製品が好きな方であれば、

Macを試してみるといいと思います。

Macについてもっと知りたい方にはこの記事もおすすめです。

Macは使いづらい?便利なトラックパッドのジェスチャーをご紹介!

Mac に BootCamp で Windows10 をインストール

AppleTVでできること!超絶ヤバい便利さにドハマリ確定!

One Response to “MacとWindowsの違いを初心者にわかりやすくお伝えします”

  1. ra より:

    こういう比較で毎回思うのですが条件が違いすぎる。
    ノートならレッツノートという切り札があり、デスクトップならHPや他社BTO、自作があります。
    起動時間もSATA接続のSSDでも速いですし、intel 750も使えます。
    macは好きだけど中立でない比較は気になりますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ