macのwifiが突然繋がらない状態になった時に試したい有効的な対処法

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

私はmacを使い始めて5年ほど経ちますが、

macを使っていてある時、突然、

 

wifiが繋がらなくなることが

たまにあると思います。

 

そんな時に、私がトラブルを解決してきた有効的な

方法をすぐに試せる順に紹介したいと思います。

macでwifiが繋がらない時はmacのルータを再起動する

 

macがwifiに繋がりにくい時には、

macのルータを再起動すると

 

繋がる場合が多いです。

 

ルータの再起動の仕方は、

「システム環境設定」から

20151018154505

「ネットワーク」を開くと、

20151018154618

このような画面が出てきます。

skitch

そこで、「wifiを切にする」をクリックして

再び「wifiを入にする」をクリックすれば、

 

再起動できます。

 

 

macがwifiに繋がらない時はパブリックDNSを利用してみる

 

macがwifiに繋がりにくい場合、

インターネットサービスプロバイダ(ISP)

 

から提供される

 

DNSサーバの問題でmacがwifiに

繋がらない可能性があります。

 

そんな時は、Googleが提供している

パブリックDNSを利用すると

wifiに繋がりやすくなります。

 

「システム環境設定」→「ネットワーク」→「詳細」

から「DNS」タブを選択して

skitch.9

その中の「+」ボタンをクリックして

以下の数字を入力します。

 

「8.8.8.8」

「8.8.4.4」

 

入力後、「OK」を押して設定を完了します。

 

macのwifiが繋がりにくい時はIPv6をリンクローカルのみに設定する

 

IPv6とは(インターネットプロトコルバージョン6)

の事ですが、

 

パソコンなどの電子機器からインターネット

に接続するためには、

 

IPアドレスが必要になります。

 

しかし、IPv6はIPv4と比較すると

あまり普及していないので、

 

IPv6が原因でwifiに

繋がらないことがあります。

 

そんな時は、「システム環境設定」→「ネットワーク」

→「詳細」を開き、

skitch.7

「TCP/IP」タブを開いて

画像の赤枠部分を「リンクローカルのみ」に変更します。

macがwifiが繋がらない時はネット環境を新規作成する

 

まず、「システム環境設定」→「ネットワーク」

→「wifiを切にする」でwifiをOFFにします。

skitch.11

続いて、「ネットワーク環境」のプルダウンから

「ネットワーク環境を編集」を選択して

 

任意の名前をつけます。

skitch.6

最後に「適応」をクリックして

「wifiを入にする」をクリックすれば完了です。

 

ネットワーク環境の新規作成は、

OSのアップデート後に

 

wifiの接続が不安定な時にも有効です。

 

macがwifiに繋がらない時はwifiの周波数帯を5GHzにしてみる

 

wifi(無線LAN)には、

通信に使用する周波数帯は

2.4GHzと5GHzで二種類あります。

 

両者の特徴としては、

 

2.4GHzの周波数帯は遠くまで届き易いが、

「他の電波の影響」を受けやすい特徴があります。

 

一方、5GHzの周波数帯は、

2.4GHzに比べて電波が届く範囲が狭い代わりに、

「他の電波の影響」を受けにくい特徴があります。

 

「他の電波の影響」というのは、

例えば、パソコンあるいは無線LANルーターの

 

近くにある電子レンジや他の通信機器から出る

電波があなたのmacとwifiの通信を妨害している

という意味です。

 

この場合は、同じ周波数帯を使用した機器が少ない

5GHzの周波数帯に切り替えると

wifiの接続が安定することが多いです。

 

5GHzの周波数帯で接続する方法は、

あなたがお使いの無線LANルーターによって

SSID名が異なるのですが、

 

20151016172817

出典:http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=4040

 

例えば、あなたが、

タイプAの無線LANルーターをお使いの場合は、

 

規格のところに”a”を含む(11ac / 11na)

”elecom5g-(数字)”に接続すれば、

 

5GHzで通信することができます。

 

他のタイプの無線LANルータをお使いの場合でも、

同じように規格のところに

 

“a”を含むSSIDに接続すれば、

5GHzで通信できます。

 

macのwifiが繋がらない時にはネットワーク設定を削除する

 

Finderを開いて

shift+command+G を押して

 

/Library/Preferences/SystemConfiguration

skitch.1

をコピペして「SystemConfiguration」

に移動します。

 

そして、その中にある下記ファイルを削除します。

間違えて他のファイルを削除してしまうと

 

macが正常に動作しなくなる可能性があるので、

ファイルの削除は慎重に行いましょう。

 

com.apple.airport.preferences.plist

com.apple.captive.probe.plist

com.apple.network.eapolclient.configuration.plist

com.apple.wifi.message-tracer.plist

NetworkInterfaces.plist

preferences.plist

 

20151018162405

削除が完了したら、

ネット環境を新規作成してください。

 

まとめ

 

macのwifiの接続は改善されましたでしょうか?

多くの場合、紹介させていただいた

上記の方法で解決できると思います。

 

もし、解決できなかった場合は、

Appleのサポートに電話することを

お勧めします。

この記事が役に立ったらこちらの記事もおすすめです。

MacBook air におすすめ!外付けSSDが便利すぎる!

Mac に BootCamp で Windows10 をインストール

iPhone補償比較!docomoとAppleCare正解は?

ねこあつめアップデートiphone版登場!レアねこ攻略法は?

iPhone6s 新色ローズゴールドを男が持つってどうよ!?

iPhoneにおすすめ!無料カーナビアプリで秋の行楽ドライブ

中古で安いMacをかしこく買えば、新品の半額も夢じゃない!?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ