Mac に BootCamp で Windows10 をインストール

Windows10onBootCamp

 

銀行のオンラインバンキングって便利ですよね。

窓口までいかなくても、PCやスマホからログインして
好きなタイミングで入出金はもちろん、明細の確認もできます。

すでに多くの方が利用されていると思いますが、
最近困ったことが、、、

・・・え? Macではオンラインバンキングがつかえない?

最近信用金庫の口座を開設したのですが、
セキュリティの関係で使っているPCを認証する必要があるらしいのです。

(これは、各信用金庫によって、システムや対応状況が
異なると思いますので、詳しくはお問い合わせください。)

 

もちろん認証すること自体はウェルカムなのですが、
問題は Windows の Internet Explorer しか対応してないんです!

今まで利用していた大手銀行や、楽天銀行などは
特にそのような制約がなかったので盲点でした。

 

メインマシンが Mac な私は、え〜!?っとなり、
すぐに信用金庫のカスタマーサポートに電話。

 

いろいろと聞いてみたのですが、
やはり事例としても Windows の Internet Explorer しか無理。。。

 

ただ、そこに唯一の救いの光が!
仮想化ソフトを利用して Mac に Windows をインストールして
利用されているお客様も存在するとのこと。

それそれ!!それがいければ問題なしです!
仮装ソフトか、BootCamp か

Mac で Windows をインストールできる仮想化ソフトといえば、
無料の Virtual Box を始め、VMware Fusion や、Parallels などがあります。

その他、Mac には標準で Windows をインストールできる
BootCampというシステムがあります。

 

BootCamp は、MacOSを起動せずに、
Windows を直接起動します。
パフォーマンスの低下も少なく、
何より標準でサポートされているので快適です。
特に、メモリが少ないマシンや、少し古いマシンをお使いの場合は
BootCamp をおすすめします。
デメリットとしては、MacOS から Windows に切り替える際に
再起動が必要なことです。

逆に Windows から MacOS に切り替える時も再起動が必要となります。

 

今回はひとまずこちらの Bootcamp で試してみようと思います。

 

BootCamp のに必要なもの。

BootCamp を使って Mac に Windows10 を
インストールするのに必要なものはとてもシンプルです。

 

《対応したMac》

画面左上、アップルメニュー(りんごマーク)の、
「この Mac について」で、自分が使用しているMacが
どのモデルに該当するか確認することができます。

 

「Mid 2012」以降のモデルであれば大丈夫なようです。

 

• MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
• MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)
• MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)
• MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)
• MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)
• MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)
• MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)
• MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2013)
• MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)
• MacBook Pro (Retina, Mid 2012)
• MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)
• MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)
• MacBook Air (13-inch, Early 2015)
• MacBook Air (11-inch, Early 2015)
• MacBook Air (13-inch, Early 2014)
• MacBook Air (11-inch, Early 2014)
• MacBook Air (13-inch, Mid 2013)
• MacBook Air (11-inch, Mid 2013)
• MacBook Air (13-inch, Mid 2012)
• MacBook Air (11-inch, Mid 2012)
• MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
• iMac (Retina 5k, 27-inch, Mid 2015)
• iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
• iMac (21.5-inch, Mid 2014)
• iMac (27-inch, Late 2013)
• iMac (21.5-inch, Late 2013)
• iMac (27-inch, Late 2012)
• iMac (21.5-inch, Late 2012)
• Mac mini (Late 2014)
• Mac mini Server (Late 2012)
• Mac mini (Late 2012)
• Mac Pro (Late 2013)

 

 

 

《USBメモリ》

容量5GB以上のもの
インストール完了したら、普通に使えますので
お持ちでない方は今後使うことも考えて
USB3.0で16GB以上のものを買っておけば何かと便利です。

 

 

《Windows10》

ISOイメージ化が必要です。

Windows10 のISOイメージは、
Microsoft公式ページよりダウンロードできます。

(新規インストールの場合は、ライセンスの購入が必要です。)

 

 

 

 

インストールの手順

以下apple公式ページに記載の手順です。

手順通り進めれば問題なくインストールできました。
【1】使いの Mac が Windows 10 をサポートしていることを確認します。

【2】ソフトウェアアップデートをチェックし、OS X、Mac ファームウェア、
および Boot Camp アシスタントが最新であることを確認します。

【3】「ユーティリティ」フォルダ から Boot Camp アシスタントを
開きます (または、Spotlight を使って Boot Camp アシスタントを探します)。

【4】Boot Camp アシスタントを使って、
Windows の新しいコピーをインストールします。

 

インストールし、無事、Windows上の Internet Explorer で
オンラインバンキングの認証が完了。

 

 

 

Windows インストールしたら、もう無敵

 

device_laptop_mini_start_Non-CortanaMarket_1x

普段の作業をMacだけでこなすことは容易になりましたが、
Mac 1台で全てのことを完結させるのには、
Mac に Windowsをインストールすることで、ほぼ全てが補完されます。

 

Windowsを1台買って使い分ければ良いという声も聞こえてきますが
「Mac1台で全てをこなすのだ!」という
私のような変わり者の方は、是非インストールしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ