Macの設定を変更しなくてもスリープさせないようにする無料アプリ

macを使用していて、作業中に、

スリープモードになってしまうことが

あると思います。

 

そうなってしまうと、

作業が捗らないだけでなく、

 

特殊なアプリを実行している途中だと、

その作業を最初からやり直さなければならない

 

ことがあります。

 

しかし、環境設定からスリープにしない設定に

変更してしまうと、

 

消費電力が増えるだけでなく、

ディスプレイの寿命を縮めてしまいます。

それでも、毎回、

スリープの設定を変更するのは、

面倒臭いですよね^^;

 

 

しかし、Caffeineという無料アプリを

使用すれば、毎回スリープ設定を変更しなくても、

 

Caffeineを起動するだけで、

macのスリープモードを回避する

ことができます。

この記事では、Caffeineの使い方を

説明します。

mac スリーブ

http://yoshichiha.com/2013/08/03/macbook-nosleep-with-closing

macのスリープモードを簡単に回避できる無料アプリCaffeineの使い方

 

 

まずは、ここからCaffeineをダウンロードします。

 

Caffeine (クリックするとダウンロード先へ移動します。)

 

Caffeineのインストールが完了したら、

アプリケーションからCaffeineを起動します。

 

上記のような画面が表示されるので、

赤枠部分の任意の項目に

チェックを入れましょう。

mac スリープ

http://ringo-kirara.com/howtouse-caffeine

 

ログイン時に「Caffeine」が自動的に起動

 

・Activate Caffeine at launch

ログインしている間は「Caffeine」が有効

 

・Show this message when starting Caffeine

このメッセージウィンドウを「Caffeine」の起動時に表示

 

Caffeineの有効時間は

Default durationから設定します。

・5 minutes = 5分間

・10 minutes= 10分間

・15 minutes= 15分間

・30 minutes= 30分間

・1 hour= 1時間

・2 hours= 2時間

・5 hours= 5時間

・Indefinitely = 無期限

 

Indefinitelyを選択した場合、

Caffeine起動中はスリープされませんよ^^。

 

その他の記事

macで作業中の画面のスクリーンショットをタイマーを使って撮る

Macの不要なアプリを完全にアンインストールできる簡単な方法

itunesを使ってmacでaacファイル(m4a)等をmp3ファイルに変換する方法

macのwifiが突然繋がらない状態になった時に試したい有効的な対処法

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ