Macは使いづらい?便利なトラックパッドのジェスチャーをご紹介!

overview_display_hero_2x

出典:http://www.apple.com/jp/macbook-pro/

 

僕は元々、Windowsを使っていてMacに乗り換えたのですが、

使えば使うほどMacの魅力にハマっています(笑)

 

「Macはデザインがいいだけで、使いづらい!」

 

ほとんどの方がそう思っていると思います。

僕もそうでした。

 

しかし、それは、Macを使ったことがないから

そして、ほとんどの会社でWindowsが採用されているから、

Windowsになれていて、Macの良さを知らないのだと思います。

 

Macには、ジェスチャーという、

トラックパッド上で行う、便利な機能があります。

 

今回は、トラックパッドにフォーカスして、

Macの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います!

マウス要らず!トラックパッドを使用したMacの便利な機能 スクロール

14101905260_2ad055f375_h

 

 

Windowsのスライドパッドでは、パッドの右端に指を持ってきて
上下する方法でスクロールしますが、

 

面倒臭いので、普通はマウスでスクロールすると思います。

 

しかし、マウスを操作するとき、

キーボードから手を離さなければならないので、

 

仕事であれば、作業効率が落ちますし、

僕の職場では、マウスが置いていないので、

 

スライドパッドで操作しなければなりません。

 

また、外出先でパソコンを使用する際に、

テーブルがあれば、マウスを使用することができますが、

 

ない場合、マウスを使うことができません。

 

そんな状況でもMacでは、iPhoneやiPadのように、

トラックパッドを2本指で上下に撫でるだけで、

 

スクロールできるので、とても便利です。

 

Scrolling_one_fingers

 

出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT204895

 

撫でる速度を速くすれば、

スクロールの速度も容易に調節できます。

 

また、ネットサーフィンをするときに、直前に表示したページに遷移したいときは、

ブラウザの右端の「←」をクリックしますが、

 

トラックパッドを使えば、2本指で右から左に向かってスワイプするだけで、

前回表示したページに遷移することができます。

 

swipe_to_navigate

出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT204895

 

僕は、家でパソコンを使うときには、

マウスも使っていますが、トラックパッドの2本指スクロールが便利すぎて、

 

マウスがあってもあまり使っていません(笑)

 

手元を確認しなくてもできる! Macの左右クリック

 

2262875305_087e06e94c_b

 

Windowsをマウスなしで使っている時に、

左クリックと右クリックを押し間違えてイライラしたことはありませんか?

 

Macには、Windowsのタッチパッドのように2つのボタンは付いていなくて、

大きなパネルが一枚だけ付いています。

 

Windowsで左クリックをする時は、左側にあるボタンを押し、

右クリックをする時は、右側にあるボタンを押すことでできますが、

 

Macでは、下の画像のように1本の指でトラックパッドを押し込むと左クリック、

2本の指でトラックパッドを押し込むと右クリックになります。

 

ちなみに、僕は、初めてMacを使った時、

どうやって右クリックするかわかりませんでした(笑)

 

しかし、今では、結構気に入っています。

iPad感覚で使えるトラックパッドを2本指で操作するだけ! ズーム

 

6458221945_b166681a83_b

 

Windowsで画面をズームするときには、

[Ctrl]キーを押しながら、マウスのホイールを回転させなければならず、

マウスなしでズームは煩わしい操作でした。

 

SafariやChromeでインターネットを使用しているときなどに、

画面を拡大したいと思ったときに、

 

iPadやiPhoneでは、画面をダブルタップするか、

2本の指で画面に触れたまま、指の感覚を広げれば拡大、

指の感覚を縮めれば縮小でしたが、

 

Macでも同様に、トラックパッドを2本の指の感覚を広げたり、縮めたりすれば、

拡大縮小をすることができます。

 

pinch_out_zoom

出典:https://support.apple.com/ja-jp/HT204895

 

本当にパソコンを使っているという感覚よりも、

iPadを使っているという感覚で簡単に使うことができます!

 

Macなら狭い画面でも容易に複数アプリを操れる! 複数デスクトップ!

 

100826ots-o-monitors

 

Wordで資料を作成しているときに、

Chromeなどでサイトを参照するときに、

 

毎回キーボードから手を離してウィンドウを切り替えるのは、

作業効率が落ち、あまり仕事に集中できませんよね。

 

Windowsなら、[Alt] + [Tab]キーを押してウィンドウを切り替えることになると思います。

 

別に[Alt] + [Tab]キーのショートカットキーが不便なわけではありませんが、

Macでは、もっとスマートに各アプリのウィンドウを切り替えることができます。

 

Macには、複数デスクトップという文字通り、

デスクトップを複数持つことができる機能があります。

 

これを使えば、3本指でトラックパッドをスワイプすれば、

各デスクトップを切り替えることができます。

 

それぞれのデスクトップにアプリを割り当てておけば、

そのアプリは、指定されたデスクトップで開くようになり、

 

アプリが混在して、切り替えが面倒臭いといった問題を解消できます!

 

アプリの割り当て方

 

まず、トラックパッドを3本指で上にスワイプして、

Mission Controlを動作させると起動中のアプリとデスクトップの一覧が出てきます。

 

74e30d61e4aac56516518efbd77a9d83

出典:http://bamka.info/mac-multi-desktop

 

そこで、画面上部にポインターを合わせると表示される、

画面右上にある「+」を押すことで、デスクトップを追加することができます。

 

6e16acf9d577d8d0ad56c32147bc482c

出典:http://bamka.info/mac-multi-desktop

 

デスクトップを削除したい場合は、削除したいデスクトップにポインターを合わせ、

「×」ボタンを押すことで、デスクトップを削除することができます。

 

それから、デスクトップを追加してから、割り当てたいアプリのウインドウを

好きなデスクトップにドラッグして移動することで、

そのアプリを任意のデスクトップに割り当てることができます。

 

ちなみに僕は、このMission Controlの画面がかっこいいので大好きです(笑)

 

任意のデスクトップにアプリを割り当てた後は、

先ほど記述したように、3本指でトラックパッドをスワイプするだけで、

各デスクトップを行き来できるようになります。

 

swipe_apps_and_spaces

 

僕の場合は、Chrome, Excel, Skypeを起動しているときは、

 

デスクトップ1

Chrome

 

デスクトップ2

Excel

Word

 

デスクトップ3

Skype

 

のように割り当てています。

 

使用頻度が高いアプリが常に指定されたデスクトップにあるので、

探さなくてもスワイプするだけで、

そのアプリのウィンドウを見れるので、とても便利です!

 

まとめ

 

かなりMacびいきな内容になってしまいましたが、

決してWindowsが使いづらいわけではなく、

僕もまだ、現役でWindowsも使っています。

 

ソフトの機能、特にExcelは、MacよりWindowsの方が、

圧倒的にいいですし、他のMac向けの便利なアプリが最近は増えてきましたが、

まだ、Windowsに比べて少ないのも確かです。

 

しかし、Macも決してデザインの良さや

本体の重要の軽さ以外に魅力がないわけではなく、

 

カスタマイズ次第でとても使いやすい機能的なパソコンであることを

少しでも知っていただければ幸いです。

 

Macに対する偏見やWindowsに慣れているから、

Macなんてどうでもいいという考えではなく、

試してみるとWindowsに劣らない優れたパソコンであることがわかると思います。

 

Macの最大の魅力は、「カスタマイズ性に富んでいて自分だけのMac」を

作ることができるという点だと思います。

 

Macをまだ使ったことがない方も既に使っている方も

Macを使い込んで、「自分だけのMac」を作り上げましょう!

少しでもMacに興味を持ったらこちらの記事もオススメです。

MacBook air におすすめ!外付けSSDが便利すぎる!

MacBook + 外部ディスプレイなら、デスクトップ不要!?

MacBook の選び方!初めても、2台目も後悔しない!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ