水着シーズン到来!谷間の作り方は簡単!

谷間の作り方は簡単

日に日に暑くなってきたと思えばあっという間に季節が変わり、

夏がやってきます。夏といえばさまざまなイベント事や

レジャーなど盛りだくさんあるので今から待ち遠しくてしかたがないですよね。

夏祭りや花火、海やプールなどこの時期にしか楽しめないことがたくさんあります。

でもだからこそ女性ならではの悩みは尽きないものです。

■夏の海やプールでの胸のお悩みとは…

海やプールといえば気になるのがなんといっても水着でしょう。

水着を新調するのもいいですが、

水着を着るなら少しでもスタイルよく着て楽しみたいものです。
せっかく露出するのですからメリハリが大切です。

メリハリとは胸の谷間があって、くびれもあって…。

くびれはあって痩せ型だけど胸が小さくて谷間がない、

胸が垂れてしまってもれない、

水着を着ても自信がもてないという女性は多いのでは。

いつもはTシャツで隠してしまうけどたまにはかわいい水着で

自信をもって夏のレジャーを楽しみたいものですよね。

胸の大きさは友達同士で海やプールにいった時も気になりますし、

ましてや彼氏とはじめての海やプールになると

少しでもすてきな女性にみてもらえたら嬉しいですよね。

胸の谷間で悩んでいる人必見!実はその悩み簡単に解決できます。

胸の谷間をつくる方法さえ、

きちんと理解していれば夏のレジャーを思いっきり楽しめますので、

今からしっかりとマスターしましょう。

■胸の谷間の簡単な作り方

胸の谷間つくるなら不自然でなく、

できるだけキレイな谷間をつくりたいものですよね。

どんなに一生懸命谷間をつくっても明らかに

もってますとわかるような作り方だと、

まわりからみてもばれてしまいますし

逆に恥ずかしいと感じるかもしれません。

自分にあった胸の谷間の作り方を選ぶことがなによりも重要です。

胸のタイプや大きさは人によって違いますので、

今からご紹介する方法を試してみてくださいね。

(1) 水着の選び方
胸の谷間をつくる一番簡単な方法は、

胸の谷間ができる水着を選ぶことでしょう。

パッドが入っていて、

左右の胸が押されるのでボリュームの出る水着や、

首の後ろで結ぶタイプの水着は胸の形が脇などの横に流れていて

谷間をつくりにくい人にもおすすめです。

胸が自然とよせられる分、

違和感なく胸の谷間をつくることができます。

また、水着のサイズ感が大きすぎるとせっかくできた

谷間を隠してしまうので、

少し小さめの水着を選ぶと谷間がつくりやすくなります。

水着で胸の谷間ができないといっている人はこういった

水着選びから失敗している可能性がありますので、

まずは自分の水着を見直してみてくださいね。

(2) ヌーブラ
胸の谷間をつくる方法として有名なのがヌーブラでしょう。

昔のヌーブラはストラップがついているものが多く

水着では使えないものもありましたが、

今のヌーブラはトップレスになっていること、

水にも強い素材でできていることもあり、

水着の下に合わせれば簡単に谷間をつくれます。

肌色のものを選んで少し見えたとしても違和感がないようにしましょう。

またヌーブラを使う時は水着との形があっているのか、

きちんとカバーできているのかを確認してから使うようにしましょう。

(3)テープ
驚く人もいるかもしれませんが、

医療用のものを使えばお肌にも

負担をかけずにとても簡単に谷間をつくることができます。

これはグラビアアイドルの人が使う方法としても知られていて、

胸を手で持ち上げて中央によせたあと、

よせた部分にテープを貼って片方ずつ上に引っ張るように

テープを貼り固定します。

水着の場合は中央によせたテープをつまむことで露出が

多い時期でもキレイに谷間をつくることができます。

とても簡単で、余計なコストもかりませんのでこの方法はおすすめです。

粘着力は強くできていますが長時間使う時はテープが

剥がれてしまう可能性もありますので途中で張り替えると安心です。

(4)オイル・グリッター
胸元に光を集めることでよりセクシーにメリハリボディがつくれる方法として

一時期とても人気がありましたね。

グリッターをぬれば自然と陰影もできるのでたしかに

胸の谷間があるようには見えますが、

オイルは紫外線の吸収率も高いので日焼はしたくない…

そんな人にはおすすめできません。

少し色黒で日焼したい人にはおすすめの方法です。

(5)アイシャドウ
胸の谷間をつくる時にアイシャドウでかいてしまうのも

一つの方法です。

胸の谷間から丸みをつくるように

沿いアイシャドウをいれていきます。

肌の色と合わない色を選んでしまうと不自然になるので

グレーやオレンジなどの強すぎない配色がおすすめです。

アイシャドウを洋服の内側までいれることでより

自然な胸の谷間が簡単につくれます。
これからの水着のシーズンでも使いやすい

簡単に胸の谷間をつくる方法をご紹介しました。

どれも簡単にできるものばかりですので一度試してみて

自分の胸の形ややりやすさなどにあった方法を探してみましょう。

その他の記事

密かに人気沸騰!warang wayanのストローかごバッグ

睡眠の質を上げるためには?

淀川花火大会の穴場2016

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ