これはビビる!車の運転下手は初心者か?その特徴と対処のコツ!

自動車の免許を取得者が

自動二輪免許を、

取得しているとは限らない。

 

一方、バイク乗りは一般的に、

自動車免許と自動二輪免許も

取得しているケースが多い。

 

バイクに乗っているからこそ、

気が付くドライバーのマナーや

 

こんなドライバーは近づくと、

危ない思いをするから

気を付けよう!

 

 

道路トンネル
道路トンネル / Japanexperterna.se

 

という、危ないドライバーの

特徴と対処法!

 

そして運転時に、

ちょっと気を付けるだけで、

 

運転技術が各段に向上する

スペシャルなコツを盛り込みました。

 

 

項目を見ながら、

共感して頂けたら嬉しいです。

 

それでは、よろしくお願い致します。

車の運転下手の特徴と対処のコツ!その1.交通ルールを守らない

 

交通ルールを守らないというのは

初心者に多い項目かと思いきや、

 

若年層、年配者に多いのが特徴です。

 

運転歴が長いとルールを忘れ、

自己中心的な運転になりがち、

 

また、若者も車の性能を、

自分の運転技術と勘違いしている

人が多いものです。

 

私も、燃費走行している時に、

軽自動車に煽られたことがあります。

 

正直、750ccの大型自動二輪に

600cc程度の軽自動車に

煽られても・・・

 

仕方が無いので、

そのまま後方で点になって

もらいましたが、

 

基本的に周囲の車の

走行する状況に合わせて

 

流れに乗った運転が理想だと

思います。

 

≪交通ルールをまもらない例として≫
・一時不停止
・コーナーを確認せず侵入
・右折時前方不確認
・逆走

などがあります。

 

周囲を確認しない、一時不停止や

コーナーへの果敢なアタック、

逆走は、

 

女性の年配ドライバーに多い

傾向があります。

 

周囲の状況を見る余裕、

交通状況や進行方向を

キチンと確認していく事が

重要です。

 

地域の教習所などで行われる、

交通安全講習などに参加すると

良いと思います。

 

PORSCHE 911 Carrera 993_ポルシェ 911 カレラ 993
PORSCHE 911 Carrera 993_ポルシェ 911 カレラ 993 / hans-johnson

 

 

車の運転下手の特徴と対処のコツ!その2.不審な運転

 

明確に交通ルールに

違反しているなら分かりやすいのですが、

 

ルール以外の微妙な判断で

運転している場合は、

 

自分の中で、

不安を抱えながら

或は思い込みで

運転しているケースが多いものです。

 

≪不審な運転をしているケース≫

・走行車線をまたいで運転

・走行車線はみ出し運転

・周囲の流れに乗れない運転

・障害物などない直線道路での突然のブレーキ

・ウインカーを出さずにいきなり車線変更

・強引な幹線道路への飛び出し

・ドアをあけて唾をはく

など。

 

自分がどの車線を走っているか

余り意識せずに運転していたり、

 

車幅の間隔が分かっていない、

周囲のスピードと自分のペース

の感覚差に気が付かない、

 

自己中心的な方もいます。

 

周囲の確認もせず、

いきなり車線変更してみたり、

 

運転技能の中には、

周囲の状況を的確に

判断する事も含まれます。

 

周囲と違っているのが

俺の個性だ!

 

などと勝手な事をせず、

むしろ、運転中は目立たない

存在でいてもらいたいものです。

 

道路環境と周囲の状況を

素早く把握し、

 

その上で、常に的確な判断を

行う必要があります。

 

その為には、

次の瞬間に何が起きる可能性が

あるかを予測する力も必要になります。

車の運転下手の特徴と対処のコツ!その3.ドライバーから見たバイクについて

 

ライダー視線の話ではなくて、

ドライバー視線の話もさせて下さい。

 

ライダーからの一方的な話は

ドライバーとしてはあまり

快いものではないでしょうから。

 

今度は逆の立場からの

ご意見も挙げておきたい

と思います。

 

≪車から見たバイクについて≫

・すり抜けがあぶない

・3人以上乗り

・意味のない小さなヘルメット

・騒音

など。

 

すり抜けについては、

状況によりますが、

 

他は、私もライダーの安全基準が

高くあるべきだと考えます。

 

既に、自動二輪も高回転型ではなく

低回転でトルクが発揮されるものが

出回っています。

 

以前あった、2ストロークエンジンの

バイクは現在、製造していません。

 

国内販売しているバイクの

リミッターは180km/hです。

 

今後も、自動車とバイクは、

乗りやすさと経済性を追及して

いく事になるでしょう。

 

 

車の運転下手の特徴と対処のコツ!その4.バイクに対する心無いドライバーの対応

 

見出しに関する内容は以下の通り。

 

≪バイクに対する心無いドライバーの対応≫

・不要な煽り運転

・強制追い越し

・強引な割り込み

・狭い道(カーブ含む)での対向車線へのはみ出し

・トラックの信号見切り発車

など。

 

心無いドライバーからの

危険行為を受ける背景には、

 

50ccバイク、いわゆる原付の影響が

あると考えられます。

 

バイクと一口に言っても、

下は50ccから、

上は1800ccまで、

それも多種多様なモデルが存在します。

 

50ccから100cc未満のバイクは

自動車と一緒に走っても見劣りする

性能だと思います。

 

ただ、それ以上のバイクは

自動車と同等かそれ以上の

性能になりますので、

 

強引な運転は、

余り意味がありません。

 

当然なのかも知れませんが、

バイクに関する知識が無い

ドライバーは、

 

強引に追い越ししたり、

急に人の前に車線変更して来たり、

ひどい時には後ろから煽ってきたりと、

 

マナーの悪いのがいるのは

事実です。

 

よく、電光掲示板に、

二輪事故多発!

 

と表示されてたりしますが、

私は今までにその様なケースで

二輪事故を一度も見た事がありません。

 

今まで見た事故の殆どが

自動車同士の事故です。

 

一部信号機で、原付と自動車が

ぶつかった?事故をみましたが。

 

この事を見ても、基本的な知識や

交通ルールに関する認識の甘さ、

 

情報量など、どうも何か違うように

思えているのが現状です。

 

 

 

まとめ

 

交通ルールは守ることが

当たり前の事だと思います。

 

その上で、必要な知識なども

得ていく必要があると思います。

 

自動二輪取得には、免許区分も

詳細に分かれており、

 

自動二輪を取得するためには

自動車以外の技能検定を受講する

必要があります。

 

自動二輪免許取得は、

自動車よりも取得する

技能が多いのが一般的です。

 

ですから、

法規運転、状況判断において

正しい判断が求められます。

 

それだけの技能を求められる訳です。

 

自動車を運転する上で、

運転技術の向上を挙げるならば、

 

以下のことを行えば確実に認識も変わり、

運転技術も向上します。

 

≪運転技術向上のための技能取得≫

・前出の地域の安全運転講習を受講する。

・自動二輪免許の取得(出来れば大型自動二輪も取得)する。

・更に技能を高めるには、2種免許を取得する。

 

上記の内容で行えば、

運転技術の習得だけでなく、

 

心構えから変わってくると思います。

 

最終的に、運転技術とは、

 

お互いの運転に気を使わない

譲り合いや、思いやりの

形であると思います。

 

周囲への配慮を行いながら、

目的地までの移動を行うのが、

 

免許取得者の責任です。

 

一緒に走って楽しいと言われる

そんな運転者になって行きましょう!

 

最後までお付き合い頂き

ありがとうございました。

その他の関連記事はこちらから!

電車の移動時間もこれでばっちり!乗り物酔いの対策や予防とは?

大型自動二輪免許取得費用は一発検定が安いというのは本当か?

大型自動二輪免許料金メッチャ安い!最終的によいのはどちらか?

東京ラーメン!超絶人気おすすめランキング食べねばモグリだ5選

千葉ラーメン超絶人気スペシャルランキング!食べなきゃモグリ!

ハロウィンの今年のイベントまとめてみました!愛知県編!

One Response to “これはビビる!車の運転下手は初心者か?その特徴と対処のコツ!”

  1. あー より:

    別にバイクに乗っているからといって誰かの迷惑になりたい訳じゃないからなあ。
    極端な話、すり抜けろといわれたらすり抜けるし、車にあわせろといわれたら合わせるし・・・

    少なくとも、バイクに対しても安全に配慮してくれるドライバーさんは、やっぱりありがたいと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ