新生活で便利!折りたたみ自転車は軽量なものを選べ!

新生活が始まった人は少し慣れてきたころでしょうか?

 

新生活にも慣れて少し生活のリズムが

 

できてきたのではないでしょうか。

 

生活していくなかで、買い物だったり、

 

通勤であったり、通学であったりで

 

便利なのが自転車ですよね。

 

さっと乗って行動できるし、

 

お金もかからなし、車と違ってエコですよね。

 

今回は新生活に便利な軽量の折りたたみの自転車について

 

紹介していきたいと思います。

 

折りたたみ自転車のメリットとデメリットは??

 

メリットから紹介していきましょう。

 

まずは折りたためてコンパクトになるということ。

 

場所をそんなにとらないので、

 

家の中で保管することができて、

 

盗難のリスクを下げること出来るし、

 

雨や湿気などで出来るサビからも守ることができます。

 

スポンサーリンク

 

いろんなところに持ち運びが出来ることもメリットですよね。

 

折りたためるのでコンパクトになって

 

車に積むこともできますよね。

 

手荷物として、バスや電車にも

 

持ち込めるのでいいですよね。

 

通常の自転車と違って、小回りが利くのも

 

メリットですよね。

 

通常の自転車よりもホイールが小さいので

 

ペダリングが軽くて、スピードを出す必要のない街中では

 

走りやすいと思います。

 

デメリットも紹介していきますね。

 

価格が通常のものよりも割高であることです。

 

色んな機能までつくと何十万になったり!

 

あとは走行機能は少し低下しますよね。

 

先ほど述べたようにホイールが小さくて

 

ペダリングが軽くてスピードを出さないところでは

 

いいと言いましたが、やはりホイールが小さいので

 

走行スピードが落ちますよね。

 

普通の自転車にもメリット、デメリットがあるように

 

折りたたみ自転車もメリットばかりではなく、

 

デメリットがあることも知っておいてくださいね。

 

お薦めの軽量な折りたたみ自転車は??

 

メリット、デメリットがわかったところで

 

お薦めの軽量な折りたたみ自転車紹介していきます。

 

ドッペルギャンガー FXシリーズ

20インチホイール、重量12.0kgなんです。

 

軽量がと思います。

 

お値段は3万円くらいです。

 

この値段でこのフレームの自転車であれば

 

十分な性能だそうです。

 

パナソニック ライトウイング

 

 

18インチホイール、重量12.1kg、

 

外装7段変速となっています。

 

先ほどのものよりホイールは小さいですが、

 

重量もほぼ変わらず、変速が付いています!

 

パナソニックの品質なのでフレームの性能や

 

安全には高い信頼がありますよね。

 

DAHON Horize

 

 

20インチホイール、重量12.0kgです。

 

信頼のDAHONブランドで、余計な装飾がなく、

 

拡張性に優れた自転車です。

 

スポンサーリンク

 

ディスクブレーキを搭載できる台座も用意されています。

 

Birdy Classic

 

出典:pacific-cycles-japan.com

 

18インチホイール、重量10.9kgです。

 

折りたたみ自転車と言えば、このBirdyと言っても過言ではない

 

歴史ある名作自転車だそうです。

 

BROMPTON

イギリスの名車であり、先ほどのBirdyと双璧をなす

 

折りたたみ自転車界の巨匠だそうです。

 

16インチホイール、重量11.4kgです。

 

BIKE FRIDAY Pocket Rocket

 

出典:bikefriday.jp

 

走行性能と折りたたみ性能を

 

極限まで高めたコンセプトで、

 

完全オーダーメイドとなっているそうです。

 

20インチホイールで、重量は驚愕の8.9kgから用意されているようです。

 

みなさん、そうでしたでしょうか。

 

気になる折りたたみ自転車はありましたでしょうか。

 

ぜひ、折りたたみ自転車を購入して、

 

生活に役立てて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

日焼け対策に!サンバリア100の帽子を選べ!

めんどくさい!模様替えのコツをつかめば超簡単!!

オリーブオイルで洗顔は良いのか?悪いのか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ