スノースクートとスノーモトの違いについて調べてみました。

みなさんは知っていますでしょうか。

 

スノースクートとスノーモト!!

 

スノーボードやスキーのように

 

雪があるところで使用するものだそうです。

 

今回はこちらの気になる

 

スノースクートとスノーモトについて

 

みなさんに紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スノースクートとスノーモトについて

 

スノースクートもスノーモトも

 

共にスノーバイク、雪上自転車と呼ばれており、

 

自転車のような車体に

 

ボードがついている乗り物です。

 

スノースクートとスノーモトの違いを紹介していくと

 

スノースクートにはサドルがなく、

スノーモトにはサドルがあるということ。

フロンドボード(前の板)が

 

スノースクートは短く

 

スノーモトは長い(リアボードと同じ長さ)のです。

 

リアボード(後ろの板)は

 

スノースクートは長く

 

スノーモトは長いです。

 

スノーモトは

 

フロントボードとリアボードが同じ長さになっています。

 

ボードの幅は

 

スノースクートは広く

 

スノーモトは狭いです。

 

価格はだいたいではありますが

 

スノースクートは79000円から145000円

 

スノーモトは58000円から128000円

 

価格はスノーモトの方が少し安いですね。

 

重量は

 

スノースクートは約8から10㎏

 

スノーモトは約10から12㎏

 

スノーモトの方が少し重量が重いですね。

 

スポンサーリンク

 

どちらがいいの??

 

スノースクートとスノーモトの違いについては

 

紹介しましたが、どっちがいいの?と

 

思われた方も多いと思います。

 

これは好みの問題になりますね。

 

どっちの人口が多いかというと

 

スノースクートの方が多いそうです。

 

スノースクートもスノーモトも

 

どちらもウエアやブーツなど

 

特に決まりはないです。

 

なので、今まで使っていた

 

スキーやスノーボードで使用していた

 

ウエアやブーツ使えば大丈夫です。

 

なければアウトドア用のカッパでも

 

問題ないようです。

 

スノースクートもスノーモトも

 

最近では色々なゲレンデで滑れるように

 

なってきてはいますが、

 

是非スノースクートやスノーモトを

 

しようとしているゲレンデに

 

問い合わせて確認してもらうのが一番です。

 

yukiyama

どちらもウインタースポーツのなかで

 

簡単に楽しめるものだと思われます。

 

曲がって、止まってと楽しむならば、

 

自転車が乗れれば楽しめるものだそうです。

 

みなさん、どうでしたか。

 

知らなかったウインタースポーツだったのではないでしょうか。

 

スキーやスノーボードに飽きてしまっている方には

 

いいのではないでしょうか。

 

スキーやスノーボードをされない方でも

 

自転車に乗ることができれば

 

楽しめるものなので、

 

是非今年の冬にゲレンデで

 

試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

サージカルマスクの使用期限について調べてみました。

郵便局はしてくれる??年賀状の処分方法について調べてみました。

2017年の手帳について調べてみました

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ