郵便局はしてくれる??年賀状の処分方法について調べてみました。

新年に年賀状をもらうのはとても嬉しいことですよね。

 

しかし、毎年毎年もらった年賀状をためておいたら

 

結構場所を取りますよね・・・

 

嬉しいものなんですけどね!

 

年賀状を処分するにも、個人情報があるため、

 

安易に捨てることはできません。

 

なので、今回は年賀状の処分方法について

 

紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

郵便局で処分してくれる??

 

年賀状は郵便局で買うので、

 

処分もしてもらえるのではと思い調べてみると・・・

 

郵便局では処分してもらえないとのこと

 

残念ですが、自分でしないといけないようです。

 

では処分する方法は??

 

郵便局では処分してもらえないので、

 

てっとり早くできるのが、

 

家でシュレッダーをかけて

 

可燃ごみで処分することです。

 

個人情報があるので、ちゃんとシュレッダーをかけましょう。

 

シュレッダーは手動のものなら

 

1000円程度で購入できますし、

電動のものなら3000円程度です。

年賀状を処分する以外にも

 

シュレッダーを使用することは

 

あると思うのであってもいいものではないでしょうか。

 

シュレッダー以外のもので

 

紙を細かく切り刻みはさみもあります。

だだ、たくさん年賀状があると

 

そのはさみで処理していくと

 

かなり時間も労力も使いますね。

 

住所や名前を隠すことのできる

 

ローラースタンプもあります。

こちらもはさみ同様に時間も労力が

 

かかりますね。

 

スポンサーリンク

他に、自分たちで処分する方法だと

 

年賀状をガムテープで

 

ぐるぐる巻きにして捨てるという

 

方法もあります。

 

念には念を入れて、はがきの側面に

 

瞬間接着剤を付けてから

 

ガムテープをぐるぐるに巻きつけて

 

捨てる方法もあります。

 

住所や名前、年賀状なので写真もついていたりするので

 

念には念を入れてするにこしたことはありませんね。

 

神社のどんど焼きで焼いてもらうというのもあります。

 

正月飾りを処分するための行事ですが、

 

神社で焼いてもらうと何となく安心ですよね。

 

目の前で燃えてるのを確認できるので安心ですね。

 

未使用の年賀状ならば、古い年賀状であっても

 

交換してくれます。

 

書き損じであっても手数料はかかりますが、

 

交換してくれます。

 

みなさん、年賀状の処分同じように

 

されていましたでしょうか。

 

今回の記事で年賀状の処分について

 

考える機会になったのではないでしょうか。

 

個人情報がたくさんなので

 

気を付けて処分していきたいですね。

 

少しでも年賀状の処分の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

その他の記事

秋の味覚さんま!アルミホイルを使ってフライパンで焼く方法

ハロウィン のイラストかわいい書き方を教えちゃいます!!!

この秋はポンポンついたベレー帽はいかが???

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ