パートとアルバイトの違いは?メリットとデメリットは?

みなさんは、パートとアルバイトの違いって

 

ご存じですか?

 

パートは主婦のイメージがあって、

 

アルバイトは学生のイメージなのではないでしょうか?

 

今回はパートとアルバイトの違い、

 

メリットとデメリットについて

 

紹介していきたいと思います。

 

パートとアルバイトの違いは何?

 

気になるパートとアルバイトの違いなんですが、

 

法的な違いはないんだそうです。

 

法的な違いはありませんが、

 

会社や店ごとに定義を決めているようで、

 

ある会社は

 

アルバイトは高校生や短大生、

 

大学生など未婚の学生、

 

 

パートは結婚している主婦

 

と決めている会社もあれば、

 

短期で働く人がアルバイト、

 

長期で働く人がパート

 

と決めている店もあるんです。

 

スポンサーリンク

 

企業が独自で定義づけをした上で

 

「アルバイト」と「パート」で

 

業務内容や雇用条件を

 

変えている求人が出てくるんですね。

 

 

会社や店ごとで言い方を変えているだけで

 

法的には変わりがないことがわかりましたね。

 

ですが、学生はアルバイト、

 

主婦はパートというイメージがあると思いますが、

 

この理由はどうしてでしょうか。

 

バイトで働いている人の中には

 

アルバイトは若い人や学生、フリーターが多くて、

 

パートは主婦で長く働いていて、

 

 

責任のある仕事や立場を任されることが多いと

 

感じている人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

これは今現在、

 

上記で説明したように、

 

企業が募集している独自の定義づけの

 

「アルバイト」「パート」の求人には

 

どんなものが多いのか、

 

というところに関係しているんですね。

 

企業の募集時に、

 

アルバイトはフリーターや学生を

 

対象としている求人が多くて、

 

スタッフは一定期間で辞めてしまうことを

 

前提としていることご多いのに対して

 

パートはクリーニング店やスーパーなどの

 

その地域の地元に住んでいて、

 

長期で働く主婦を対象とする求人が多いからのようです。

 

そういう意味でパートで働く主婦の中には

 

10年以上の間継続して勤務している人も

 

存在している人もいるので、

 

多くの正社員よりも

 

業務に精通していて、

 

現場のアルバイト・パートを

 

束ねるリーダー職を任されている人も

 

たくさんいるんです。

 

こういった背景があるので、

 

アルバイトは学生、

 

パートは主婦というイメージが

 

広く定着しているようです。

 

スポンサーリンク

 

パートとアルバイトのメリットデメリットは?

 

上記に紹介したように、

 

パートとアルバイトは法的には

 

違いはなく、

 

会社や店ごとで呼び方を変えているだけなので

 

ほぼ一緒のようなものです。

 

なので、パートだからアルバイトだから

 

別々のメリットデメリットが

 

存在するのではありません。

 

パートとアルバイトの

 

メリットから紹介すると

 

働く日にち、働く時間を

 

自由に選択できるので働きやすいことが

 

あげられますね。

 

そして、

 

仕事の内容を絞り混まなければ

 

たくさんの求人があるので

 

働きやすいこともあげられます。

 

未経験でも働ける求人があるので、

 

経験を積んでスキルアップしていくこともでき、

 

そこから正社員採用の道が

 

見えてくるかもしれませんね。

 

デメリットとしては

 

給料面ではないでしょうか。

 

時給制であったり、日給制であったり、

 

昇給も正社員に比べると不利です。

 

賞与や退職金もなく、

 

長く働くほど不利に感じることがあるかもしれませんね。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

パートとアルバイトの違いはなく、

 

その会社などで呼び方を

 

変えているだけだったんですね。

 

違いがあるように思えていたのですが、

 

これですっきりした人も

 

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

理系 女子 職業 ランキング

高卒初任給ランキング

自慢できる彼女の職業はこれだ!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ