どの方角が縁起がいい?枕の方角とは?

「北枕で寝ると縁起が悪い」

 

と聞いたことがある人が多いと思います。

 

聞いたことはあるけど、

 

そう言われてる理由を

 

ちゃんと知ってる人少ないのではないでしょうか。

 

北枕がよくないとは聞いたことは

 

あるとは思いますが、

 

どの方角がいいとかは

 

聞かないような気がします。

 

今回は枕の方角はどの方向がいいのか

 

調べて紹介したいと思います。

 

北枕がよくないと言われてる理由は?

 

先ほど、北枕はよくないと

 

聞いたことはあるとは

 

思いますが、この理由については

 

ちゃんとした理由はわからない人も

 

いると思うので紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

諸説ありますが、どうやら一般的なのは

 

「お釈迦様が亡くなった時、枕を北に向けていたから」

 

という説があります。

それが転じて葬儀の際など、

 

遺体の頭を北に向けて安置したことから、

 

「北枕は死を連想する」として

 

縁起が悪いと言われるようになったようです。

 

 

それ以外には次のようなものがあるようです。

 

1.昔は身分の高い人だけが北枕で寝ていたので、一般人がマネしてはいけない。

2.昔の家はすきま風が多く、北側の寒い方角に頭を向けて寝てはいけない。

 

という説があるようです。

 

北枕が悪いと言われていた理由は

 

わかったと思いますが、

 

これは日本だけで言われているそうです。

 

お釈迦様の故郷では

 

北枕は縁起がいいとされているようです。

 

そして風水の世界でも

 

北枕は縁起はいいと言われているようです。

 

北枕で寝ると、健康運や金運を

 

よくする効果があるようです。

 

 

なので、別に北枕で寝ていても

 

気にしなくてもいいのではないでしょうか。

 

北枕以外にも東枕、西枕、南枕がある?

なにか意味がある?

 

北枕について調べていくと、

 

東枕、西枕、南枕もありました。

 

枕の向きは方角によって

 

風水の効果があるようです。

 

東枕の効果はというと

 

東は朝日が昇る向きなので、

 

「若さ」や「エネルギー」を表すようです。

 

やる気がおきて、向上心も出るので、

 

頑張ってに仕事に打ち込んだり、

 

いつまでも若くいたい、

 

という人には良い方角だそうです。

 

 

また、東枕で寝ると早起きにも

 

効果があると言われているようです。

 

西枕の効果はというと

 

西枕で寝ると

 

「静けさ」「落ち着き」に

 

効果があると言われています。

 

仕事や家事で疲れている人だったり、

 

ゆっくりと寝て疲れを取りたい人には

 

おすすめの方角だそうです。

 

そして恋愛運と金運を

 

安定させる効果があるそうです。

 

 

ですが、東枕とは

 

反対になるので、

 

やる気が出なくなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

南枕の効果というと

 

北枕とは逆なので

 

健康運と金運はよくないようですが、

 

直感力や知性が冴えて

 

人気を得たり、名声を得るのに

 

効果的だと言われています。

 

ただ感が冴えやすくなるようなので、

 

寝付きが悪くなってしまうので

 

あまりよい方角だと言われているようです。

 

どの方角が一番いいの?

 

どの方角にも色んないい点は

 

あるようですが、

 

寝るということでは

 

北枕か東枕がいいのではないでしょうか。

 

地球は東方向に自転しているため、

 

その方角に頭を向けることで

 

その回転の方向に逆らわないので

 

東枕がいいとも言われていたり。

 

健康を重視するなら

 

北枕でもいいと思います。

 

最終的にはあなたの考えに

 

なってしまいますね。

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

北枕はよくないと言われていましたが、

 

そうでないことがわかりましたよね。

 

色んな方角で色んな意味があるのにも

 

びっくりされませんでしたでしょうか。

 

最終的にはあなたが色んな方角に

 

枕を置いて寝てみて

 

試すのが一番ですね。

 

スポンサーリンク

 

その他の記事

片付けが苦手な人必見!断捨離の方法を紹介します!

洗うのに一苦労!水筒の洗いかた紹介します。

梅雨も怖くない!洗濯物の干しかたのコツは?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ