2017年の手帳について調べてみました

今年も手帳販売のシーズンがやってきました。

 

毎年さまざまな手帳があって、

 

買うときにとても悩みますよね。

 

手帳に日記を書く人、予定だけ、

 

家計簿もつけている人など・・・

 

色んな工夫されている手帳も発売されています。

 

今回は定番のものからおしゃれなものまで

 

紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

流行最先端の手帳

 

コクヨから発売されているジブン手帳

一生使える手帳をコンセプトにしていて、

 

『DIARY/LIFE/IDEA』で3冊を1冊にして使うという

 

今までにない形のライフログ手帳なんです。

 

マークスのEDiT手帳

 

1日1ページ使うようになっている手帳です。

 

B6サイズ、A5サイズ、B7サイズの

 

3種類のサイズ展開しています。

 

糸井重里(発行人)の「ほぼ日刊トイ新聞」から発売され、

 

今や爆発的な人気のほぼ日手帳

1日1ページ365日使う人が自由に使える手帳です。

 

オリジナル、weeks、カズン、Plannner(英語)の

 

4種類から展開されています。

 

歴史のある手帳

 

日本能率協会から出ているNOLTY手帳

豊富なラインナップなので、自分にあった

 

手帳が見つかると思います。

 

求めやすい価格も魅力です。

 

唯一の高級品である「能率手帳ゴールド」は

 

1963年の発売以来、

 

数多くの経営者やビジネスエリートに

 

愛用されてきた歴史ある手帳です。

 

スポンサーリンク

オシャレ手帳

 

MOLESKINE(モレスキン)の手帳

デイリー、ウィークリー、マンスリー、

 

プロフェッショナルダイアリーと

 

基本的なフォーマットを取り揃えています。

 

毎年限定の手帳も発売されるので

 

チェックしてみてはいかがでしょう。

 

デザインフィルから出ているトラベラーズノート

手に取って旅に出たくなるノートがコンセプト。

 

レギュラーサイズ、パスポートサイズの2種類から展開され、

 

月間、週間、ダイアリーから選べます。

 

シンプルに使いたい手帳

 

無印良品手帳

圧倒的なリピーター率と、

 

カスタマイズ自由さやシンプルが売りの無印良品手帳。

 

1回使うと無印良品の手帳がいいと

 

なる人も多いと思います。

 

シンプルなので使いやすいですよね。

 

みなさんは、欲しいと思った手帳はありましたでしょうか。

 

自分が使っているものもあれば、

 

知らなかったものもあったのではないでしょうか。

 

紹介した以外にもたくさんの手帳が

 

あらゆるところで売られています。

 

来年の手帳を買う参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

その他の記事

重ね着して着るおすすめタートルネックコーデ

この秋はポンポンついたベレー帽はいかが???

今期注目タータンチェックスを着た子供のコーデ術

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ