簡単!ポリパンのレシピを紹介します

お家で簡単にパンが焼けたらと

 

思ったことありませんか。

150819162185_TP_V

ホームベーカリーを買えば

 

材料を入れておけばスイッチひとつで

 

簡単に出来上がるのですが・・・

 

ホームベーカリーを買わなくても

 

最近簡単にパンができるんです!

 

簡単で手が汚れないで流行っている

 

ポリパンのレシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずポリパンって何??

 

今流行っていて、テレビでも特集されている

 

ポリパンですが、

 

ちゃんと紹介しますと・・・

 

ポリ袋とフライパンで作るパンのことなんです!!

ポリ袋の中にパンの材料を入れて、シャカシャカ振って

 

簡単にパンの生地が2~3分で出来るのです。

 

手も汚れず、洗物も増えず、簡単であることから

 

とても人気なんです。

 

子供と一緒にやれますし、楽しくできますよね。

 

ポリパンのレシピについて

 

ここからはレシピについて

 

紹介していきたいと思います。

 

まずは材料ですが

 

・強力粉       300g

・水         160g

・砂糖        大さじ2

・塩         ひとつまみ

・ドライイースト   3g

・バター       20g

スポンサーリンク

作り方は

 

①まずはバターを常温で柔らかくしておきます。

室温が低い場合は、電子レンジで約10秒加熱してください。

 

②ポリ袋に材料をすべて入れます。

 

③ポリ袋に十分空気が入った状態で口部分を持って振ります。

初めは粉がぽろぽろしてくるので、さらに振り続けます。

そうすると、1つにまとまってきます。

 

④生地がまとまったら、袋の口から空気を抜いて袋の口をねじります。

 

⑤そのまま放置して約2倍になるまで発酵させます。(1次発酵)

時間は季節によって異なりますが、だいたい常温で3時間です。

 

⑥1次発酵が終わったかを確認します。

1次発酵が終了すると、ふくらんだ気泡がたくさんでています。

フィンガーテストで確認するのもひとつです。

フィンガーテストとは、生地に指を差し込み穴を作って発酵状態を確認する方法で、

指の跡がしばらく残っているようであれば適度な発酵状態と言えます。

 

⑦生地をポリ袋から取り出してガス抜きをして、すきな形にしていきます。

 

⑧フライパンにクッキングシートを引いて生地を並べます。

そのまま蓋をして約50分放置して発酵させます。

さらに膨らみますので、個々で焼きたい場合は間隔を十分空けて並べてください。

 

⑨焼いていきます。

蓋をしたまま強火で10秒、弱火で10分焼きひっくり返してさらに焼きます。

これで完成です。

 

フライパンで焼くので外はカリカリとして香ばしく、

 

中はふわふわもちもちの柔らかさがあります。

 

手も汚れず、簡単に出来るポリパン!

 

お子さんと一緒にやっても楽しいと思います。

 

ぜひ今年の夏休みにお子さんとやってみてください。

スポンサーリンク

その他の記事

濡れつやアイシャドウで流行さきどり

人気のかき氷を食べに行こう

人気プチプラコーデ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ