美味しいジャーマンポテトの作り方について調べてみました

これからじゃがいもが美味しい季節です!

 

じゃがバターもいいですね!

 

シチューに入れても、カレーに入れても

 

何にしたって美味しい!

 

ビールのおつまみにいい、

 

ジャーマンポテトも美味しいですよね!

 

今回はこれから美味しくなるじゃがいもを使った

 

ジャーマンポテトの作り方について

 

紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

じゃがいもの栄養について

 

じゃがいもには

 

ビタミンB群、ビタミンC

 

ミネラルの成分が

 

多く含まれています。

 


ビタミンCはみかんに

 

匹敵すると言われています。

 

意外ですよね!

 

ビタミンCは、本来は

 

火や水に弱いのです。

 

なので、加熱したりすると

 

ビタミンCが摂取できないと

 

思われますが、じゃがいもは

 

デンプンに守らているので、

 

熱に強くて、加熱処理しても

 

多くのビタミンCを摂取できます。

 

そして、じゃがいもには

 

カリウムが多く含まれています。

 

カリウムは血液中の塩分を

 

身体の外に出す作用を持っています。

 

身体の塩分バランスをとることによって、

 

血液もサラサラになって、

 

高血圧や動脈硬化の予防になるんです。

 

スポンサーリンク

じゃがいもは、いい栄養があるけど

 

太りやすいと思われていますが、

 

実はカロリーはご飯の半分なんです。

 

ビタミンCやカリウムなど、

 

ダイエットが期待できる栄養素が

 

たくさんあるのにカロリーは低い。

 

そして、じゃがいもはご飯より

 

満腹感が得られて腹持ちがいいのです。

 

じゃがいもにはいいことが多く、

 

そして美味しいのです。

 

ジャーマンポテトの作り方

 

じゃがいもの良さをわかってもらえたところで、

 

美味しいジャーマンポテトの作り方を

 

紹介していきたいと思います。

 

040e9db22416d7d4fad2c44cff480128

出典:cookpad.com

 

材料

じゃがいも     300g

玉ねぎ       大2分の1

ベーコン      6枚

塩コショウ     少々

コンソメキューブ  2分の1

オリーブオイル   適量

 

作り方

①じゃがいもは洗って、皮のままくし切りで4等分します。

レンジでチンして、竹串が通るくらいにしておきます。

②ベーコンは1.5㎝くらいにして、玉ねぎは5㎜程度に切ります。

③オリーブオイルでベーコンを炒めてこんがりしたら取り出します。

④同じフライパンで玉ねぎを入れて、色が変わるくらいまで炒めます。

⑤玉ねぎ炒めているフライパンにじゃがいもとベーコンを加えます。

そこにコンソメキューブを崩して入れます。

⑥じゃがいもにも焼き色がつけば出来上がりです。

 

どうでしたでしょうか。

 

アレンジでカレー粉を入れたり、

 

ベーコンではなく、

 

ウインナーを入れてみてもいいのではないでしょうか。

 

人が食べるのであれば、ブラックペッパーで

 

味付けして、おつまみにいいですね。

 

ケチャップで味付けすれば、子供が

 

喜ぶおかずになるのではないでしょうか。

 

みなさんもぜひ、美味しい今が旬の

 

じゃがいもを使ってジャーマンポテトを

 

作ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

その他の記事

秋の味覚さんま!アルミホイルを使ってフライパンで焼く方法

バニラアイスを使って美味しいスイートポテトを作ってみました。

ハロウィン紙コップで簡単手作りお菓子入れを作ろう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ