9月9日は救急の日!由来や意味などについて調べました!

みなさん、毎年9月9日は

 

救急の日ってご存知ですか??

 

語呂合わせで、この日が

 

救急の日になったようです。

 

救急の日はいったい何をする日なのかなど

 

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

救急の日とは??

 

先ほど述べたように語呂合わせで

 

9月9日が救急の日になったようです。

 

救急の日の目的は、一般の人から

 

実際に救急業務に携わっている人にまで、

 

救急業務及び救急医療に対して理解と知識を

 

高めるために、昭和57年に定められたようです。

 

9月9日を含む一週間を救急医療週間となっているようです。

 

その救急の日と救急医療週間には

 

さまざまなイベントが行われます。

 

イベントとしては、

 

心臓マッサージや人工呼吸のやり方、

shinpai_shinzou

AEDの使い方など、

shinpai_AED

救急活動や参加体験イベントなどがあります。

 

置いているところと

 

置いていないところがあるかとは思いますが、

 

今では駅や公共の建物な中にAEDが

 

置いてあると思いますが、

 

緊急で使用しないといない時が訪れたとしても

 

中を見たことがない、使ったことがない、

 

使ったところを見たことがなければ困りますよね。

 

そのためにも、イベントに参加をし、

 

使い方を学び、緊急で使用しなければならない時に

 

使えれば、救える命が多くなるのではないでしょうか。

 

積極的に参加していきたいですね。

スポンサーリンク

救急出動が増えている!

 

年々、救急車の出動が増えています。

isogu_kyukyusya

救急車の平均出動は5.5秒に1度だそうです!

 

頻繁に出動していますよね。

 

救急搬送されている約半数の人が、

 

入院を必要としない軽傷だそうです。

 

タクシー代わりに救急車を呼ぶ人もいるとか。

 

そうなると、救急車を必要としている人のところへ

 

行くことができない、

 

到着が遅くなりますね。

 

総務省消防署では、

 

急な病気やけがで迷った時のために、

 

緊急受診ガイドというものがあります。

 

また、救急車を呼ぶ時に困った場合、

 

相談できる窓口があります。

 

医師、看護師、

 

救急隊を経験したことのある職員が

 

24時間年中無休体制で相談にのってくれる

 

救急相談センターがあります。

 

救急車を呼ぶかどうか迷ったら

 

相談してから呼ぶようにしたほうがいいですね。

 

みなさん、この救急の日に

 

行われるイベントに参加して、

 

是非AEDや心臓マッサージの方法等を

 

学び、救える命を助けることのできる知識を

 

つけてみてはいかがでしょうか。

 

自分の大切な人にもしものことが

 

起こらないとは言えない・・・

 

そのためにも、イベントに積極的に

 

参加して、知識を得て、実践できるように

 

してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

その他の記事

山の日の祝日、なぜ8月11日なんだ??を調べてみました。

今年2016年の土用の丑の日はいつ?

残暑お見舞の書き方を紹介!先生に宛てた書き方

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ