スノーボードの発祥の地はどこなのか調べてみました。

yukiyama

これから寒くなってきたら

 

やりたくなるのが

 

ウィンタースポーツ。

 

スキーにスノーボードと

 

されるかたもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

少し昔はスキーをされる方が多かったですが、

 

近年ではスノーボードをされる方のほうが

 

多くなりつつあるのではないでしょうか。

 

今回はスノーボードの発祥の地について

 

調べたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

スノーボードについて

 

スノーボードは

 

サーフィンやスケートボード同様に、

 

横乗り(サイド・ウェイ・スタンス)スポーツです。

 

snowboard_halfpipe

スノーボードは足の置き方で言い方が異なります。

 

左足が前になるレギュラースタンス、

 

右足が前になるグーフィースタンスがあります。

 

利き足の呼称なので、レギュラースタンスの人は

 

右足を前にして滑ってもグーフィー・スタンスとは呼ばれずに、

 

スイッチ・スタンスと呼ばれるそうです。

 

「スノーボード」という名称は、

 

アメリカとカナダを中心とした

 

北米スノーボード協会が発足した時、

 

サーフィンでも、スケートボードでも、スキーでもない

 

まったく新しいスポーツのジャンルとして

 

スノーボードという名称に統一したことが

 

始まりだそうです。

 

スポンサーリンク

 

スノーボードの歴史と発祥地について

 

スノーボードの歴史には諸説ありますが、

 

現在一般的に言われているのは、

 

1960年代にアメリカのミシガン州にて

 

生まれたとされているようです。

 

united-states-of-america

 

ということでスノーボードの発祥地は

 

アメリカといことになります。

 

1970年代前半、

 

スケートボードの車輪の代わりに

 

1枚の滑走体を取り付けて雪面を滑走するものや、

 

サーフィンのようにフィンがついているものもありました。

 

日本国内においては、

 

スノーボードやスノーサーフィンが現れたのは

 

1970年代後半であり、当時は人口も少なくて、

 

その存在さえ知られていませんでした。

 

1970年代後半、ボードはスチールエッジや

 

高分子プラスチックソールなどスキーと同様の構造になり、

 

バインディングや専用ブーツなども急速に改良されました。

 

これに伴い競技への関心も高まって、

 

近年ではウインタースポーツのひとつとして

 

メジャー化しています。

 

みなさん、スノーボードについて

 

よく知られていましたでしょうか。

 

スノーボードの歴史は40年くらいなのでまだ浅いですね。

 

スノーボードはサーフィンをインスパイアしてような感じですね。

 

スノーボードをされる方はこの記事を読んで

 

ゲレンデに行きたくなってもらえたら嬉しいです。

 

今年の冬もスノーボードでウインタースポーツを

 

楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

その他の記事

サージカルマスクの使用期限について調べてみました。

石鹸の人気が再浮上!その理由について調べてみました。

これからのお鍋の時期に!!やってみたい可愛いみぞれ鍋アート。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ