ハイレゾって何?って人にもおすすめ!SONY新型ウォークマン

hires-logo

 

流行ってますよね、ハイレゾ。

 

「ハイレゾって何?おいしいの?」

「よく聞くけど今更聞けないよ〜」

 

そんな方のために、

今日は簡単にご説明したいと思います。

「ハイレゾ」とは?

ハイレゾリューション・オーディオの

略称で、とにかく「高音質」。

 

良い音を聞くには、

良いプレーヤーと良いスピーカー、

またはヘッドホン、イヤホンが

必要だと思っている人も多いはず。

 

間違ってはいないのですが、

最近はCDではなく音楽をダウンロードして

聞いたりもしますよね?

 

そもそも、その音楽のデータ

(AACやMP3)自体が

良いデータでないと

いくら高価な機材をそろえても

良い音で聴けるわけがないんです。

 

 

y_NW-A20_003

 

出典:http://www.sony.jp

 

 

おいしいレストランは、

腕のいいシェフと、こだわりの食材が

あってこそですよね。

 

そこそこの食材でも、

そこそこ美味しいんですが

そこそこ止まり。

感動までには至りません。

 

そんな感じ。伝わりましたかね?笑

 

 

 

 

「ハイレゾ音源」と「CD」の比較。

 

で、ハイレゾ音源というのは、

まさに「こだわりの食材」。

 

普段聞いてるCDは良い音という

認識かと思いますが、

実はCDは「そこそこの食材」。

 

 

ハイレゾ音源はとにかく情報量が多く、

CDには入りきらなかったデータがぎっしり。

 

なんとCDの6.5倍ものデータが詰まっています。

 

しつこくも食材に例えるならば、

旨味成分が6.5倍!!

美味しいに決まってます!!

 

 

CDでは聴こえなかった、

アーティストの息づかいや、空気感など、

音の細かいディティールを

感じることができるのです。

 

ハイレゾ音源を聞いた後に、

ひと昔まえに変換した

圧縮されたMP3音源と聴くと、

ぼやけて聴こえるイメージです。

SONYのハイレゾ。

ss_slideshow_a

そんな「ハイレゾ」に最も力を入れて

商品展開とマーケティングを行っているのが

ダントツでSONY(ソニー)。

 

ウォークマン、ヘッドホン、イヤホン、

アンプ、スピーカー、ハイレゾ音源配信など

あらゆるハイレゾ対応商品を販売しています。

 

 

ハイレゾが良いのはわかったけど、

ハイレゾを聴ける環境を整えるには

数十万円かかるのでは、、、

 

 

なんて心配もされるかもしれませんが、

最も安く、気軽にハイレゾを楽しめるのが

「ウォークマン」と「ヘッドホン」の組み合わせ

最近の XPERIA  をお持ちなら、

ヘッドホンを買い足すだけでもOKです!

 

アンプやスピーカーを揃えるとなると、

ほんと10万オーバー必至ですが、

「ウォークマン」と「ヘッドホン」なら、

5万円程度、ヘッドホンだけなら2万円程度で

気軽に始めることができます。

 

 

ちょうど最近、ソニーから新型の

「ウォークマン」と「ヘッドホン」が発表されたの

今回は「新型ウォークマン」を軽くご紹介しますね。

 

 

 

 

ハイレゾ対応 ウォークマンAシリーズ

Aseries

 

16GB:NW-A25(イヤホンなし)

16GB:NW-A25HN

32GB:NW-A25HN

64GBNW-A27HN

 

ハイレゾ音源となると、容量も大きいので、

大容量モデルをおすすめしますが、

「ハイレゾ音源で持ち歩きたい曲数」と

「予算」のバランスでお悩みください。

 

microSDXCカードに対応した

スロットも搭載しているので

足りなくなったらmicroSDXCカードを

買い足すのもありです。

 

ハイレゾ以外の圧縮されたファイルも

最大192kHz/24bit相当まで

アップスケールする「DSEE HX」機能がありますので

すでに持っている音源も、

今より綺麗に聴くことができます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

「ハイレゾってすごいんだぞ〜!」

って感じでご紹介しましたが、

感じ方には個人差もありますので、

購入前にぜひ一度、家電量販店や

ソニーストアなどで、実際に聴いてみてください。

 

容量の問題や、コスト、ファイル管理の問題など

発展途上なところがあるのも事実。

 

ネット上には企業の営利のためだとか

批判的な意見も見受けられますが、

 

音楽好きな方なら

「今聴きたい大好きな音楽を

今の技術でできる限りの音質で聴きたい」

という願望は誰しもあるのではないでしょうか?

 

その願望を満たして、

1つの趣味としてより深く楽しむ。

 

今後、さらに高音質技術が進み、

あーでもない、こーでもないと言いつつ

高音質技術の進歩を楽しんで生きていくのも

悪くないのではと思います。

こちらの記事もおすすめです!

Apple新製品 iPhone6s iPadPro!2015前編

Apple新製品 iPhone6s iPadPro!2015後編

iPhoneでおサイフケータイが使える!? SONY本気の腕時計

モバイルの決定版!小型、薄型のおすすめ無線マウス ベスト3!

MacBook air におすすめ!外付けSSDが便利すぎる!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ