七夕祭りになぜ竹を飾るのか調べてみました

7月の素敵なイベントである七夕。

IMG_7724

子供たちが喜ぶイベントでも

 

ありますよね。

 

短冊に願い事を書いて

 

竹に飾る。

 

でもこの七夕祭りに

 

どうして竹を飾るのか

 

気になったので

 

今回調べてました。

 

まずは

 

七夕祭りの由来について

 

七夕は

 

<たなばた>、<しちせき>と読んで

 

季節の節目となる

 

五節句の1つです。

織姫と彦星が年に1回デートする日

 

ということが有名だとは思うのですが、

 

七夕の由来や起源には

 

いろいろあって

 

これが起源であると

 

断言できるのは難しいです。

 

どうやら

 

1、もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」

2、織姫と彦星の伝説

3、奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠(きっこうでん)」

 

これらが合わさったようなものが

 

七夕と言われているようです。

 

1つ目の棚機ですが

 

昔の人々が夏に

 

行っていた行事です。

 

選べれた女の人が

 

着物を織って棚にお供えして

 

神様を迎えて、秋の豊作を祈って

 

人々のけがれを払うという

 

意味があったそうです。

 

この時に使われた織り機を

 

「棚機(たなばた)」と言って

 

選ばれた女の人は

 

「棚機女(たなばたつめ)」

 

と呼ばれていたそうです。

 

やがて仏教が伝わると

 

この行事はお盆を

 

迎える準備として

 

7月7日の夜に

 

行われるようになったそうです。

 

2つ目の織姫と彦星の話ですが、

 

この話は中国で生まれました。

orihime_hikoboshi_bg

織姫は琴座のベガと呼ばれる

 

織女星(しょくじょせい)のことで

 

彦星は鷲座のアルタイルと呼ばれる

 

牽牛星(けんぎゅうせい)のことです。

 

織女星は

 

裁縫の仕事をつかさどっており、

 

牽牛星は

 

農業の仕事をつかさどる星と

 

考えられていたようです。

 

この2つの星は

 

天の川を挟んで

 

輝いていることから

 

中国でこの日を

 

織姫と彦星が

 

年に1度めぐり合う日と考えられ、

 

七夕のお話が生まれました。

3つ目の乞巧奠ですが、

 

「きこうでん」や「きっこうでん」と

 

呼ばれる陰暦7月7日に

 

行われる行事です。

 

もともとは中国の行事で、

 

牽牛と織女の

 

2つの星の願いが叶って、

 

この日に会えると

 

いうところから発展し、

 

女子の願い事である

 

手芸や裁縫などの

 

上達をお祈りするお祭りです。

 

日本でも

 

奈良時代以降、

 

おもに宮中での

 

年中行事として

 

行われていたようです。

 

この3つのことが

 

合わさって変化して

 

短冊に願いを書いて

 

笹や竹の葉に飾るという

 

現在の形になったようです。

tanabata_sasa

どうして竹を飾るの??

 

七夕に竹を飾る由来としては、

 

竹や笹は、根が強くて

 

生命力が強いとされていて

 

成長が早くて、

 

殺菌力が強いので、

 

魔よけとして使われていて、

 

竹のなかの空洞には

 

神様が宿っていると

 

考えられていたからと言われています。

 

七夕に飾る短冊の由来は?

 

なぜ短冊に願うごとを書くように

 

なったのでしょうか。

 

由来としては

 

字が上手になるように

 

という風習があったのではないかと

 

考えられます。

tanzaku

それが時代と共に変化して

 

短冊に文字を書くと

 

願い事が叶うとなったのでは

 

ないかと言われています。

 

また、短冊に願い事を

 

書いて竹に飾ると

 

織姫と彦星が巡り会う力で

 

願いが叶うという

 

七夕祭りができたという

 

考えもあるそうです。

どうでしたでしょうか。

 

子供と七夕祭りの短冊を

 

飾る時に話をして

 

もらって楽しい

 

七夕を過ごしてもらえたらと

 

思います。

 

その他の記事

山の日の祝日、なぜ8月11日なんだ??を調べてみました。

初夏の果物さくらんぼを堪能できるさくらんぼ日帰りツアーを紹介します。

日本でもイベントとして知られてきているイースターって何する日?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ