お月見団子の地域別の違いについて調べてみました

日本にはたくさんの伝統的な風習がありますね。

 

代表的なもので、十五夜の月見団子があります。

 

この月見団子、地域によって形が違うらしいのです!

 

どう違うのか気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

お月見に団子をお供えする由来とは?

 

お月見の風習は、

 

元々は中国で行われていた国民的行事で、

 

中国唐の時代の観月宴「中秋節」が

 

元になっていると言われています。

 

日本では平安時代に、

 

歌会を開いたのが始まりとされていて、

 

これが室町時代になり広く知られるようになりました。

 

当時は月を神様として崇めていて、

 

収穫を祝う祭りと一緒にして、

 

イモなどを供えていました。

 

この習慣に習い、

 

これからの収穫を祈るのと、

 

五穀豊穣に感謝して、

 

収穫した米で作った団子を供えたのが始まりとなっています。

 

月見団子を供える風習は、

 

江戸時代にはすでに一般的になっていたようです。

 

pyoko09_jugoya

十五夜では、これからの収穫を祈り

 

十三夜では、その年の収穫に感謝して

 

お米の粉で作った団子を供えたのが

 

月見団子の始まりといわれています。

 

白くて丸い月見団子は

 

月が満ちる姿(満月)を模したもので

 

収穫への祈りや感謝だけでなく

 

ものごとの結実や健康、

 

幸福をも表しています。

 

お月様と同じ様にお月見団子を

 

お供えして、そのお団子を食べることで

 

健康と幸せを

 

得ることが出来ると考えられています。

スポンサーリンク

地域で月見団子の形が違う??

 

地域ではどのように違うのでしょうか。

 

関西は里芋をイメージした

 

少し細長い楕円形に

 

周りにこし餡がついている団子です。

 

関東は関西とは違い、

 

満月のお月様をイメージした

 

丸い白い団子を積み上げるのが

 

主流です。

 

よく見かけるスタンダードなものです。

 

tsukimi_dango

静岡県では、凹みタイプのお団子が

 

お月見で食べられているそうです。

 

別名へそもちと呼ばれており、

 

あんこは別々のおいてあって、

 

このあんこをへこんでいる部分に乗せて

 

食べるそうです。

 

愛知県では、三色団子を伸ばしたような形の

 

月見団子が食べられているそうで、

 

名古屋名物のういろうと同じ材料で作られているそうです。

 

色は、白、ピンク、茶色が基本がそうです。

 

中国から四国エリアでは、

 

串に団子がついている月見団子があります。

 

白いお団子をあんこでくるんでいるタイプのお団子で、

 

それが串にささっているというものがあります。

 

地域によって

 

さまざまな月見団子の違いがありますね。

 

今年のお月見の時は自分の地域とは

 

違った月見団子もあるんだなと思いながら

 

家族で話をしたり、

 

月見団子を作って楽しんでもらえたらと思います。

スポンサーリンク

その他の記事

フリーズドライ食品の魅力

人気のかき氷を食べに行こう

女子会にビアガーデンに行こう!

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ