今年2016年の土用の丑の日はいつ?

うなぎを食べる日といえば

 

土用の丑の日ですね!

今年はいつうなぎを食べれる

 

土用の丑の日になっているのか

 

気になったので調べました。

 

土用丑の日の意味は??

 

この言葉の意味ですが、

 

土用と丑の日で順番に紹介します。

スポンサーリンク

土用とは

 

四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、

 

約18日の期間のことです。

 

一般な土用は

 

立春(2/3or4or5)の前約18日間:1/17~2/3頃
立夏(5/4or5or6)の前約18日間:4/17~5/4頃
立秋(8/6or7or8)の前約18日間:7/20~8/6頃
立冬(11/6or7or8)の前約18日間:10/20~11/6頃

 

土用の丑にあたるのは

 

立秋の18日間の期間です。

 

この土用というのは

 

五行という暦で

 

五行とは、木行・火行・土行・金行・水行を

 

意味します。

 

木行:春
火行:夏
土行:季節の変わり目
金行:秋
水行:冬

 

このように季節の象徴になっています。

 

丑の日とは十二支の丑のことです。

 

この十二支は、『今年の干支』というように、

 

年を数えるときに使われるだけでなく、

 

方角や、月、そして日にちを数えるのにも

 

使われるのです。

 

つまり、約18日間の『土用』の期間のうち、

 

12日周期で割り当てられている

 

十二支が『丑の日』の日が、

 

『土用丑の日』なのです。

 

土用の丑の日にうなぎを食べるのはなぜ??

 

江戸時代、うなぎ屋が

 

うなぎが売れないで困っていることを、

 

平賀源内に相談しました。

nigaoe_hiraga_gennai

この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」

 

という平賀源内の発案がして、

 

これが功を奏して

 

うなぎ屋は大繁盛になったのです。

 

ちなみに、これがヒットした背景に、

 

当時は、

 

「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」

 

という風習があったそうです。

food_unadon

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、

 

次第に「土用丑の日はうなぎの日」

 

という風習が定着したと言われています。

スポンサーリンク

どうして土用の丑の日は夏限定なのか??

 

土用の日は春夏秋冬四季にわたっていますよね。

 

なのに、現在うなぎを食べる習慣があるのは

 

夏の土用の丑の日だけです。

 

当時、平賀源内が起源とされる、

 

うなぎを食べる風習が

 

夏の土用の丑の日だったから、

 

現在も土用の丑の日となれば

 

夏の土用の丑の日となっているようです。

 

今年2016年の土用の丑の日はいつ??

 

土用の丑の日の意味も、

 

土用の丑の日にうなぎを食べる理由も

 

わかっていただけたところで・・・

 

今年の土用の丑の日は

 

7月30日です。

 

あとすこしで土用の丑の日になりますね。

 

美味しいうなぎが

 

食べられる土用の丑の日が

 

待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

その他の記事

健康・美容の味方 「豆苗」の栄養&簡単レシピ

初夏の果物さくらんぼを堪能できるさくらんぼ日帰りツアーを紹介します。

うなぎの今年2016年の値段は?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ