スキーウエアをクリーニングに出す?その時に防水加工をする??

みなさん、スキーウエアを使ったあと

 

クリーニングに出されると思いますが、

 

その際に防水加工もしてもらっていますでしょうか。

 

自宅で洗濯し、自分で防水スプレーをかけて

 

自分ですることもできるのではないでしょうか。

 

今回はそのことについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

そもそもスキーウエアは自分で洗えないの??

 

ほとんどのスキーウエアは

 

自宅の洗濯機で洗えないと思ってもらってもいいと思います。

 

洗濯表示を見てもらうと

 

手洗いマークがついていると思うので

 

手洗いはできます。

 

お風呂の浴槽に洗剤を入れて

 

足踏みをするようにすれば

 

十分洗えます。

 

洗いは洗濯機では出来ませんが

 

すすぎは洗濯機のすすぎ機能を使って

 

洗剤を洗い流しましょう。

 

そして脱水も洗濯機を利用しましょう。

 

脱水する際はウエアが偏ったりしまいか

 

確認しながらしましょう。

 

脱水終わってからしわをのばして

 

陰干しします。

 

その際にウエアに防水スプレーを

 

まんべんなくかけて

 

次のシーズンも気持ちよく使いたいですね。

 

スポンサーリンク

 

撥水機能を落とさず汚れを落とす洗剤がある??

 

先ほど述べたように

 

自宅で洗濯し、防水スプレーをかけて

 

自分で維持する方法を紹介しました。

 

普通に洗濯するよりも、

 

撥水機能は落とさず

 

汚れを落としてくれる洗剤があるそうです。

 

それはスキー愛好家が愛用している

 

ニクワックスというシリーズの洗剤なんです。

 

ニクワックスは海外の洗剤で、

 

洗剤自体が高いので

 

クリーニングに出すのと

 

変わらないくらいの値段になっています。

 

次の年も手洗いにするなら

 

費用は安くなります。

 

洗濯し、脱水後にまんべんなく

 

防水、撥水スプレーをかけると

 

長持ちするのです。

 

ウエアだけでなく

 

スキーやスノーボードで使う手袋も

 

ニクワックスを使用して

 

洗濯すればその持ち物を

 

クリーニングに出さなくても

 

よくなり、費用も安くなりますね。

 

スキーやスノーボードウエアは

 

以外ににおいが気になったりするので

 

洗剤を買って自分で洗えるほうが

 

気持ちよく使えるのではないでしょうか。

 

寒い場所で使ってるものなんですが、

 

動くと意外に汗をかくものですよね。

 

自分でするのが面倒に感じる人は

 

クリーニングに出して

 

防水加工や撥水加工してもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

みなさん、どうでしたでしょうか。

 

スキーウエアは

 

クリーニングに出すものだと思っておられる方が

 

ほとんどではないでしょうか。

 

でも自分で出来て、費用も何着も洗ったり、

 

スキーに関する他のものも自宅で

 

洗うならば費用は抑えられ経済的です。

 

ウエアは安いものではないので、

 

大切に使いたいもの。

 

だから綺麗にして、

 

長く使えるようにしておきたいですね。

 

自宅でもできるものがあるので

 

やってみようと思われた方は

 

是非やってみてください。

 

その他の記事

スノースクートとスノーモトの違いについて調べてみました。

スノーボードの発祥の地はどこなのか調べてみました。

サージカルマスクの使用期限について調べてみました。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ