結婚式のグローブマナーについて調べてみました。

ウエディングドレスを着て、

 

挙式をされた方で、

 

グローブは着けられていましたか?

 

最近では、指輪の交換や食事をする時に

 

外すのがめんどうで着けられない方もいるようです。

 

今回はこのウエディンググローブのマナーについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

どうしてウエディンググローブを着けるのか??

 

ウエディンググローブを着ける意味は

 

花嫁の露出を控える、

 

結婚前の花嫁は無垢でけがれのない存在であると考えられたことから

 

無垢を表すという意味があります。

 

挙式で行われる指輪交換で

 

wedding_ring_koukan

グローブを外す行為には、

 

今からあなたのものになりますという

 

花嫁の誓いの意味が込められています。

 

普段ミサなどが行われている教会で

 

挙式をする際は

 

神様に肌を見せるのは失礼んいあたることから

 

着けないというのは無理ですね。

 

そして、格式のある挙式を希望されている方も

 

グローブは着けていないといけませんね。

 

しかし、ホテルや式場のチャペル、

 

レストランウエディング等であれば

 

グローブを着けないということもできます。

 

スポンサーリンク

ウエディンググローブの形や素材などは??

 

ウエディンググローブには5本指がしっかり隠れるものと

フィンガーレスタイプの2種類があります。

厳粛な結婚式では、露出を控えた丈の長いロングタイプで

 

指ありタイプのグローブが基本ですが、

 

近年では指の部分がなく手の甲から腕にかけて生地がある、

 

フィンガーレスタイプのグローブを着用する方も

 

増えてきているようです。

 

フィンガーレスタイプのグローブは、

 

指輪交換の際にグローブの着脱がうまくできるか心配な方や、

 

ブライダル用のネイルアートを見せたいという方におすすめですね。

 

グローブの素材としては

 

サテン生地、レース、オーガンジーがあります。


ドレスに合わせて、

 

どれが合うかを考えて選びましょう。

 

長さも色々あり、

 

短いのから長いものまであり、

 

短いものはカジュアルな感じに、

 

長いものはフォーマルになります。

 

グローブの長さの選び方は、

 

ドレスの袖の長さや式場の格式で

 

選ぶといいと思います。

 

 

グローブの色は、

 

オフホワイト、アイボリー、ホワイトが

 

使われることが多いです。

 

今回はウエディンググローブについて

 

紹介しましたが、どうでしたでしょうか。

 

形や種類が多く、迷ってしまうほどですね。

 

大切な結婚式で使用するものなので、

 

妥協はできませんよね!

 

今回の記事を見てもらって

 

これから結婚式をしようとしている人、

 

結婚式が近い人の役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

その他の記事

結婚式の女性の服装 パンツスタイル編

アースカラーをファッションに取り入れよう

濡れつやアイシャドウで流行さきどり

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ