離婚の理由がわからない…どうすれば?

現在では日本で1年間に

 

離婚する夫婦は

 

約25万組だそうです。

 

これまで離婚に消極的だといわれていた50代以上の、

 

第2の人生を送るための

 

熟年離婚も増えているのです。

 

もう離婚は珍しいことではなくて、

 

結婚や離婚に対する考え方や価値観も、

 

時代とともに変化していっているので

 

離婚するという考えは

 

絶対にいけないこととは

 

言われないようになってきましたね。

 

言いかえると、離婚はいつ自分の身に

 

ふりかかってもおかしくない問題の

 

ひとつになっていますよね。

 

でも実際に離婚問題に自分が関係してくると、

 

思うように進まない場合がほとんどなんです。

 

精神的な打撃や仕事やお金の問題、子供のこと、

 

将来の不安などでさまざまな問題が出てきて、

 

思うように動けなくなってしまうのですね。

 

今回は離婚をいきなり言われたけれど

 

離婚をつきつけられた理由がわからない場合

 

どうすればいいかについて紹介していきたいと思います。

 

離婚を切り出されたら?

 

「夫からいきなり離婚を要求された」

 

そんなときに,まずしなければならないことはなんでしょうか。

 

 

とにかく感情的にならず、冷静になって、

 

落ち着いて対処することです。

 

そして今までの生活を振り返り、

 

相手に嫌な思いをさせていなかったか、

 

離婚に向けて行動しているような素振りが

 

なかったか思い出してみましょう。

 

そうすることで

 

もしかしたら考え直してくれることも

 

あるのではないかと思われます。

 

次に

【離婚に同意するとき】の場合

 

離婚することに納得すれば、

 

お金や子供についての条件を話し合うことになります。

 

【離婚に同意したくないとき】の場合

 

裁判上の離婚原因がない限り、

 

一方的に離婚させられることはないんです。

 

もし少しでも離婚することを

 

迷っているのだったら、

 

すぐに離婚届にサインしないことが大切です。

 

とにかく話し合いをして

 

改善の余地があるならしましょう。

 

離婚には、相当な覚悟と決断が必要になってきます。

 

実際に離婚にいたるまでの時間や費用などの負担、

 

精神的なストレスは、想像を超えると思っておいてください。

たとえ離婚に同意したとしても、

 

その後の生活がしっかりと考えられてないなら、

 

幸せな生活をしていけませんよね。

 

もしもあなたが専業主婦ならばなおさらだと思います。

 

離婚によって影響を受ける子供の心のことについても、

 

仕事や経済面についても、

 

しっかり考えておかなくてはなりません。

 

絶対に後で後悔することのないように、

 

それで相手に有利な条件で離婚が進んでいかないように、

 

それなりの離婚に関する知識を知っておくことが大切です。

 

インターネットや本でもある程度は調べることができると思いますが、

 

少しでも不安を感じたり、疑問点が出てきたりした場合には、

 

気軽に弁護士に相談するほうがいいと思います。

 

 

プロの力を借りることもとても大切です。

 

そこで離婚への考え方が変わるかもしれませんし。

 

離婚を言われても離婚届を出させない

 

離婚を相手から突きつけられたら、

 

突然のことに,パニックになってしまったり、感情的になってしまいますよね。

 

でも先ほども述べたように、

 

感情的になったりする気持ちはわかりますが、

 

ちゃんと落ち着いて対応しないといけません。

 

離婚に納得して離婚するにしろ、

 

離婚しないにしたって、

 

今後の人生を左右する重要な決断となるので

 

落ち着いて対応しましょう。

 

 

でも、相手が離婚を急いでいたり、

 

何らかの事情がある場合、

 

勝手に離婚届を作成して

 

相手が出してしまわないとも限らないので、

 

そのようなことがないように、落ち着いて話し合いを進めるためにも、

 

まずは「離婚届不受理申出書」を提出することのがいいのではないでしょうか。

離婚届の不受理申出とは?

 

協議離婚は離婚届出により成立します。

 

市区町村長は、戸籍届の受理に際して形式的な審査しかできないため、

 

記入ミスや提出書類に不備がなければ、

 

相手が勝手に届を出したとしても一応受理されてしまうのです。

離婚届が提出されてしまったあとで、

 

離婚の無効を争うこともできますが、

 

大変な手間と労力がかってしまい、

 

簡単に片付く問題ではないのです。

そうならないためにも、

 

まずは「離婚届不受理申出書」を提出しておくことが大切です。

 

これは役所に

 

「離婚届を受けつけないでください」と申し出るためのものなんです。

この届け出をしておくことで、

 

相手が勝手に離婚届を作成して提出しようとしても、

 

役所が受理しないようになっています。

 

離婚の話し合いは、なかなか冷静で出来ないものです。

 

離婚を切り出されたことによってパニックに陥ってしまったり、

 

顔を合わせることすら嫌がられる場合もあります。

 

そんな状態で、いつ勝手に離婚されてしまうかもわからない、

 

不安定な状態でいるよりも、

 

「不受理申出書」を提出しておいて、

 

ちゃんと精神的に落ち着いた状態で

 

話し合いを進めることが望ましいですね。

 どうでしたでしょうか。
離婚をするにしてもしないにしても、
人生を大きく左右することですよね。
感情的にならないように、落ち着いて対応したいものですが、
なかなか無理なのが本当だと思います。
そういうときはプロの力を借りるのも
大切です。
一度好きになった人から離婚を言われることは
辛いことですよね。
でも違う人同士が結婚する時に
生まれた環境や育った環境が違うので
嫌なことも見えてくるのが当然です。
それでもよくて結婚したことを
もう一度思い出して
考えなくてはいけないし、
日々の生活もよく考えて行動して、
相手を思いやる気持ちが大切ですね。
その他の記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ