夏祭りや花火大会で着る浴衣。浴衣の歴史について調べてみました。

夏になると、

 

夏祭りや花火大会で着る浴衣。

 

浴衣を着ている人を見ると

 

夏だなと感じますよね。

 

夏の風物詩ともなっている

 

浴衣の歴史について調べてみました。

スポンサーリンク

浴衣はいつから着られるようになったの??

 

浴衣の起源は、平安時代の「湯帷子(ゆかたびら)」から。

 

「帷子」とは麻の着物のことを指すそうです。

 

当時の貴族は、蒸し風呂という方法(現代のサウナのようなもの)で

 

入浴していたのですが、そのときに、水蒸気でやけどしないため、

 

汗をとるため、また、複数の人がいるので、

 

自分の裸を隠すために、「湯帷子」を着用していたのです。

 

安土桃山時代になると、

 

風通しがよく、汗をよく吸うという浴衣の特性を生かして、

 

湯上がりに着るようになっていきました。

 

このことから、浴衣は手ぬぐいならぬ

 

「身ぬぐい」と呼ばれることもあったそうです。

 

浴衣が庶民の間で広がるようになったのは、

 

町民文化が発達した江戸時代から。

 

特に、江戸時代後期、銭湯が広がって、

 

庶民もお風呂に手軽に入るようになったことから、

 

湯上がり着として、浴衣も庶民へと広がっていきました。

スポンサーリンク

そして、次第に、湯上がり着から、

 

ちょっとした外出着へと変化して、

 

さらには、盆踊りや花見へ、

 

揃いの浴衣を着て出かける文化が流行するようになります。

 

これが、お祭りなどで着る、現代の着方へとつながっているのです。

 

江戸時代の浴衣の人気は、本藍染めという技法が生まれ、

 

細かい文様を染めることが

 

できるようになることも関係しているようです。

 

この本藍染めという技法が生まれたことによって、

 

浴衣に優雅で美しい柄ものが生まれ、

 

多くの人が楽しんで着るようになりました。

 

明治時代には、

 

浴衣が夏の普段着としての地位を確立していきます。

 

これは、明治時代に、それまでの本藍の手染めにかわって、

 

「注染」という大量生産が可能な染色方法が

 

発明されたことが一つの要因として考えられます。

 

江戸時代後期から明治時代に、浴衣は一番着られていたそうです。

 

浴衣の柄には意味がある!

 

浴衣の始まりについては

 

わかっていただけたのではないでしょうか。

 

浴衣にはさまざまな柄があるのですが、

 

それにはちゃんと意味があるのです。

 

撫子は笑顔、優美という意味があります。

 

菖蒲は必勝、礼儀正しい、魔よけの意味があります。

 

桜は始まり、豊かさよいう意味があります。

 

椿は発展、長寿、美しさという意味があります。

 

梅は忍耐力、繁栄という意味があります。

 

朝顔は愛情という意味があります。

 

色んな意味があるのですね。

 

今年もし浴衣を買われることがあり、

 

柄に悩まれるようなことがあれば、

 

この意味を参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

 

その他の記事

今さら聞けない!暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

これからの時期のオシャレに!タトゥーシールの作り方 ~パソコンなしの場合~

洗顔後の化粧水の必要性について調べてみました!

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ