中華料理で出てくるザーサイ。あれって何からできてる?

中華料理で出てくるザーサイ。

 

何気なく食べているけど・・・

スポンサーリンク

 

いったい何からできているの?とふと思った。

 

なので調べてみました。

 

ザーサイって何からできている?

 

ザーサイは搾菜(漢字で書くと)というアブラナ科の植物で、

 

ザーサイに使われる部分は茎の部分だそうです。

 

ザーサイは茎がとても大きくなる野菜です。

 

茎の部分を塩漬けにして、

 

適当な大きさに切ったものに

 

色んな調味料で味付けして食べられています。

 

ザーサイの栄養素

 

ザーサイに栄養素あるのかな?と思ったんですけど

 

ありました!

 

○カリウム

 

ザーサイにはカリウムも多く含まれていています。

 

カリウムは、体重1kgあたり2gが体内にあり、

 

ナトリウムと助け合って、細胞内外液の浸透圧を調節してくれています。

 

細胞内外の水分調整の働きのおかげで、むくみを解消したり、

 

ナトリウムの排泄を促進して血圧を下げてくれる効果もあります。

 

ただ、ザーサイは塩分も多く含まれているので、血圧対策としてなら食べ過ぎには注意ですね。

 

○鉄

 

鉄分量は主な漬物類のトップです。

yun_12080

鉄分は必須ミネラルと言われいて、とても重要な栄養素です。

 

鉄分の約7割が血液中のヘモグロビンの構成成分です。

 

ヘモグロビンは酸素を運ぶために大切な役割を果たすので、

 

欠乏すると貧血や免疫力の低下、イライラの原因にもなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

○カルシウム

 

カルシウムは体内で最も多いミネラル分で、

 

その99%は骨や歯の成分として使われています。

 

その他は血液中や筋肉に存在し、筋肉の収縮、高血圧の予防などの働きをしています。

 

○ビタミンK

 

ビタミン類の中では、ビタミンKが多く含まれています。

 

ビタミンKは出血時に血を止めるための血液凝固にかかわっており、

 

止血ビタミンともいわれています。

 

ザーサイでの美容効果

 

○便秘解消

 

ザーサイには、不溶性食物繊維が含まれていて

 

これが腸の中で吸収して嵩を増して、

 

腸の壁を刺激して、便意促すのです。

 

このことによって、便秘解消が期待できます。

 

○むくみ解消

AI_IMG_7769_TP_V

ザーサイには、カリウムが含まれていることはもうお話しましたね。

 

このカリウムには、むくみ解消効果があります。

 

塩辛いものを食べた時、喉が渇くことがありますが、

 

これは塩分過多の状態を、水分をとって薄めようという働きです。

 

この結果、むくみが生じるんですが、

 

カリウムには取り過ぎた塩分、ナトリウムを水分と共に

 

汗や尿で外に出す働きがあります。

 

この働きでむくみが解消されます。

スポンサーリンク

何気なく食べていたザーサイ。

 

植物の茎だけど、栄養素もあって、美容効果もある。

 

意外でしたよね。

 

意外なものからできている食べ物って

 

きっとたくさんあるんでしょうね。

 

これをきっかけにいろんな食べ物に興味を持ちながら

 

食べてもらえたらと思います。

 

その他の記事

お茶の種類で効果が違う!

美容と健康と朝ご飯の関係♪朝食を食べたくなる驚きの効果とは?

酒飲み必見!種類で違う健康への影響 『酒は百薬の長』の真実!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ